読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

「私には自分がない」という方へ。

自分そだて。

「私には自分というものがないようです。 

 

他人の意見が気になり、いったい自分が何をしたいのか?

 

本当は何が欲しいのか?誰が好きなのか? 

 

わからないのです。」

 

 

こういうお便りがとても多いです。

 

自分がないひと、なんていません。

 

でも、「自分を隠しているひと」はたくさんいます。

 

本当はそうじゃないのに、違うものに成り切って生きています。

 

だから、周りのひとも「成り切ってる何か」を「そのひとだ」と思っています。

 

 

 

そうやって、自分を隠していることが自然になり

 

覆って覆って、奥へ押し込めている自分はどうなっているか?というと

 

生きてる限り、それは「自分だって発揮したい」「私の想いも聞いてよ」と

 

ありとあらゆるサインを出しています。

 

それは例えば、いろんな身体の症状だったり、

 

心の状態に出てみて元気がなくなってみたり、

 

あるいは、「人の意見が気になるからその通りにしても満足ができない」とか

 

「常に将来が不安だ」とか、

 

すべてが「奥へ押し込めている自分」からの叫びでしょう。

 

ちゃんと、メッセージを必死に送ってくれています。

 

 

 

それに気がつかないでいるから、まったくの赤の他人に

 

「私は自分のことが分からないので、何かよいアドバイスをください」と

 

いきなり、話したこともない人の意見を

 

聞いてみたくなったり、占いだとか、スピリチュアルだとか

 

頼りにしてみたくもなるのでしょう。

 

 

 

本当は、奥から声が、メッセージがちゃんと聞こえているし

 

そのひずみは、自分の身の回りで現象として起こっているのにね。

 

 

 

だけど、「自分がない」という人は、そもそも

 

「あるのにないことにしている自分」のことが嫌いです。

 

気に入らないから、隠しているのではないでしょうか?

 

それは無意識に、なのかもしれませんが。

 

自分が好きだったら、隠したり、変えたり、被せたりしないで

 

そのまま、出しているでしょう。

 

f:id:comuron47:20170223091901j:plain

 

 

「自分がない」じゃなくて、「自分はないことにしている」

 

だって、そんなレベルの自分は恥ずかしいから。

 

出したら、傷つくから。

 

人に何か言われたらショックだから。

 

受入れてもらえないんじゃないか?と不安だから。

 

何かを指摘されるのに、耐えられないから。

 

全部、プライドなのでしょう。

 

 

 

 

そのプライドを持ったのは誰ですか?

 

「奥へ押し込めている自分」でしょうか?

 

違うと思います。

 

「奥へ押し込めている自分」は自分のことをそのように

 

判断したり、評価したり、卑下したり、しません。

 

プライドなんて必要ないのです。それはそのもの、だから。

 

プライドを持ったのは、「奥へ押し込めた方の表にいる自分」です。

 

 

 

今、あなたが振る舞っているのは

 

「本来の自分を奥へ押し込めた、表にいる自分」です。

 

表にいて振る舞っている自分が、奥へ押し込めた自分と

 

分離しているために、恐れを抱いているのです。

 

 

 

 

だって、分からないですから、お面には、本当の気持ちとか

 

やりたいこととか、希望とか、好きとか。

 

だから、お面は、周りを見ながら、周りに合わせて

 

無難に真似をして、何も文句を言われないように

 

これがお面だ、と気がつかれないように必死に振る舞っている、

 

だからこそ、プライドができるのでしょう。

 

お面に傷がついたら、大変だ!ばれちゃう!

 

 

 

よく「本当は自分が答えを知っている」という文章を読みますが、

 

その「自分」というのが「奥へ押し込めた自分」だと思います。

 

 

 

私にいろいろとお便りを下さるのも「お面」さんです。

 

お面の下には本当の自分が隠されていてメッセージも

 

そこに読み取れるのですが、本人は気がついていません。

 

「どうしたらいいですか?」と言われても

 

それはお面を外して、自分を出す、出して経験して

 

感じて、イタい目にもあって、これまでのお面の振る舞いを改めたり

 

見直したり、そういう作業が必要なのです。

 

お面はやめて、押し込めた自分を出してくるかどうか?

 

対面する勇気がるか?といっても、本来の自分なのですから

 

何も怖がることはないのです。

 

ただ、お面として演技、振る舞い、無感情でこれまでやってきた方法と

 

まったく違う方法で生きること、が怖いだけ、だと思います。

 

 

 

違う方法で生きたら、これまでの「お面どうし」でのお付き合いは

 

しなくなりますから、お面の方とはもう、話も合わなくなるでしょう。

 

ただ、それだけです。

 

 

 

ただ、それだけですが、きっとそこが怖いですよね。

 

どう生きたいのか?は自分が選べます。

 

comuron47.hatenablog.com

 

 

「私には自分というものがないようです。 

 

他人の意見が気になり、いったい自分が何をしたいのか?

 

本当は何が欲しいのか?誰が好きなのか? 

 

わからないのです。」

 

まさに、この一文を読めばこれがお面さんからのお便りだ、と

 

すぐに分かるのです。

 

「自分」に気がつけば、何を今したいのか?

 

本当は今、何が欲しいのか?誰が好きなのか?

 

それがわからないはずがないのです。

 

 

☆2月26日(日)東京にて 

3月福岡・岡山にて 女医とも子の「大人Labo」 

〜人生を実験しよう〜開催します。東京は20名満席、キャンセル待ち受付中!

福岡満席、岡山は残り一席です。

 

今後もセミナー、イベントのご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが不快な方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

   ************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡

 

 

 

 

 

 

もし、最初から何でもできちゃったら?

自分そだて。

最近、また山歩き再開しています。

 

やっぱり、自然の中を歩くのはとてもいいです。

 

「浄化」という言葉がぴったり。頭の中、身体の中、心の中。

 

すべて、浄化されるのが自分でわかります。

 

リセットでもいいですね。その日一日を始めるにあたり

 

リセットして、新しい気持ちで、好奇心を持って取り組める。

 

 

 

今日、歩いていて、そうそう、思い出したことがありました。

 

 

生きてて、いろ〜んなことが起こります。

 

神様のテストは、次々と出されます。

 

それについて、自分なりの答えを出して、それを行動にうつし

 

結果をみて、また考えたり、感情を感じたりする。

 

誠実に取り組まなければ、テストはどんどん、わかりやすい

 

ひどい問題になっていきます。

 

 

で、なんでそんなめんどくさいこと、最初っから何でもわかってて

 

何でもできて、心も身体も解放されてたらよかったじゃん!!って

 

思いませんか?

 

なんで、最初っからできるようにしておいてくれないの、神様は。

 

 

 

できなかったこと

 

知らなかったこと

 

わからなかったこと

 

これらが、できるようになったり、知るようになったり、わかるようになる。

 

その快感、よろこび、達成感は最初からできてたら

 

絶対に味わえないものですね。

 

 

 

だからこそ、複雑に入り組んだ問題みたいなかたちで

 

すぐにはわからない。

 

どこに根っこがあるのか、最初はわからない。

 

表面的なことばっかりやっても、解決しない。

 

人のせいにしたところで、うまくいかないし

 

自分も満足できない。

 

 

 

じゃあ、なに?どこ?どれ?

 

それをやっていって、答えがわかって、それをやってみて

 

「これだーーーーーー!!!!!」

 

それを味わいたいだけ、なんじゃないかと

 

最近思うのです。

 

別に、それで成功した、成果が人よりすごい、

 

何を得た、そんなのはどうだっていいのです。

 

 

 

「これだーーーーーー!!!!!」

 

これこそが、生きてる!っていう実感なのではないのかな?と

 

思うし、

 

「これだーーーーーー!!!!!」

 

が、あれば、ものすごく元気でいられるのです。

 

なんでも最初から何でもできてたら、何のために生きてるのか?すら

 

わからない、テレビ観たりヒマつぶしするしか、なくなってしまうのでは?

 

f:id:comuron47:20170219153034j:plain

 

 

だから、失敗した!と落ち込む意味はありません。

 

そもそも、失敗とかではありませんし。

 

物事の裏表だったり、陰陽だったり、その2面性に気がつき

 

それを体感して、感情も感じて、そういうために

 

私たちは日々、あれこれと、がんばってやってるのではないのかな?と

 

私は思うようになりました。

 

それは、とっても気楽なことです。

 

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが不快な方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 

comuron47.hatenablog.com

 

   ************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡

 

 

 

 

子育てこそ余白。

子育て

いろいろなお便りをいただきます。

 

個別にそれについてお答えはしていませんので

 

よろしくお願いします。 

 


 
 
 
さて、子育てをしていて、親が何かを早めに判断して

 

辞めさせたり、中止したり、逆に辞めたがってるけど

 

それではだめだ!と叱咤して絶対に続けさせたり

 

様々な場面が、それぞれの子どもについて、あるでしょう。

 

 

 

 

私が思うのは、親は判断して、決断したらダメなんじゃないのかな?

 

ということです。

 

 

 

判断して決断するのは、子ども本人でなければ

 

それは後から子ども自身が後悔することになるのでは?と。

 

その決断によって子どもは更なる山や谷を歩かないと

 

ならないかもしれません。

 

でも、子どもが成長するっていうのは、そういう

 

山や谷を歩くこと自体なのでは?

 

そういう道を子どもが歩くことは、親から見てるとかわいそう、不憫だ、と

 

さっさと判断して、決断をしてしまう。

 

 

 

 

結局は、親自身が「見てられない」のでしょう。

 

 

 

 

子どもが育つ過程で、「人生はそんなに自分の思い通りにすすまないよ。

 

でも、そんな中であなたはどう、進むの?何を選ぶの?」

 

それを、大人になるまでに、学んでいくのだと思います。

 

 

 

 

どうしてそんなに焦って、結果を求めるのかな?と

 

思うのです。

 

親が子どもと同じレベルになって、思い通りにいかない

 

子どもの現実のアップダウンに一喜一憂してたら

 

子どもは堪ったもんじゃありませんね。

 

もっとゆっくり判断も、決断もさせてあげればいい。

 

そして、もっと言えばいつだって決断なんて変えたっていいのです。

 

 

 

それを、「どうせやるならちゃんとやんなさいよ!

 

自分がやるって言ったんだから!!!」と睨まれていたら

 

子どもは自分の気持ちなんて言えませんよね。

 

 

 

 

物事を一生懸命やっていったら、いずれ辞めたり

 

中止したり、変えたりする場面はくるでしょう。

 

そして、一旦辞めたり、中止したって、好きなら、やりたければ

 

また、始めればいいではありませんか?

 

 

 

それを、大人のエゴで「あの子の才能のためには

 

辞めさせたらだめ!」とか

 

「あの子は伸びるから、中途半端はダメ!」と

 

押し付けて、追いつめてるのが自分なんだ、ということに

 

気がつかない親はたくさんいます。

 

 

 

追いつめられたら、辞めるしか、ないですよね。

 

だって、やだもん。

 

 

f:id:comuron47:20170218173425j:plain

 

自分が子どもの頃、どうだったか、覚えてないのかもしれませんね。

 

そういう親は。

 

自分がイヤなことは、他人にしたらだめだよ、って

 

言っておきながら、子どもに平気でそういうことをしてる。

 

自分がいやだったことを、子どもにはしてる。

 

気がつかない?子どものため?

 

 

 

子どものため、子どものため、と言うのなら

 

子どもが選ぶ、決断する、余白をもっともっと

 

たっぷりと作ってあげたらいいですね。

 

見守る、ということです。

 

なんか、周りの大人が勝手に追いつめられて

 

早く決めなきゃ、迷惑かける!とか、勝手に思い込んでる。

 

そうなのかしら?

 

 

 

それは他所の親から、周りの大人達から自分がどう見られてるか?が

 

気になってそうしてるだけ、なのを

 

子ども自身は気がついてて、子どもは傷ついたりもしてるのでしょう。

 

 

 

まあ、こじらせて、こじらせて、ぐちゃぐちゃになっている親子は

 

親が過干渉した結果です。

 

自分が手を出し、口を出し、

 

粘度みたいに、ごねごねとこねて変形させてしまったのです。

 

変形した結果をみて「なんでこんなことになっちゃって」と

 

がっくりする。

 

そして、「どうしたらいいですか?」って他人に聞こうとする。 

 

そんなのは、自分で考えて、自分で試行錯誤して

 

親子関係をまた、作っていけばいいだけなのに。

 

その勇気すらない。やるだけやっておいて。

 

それでは、変形させられた子どもが気の毒すぎます。

 

 

 

子どもは元々、持ってるものが誰にだってあったはずです。

 

こねこねと変形させることが親の役目なのですか?

 

子どもの世話と、それとはまったく違います。

 

 

 

今日は、子育てにこそ、余白が必要であって

 

本当に、子どもはそれを求めているのだよ、ということを

 

子どもに変わって、書きました。

 

子どもの心の叫びを、ちゃんと聞ける親であるためには

 

親もまた、すべてにおいて余白、余裕、が必要かと思います。

 

子どもが親に自分の本当の気持ちを話すって、ものすごい

 

勇気が必要なことなんだ、ということを

 

親自身が忘れないことだ、とも思います。

 

「なんで、ちゃんと言わないの!?」って子どもに問いつめるのは 

 

愚かなことだ、と思います。

 

 

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが不快な方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

   ************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡

 

 

 

 

じゃあ、あなたは誰のことを認めてますか?

ひとのこころ

他人から認めてもらいたい。

 

他人から受入れてもらいたい。

 

これは生きてたら誰でも持つ欲なのかもしれません。

 

認められたい。受入れてもらいたい。

 

だってわたし、こんなにがんばってるんだから。

 

 

 

 

 

じゃあ、あなたは誰のことを認めていますか?

 

じゃあ、あなたは誰のことを受入れていますか?

 

 

 

 

「...........。」な人が多いのではありませんか?

 

 

 

私がお話を聞く相手の方は、多くが

 

「認めてもらいたいんです」と自分がいかに努力をして

 

自分がいかに他人に気を遣ってたり

 

自分より他人を優先にしたりしてがんばってるか?を

 

力説してくれます。

 

「なのに、誰も認めてくれないし、本当の友達がいない」と。

 

 

 

どうしてだかわかりますか?

 

 

 

それは、あなたが誰のことも心から認めてなくて

 

誰のことも心から受入れてないから、です。

 

無条件で。

 

 

 

すべて条件付き。

 

他人をみるときに、ありとあらゆる基準でもって

 

見定めています。

 

まるで、セレクトショップで、値札ばっかり見て回る

 

恥ずかしい女性のように。

 

 

 

人は、やっぱり自分のことを、そのように

 

「何がしの基準で見定められてる」

 

「なんか、値踏みされてるみたい」

 

「なにを、じろじろみて、考えてるんだろう」

 

そういう相手のことは、認めようとはしないし、受入れようとも

 

しないでしょう。

 

 

ドキっとした人がいるのではないでしょうか?

 

 

自分のことばっかり、他人に認めて、受入れて、って

 

求めるけれど、じゃあ自分はどうかしら?

 

ね。

 

f:id:comuron47:20170216115307j:plain

 

お互いさまっていう言葉がありますが

 

人と人。やはり、気持ちが良い人は人から認められたり、受入れらたり

 

自然にそうなるのでしょう。

 

気持ちが良い人は、センスがあるひとです。

 

人との距離感、会話のトーン、言葉遣い、見た目(清潔感がある)、

 

会話の内容、人付き合いの仕方、物の選び方etc.

 

すべて、だと思います。

 

 

 

結局、どんなに自分が認めてもらいたい、受入れてもらいたい、と

 

熱心に何か努力しても

 

自分がそうしてないこと、あるいは

 

センスが足らないこと

 

この2つの要因によって、願いが叶いづらくなっているのだと

 

感じています。

 

 

 

センス!?どうしろっていうのよ!!

 

それは、自分が繰り返し、自分で選んで、人がよいということ、ものは

 

自分で体験してみて、感じて

 

そうやって身につけていくしか、ありません。

 

でも、センスがある、ない、の違いは本当に大きいのだな、と

 

思っています。

 

 

 

センスをつけるために、これまでと違う目線でいろいろと

 

選んだり、体験したり、すると同時に

 

「わたしは、他人のことをどうして無条件で認めないんだろう?

 

受入れないんだろう?」

 

そこは、掘っていくしかありません。

 

堀る方法は、これを参考になさってください。

 

comuron47.hatenablog.com

 

他人に認められること、受入れられることは

 

誰しもが望んでみたいもの。

 

もちろん、ベースは私は自分が自分を好きになること、だと

 

思います。

 

comuron47.hatenablog.com

 

でも、それだけでは物足らない。

 

人の役にたって、それを感じてみたいのなら

 

まずは、自分が自分のためにやってくれている人のこと、

 

身近な人を、ちゃんと認めて受入れてるのかな?と

 

点検してみること、大事ですね。

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが不快な方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

  ************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡

 

 

私がわたしを好きになる。

自分そだて。

私がわたしを好きになる。

 

何より先に、ここです。 

 

何を置いても、ここをやらないと、何も始まらないし

 

進まないし、変わらないし、今のままいじけてるしかないでしょう。

 

 

 

どうして私がわたしを好きにならなきゃいけないか?

 

若いひとだけが悩むのではなく、ひとは何歳になっても悩みます。

 

しかも、根本的にその悩みの原因は 同じところです。

 

 

 

普遍的な悩みの根っこにあるのは

 

「自分が嫌い」「自分のことを好きになれない」

 

こういう想いがあることから、生じるものがほとんどでしょう。

 

 

自分のことが好きになれないのなら、

 

誰かに自分のことを好きになったり、認めてもらったり

 

満たしてもらったり、励ましてもらったり

 

「外注」でそれをしてもらうしか、なくなります。

 

 

 

けれど、外注でそれらの望みが、自分の思い通りに

 

ぴっちりと欲求を満たすほどに、叶ったことがありますか?

 

そこが満たされない、ぴっちりこないと人は

 

不平不満を言います。ムダなことです。

 

でも、言っても、望んでもムダなことで人は

 

大切な人生の時間を、浪費し続けます。

 

言ってるだけ、望んでいるだけで、自分では何もしません。

 

 

 

 

他人は自分のことなんてそんなに分かってないし

 

自分のこと以外で自分以上に分かることはないから、です。

 

どんなに優れたひとでも、自分のこと以上に他人のことがわかったら

 

それはエスパーみたいな、特殊な能力の持ち主なのでしょうね!

 

 

 

” 自分が自分を好きになる "

 

これなくしては、ひとが満たされた気持ちで生きられることはないです。

 

逆もまたしかり。

 

 

自分が自分を好きなひとは、少なくとも、

 

誰からも評価もされなくとも、たとえ、誰からも好かれなくとも、

 

自分は満たされた気持ちで生きています。

 

わたしたちは、「わたし、自分のこと、好きだから」と

 

言うことがなかなか、できません。

 

 

なぜなら、「え〜、そんなレベルのくせに、自分のこと、好きなんだ!?」

 

他人に言われたくないから。

 

恥ずかしいことだと思っているのです。

 

わたしも、そういう想いをしたことがあります。

 

自分のことを、まんざらでもないな、と思ったときに

 

他人から小馬鹿にされた気がしたことがありました。

 

 

そして、他人目線に加えて

 

「自分が好きになるように、今の自分とは違う何者かに向かって 

 

がんばっている方が楽だからです。」

 

そりゃ、そうですよね。

 

「わたし、まだまだ発展途上だから」って言うのは

 

とてもよい言い訳になります。響きもいいです。

 

「わたし、こんなモンじゃないから」っていう現実逃避です。

 

 

「いえいえ、あなたはいつだって、どんな瞬間もあなたですよ」なんて

 

神様に言われたって認めたくないから、

 

自分のことをいつまでたっても好きになれないのです。

 

 

 

” 自分のことが好きになるように "

 

" 自分が好きなように過ごすこと "を今の仕事にする。

 

常に、今の仕事は自分の好きなようにできるように工夫をし、

 

それに対して真剣に努力することです。

 

 

それに取り組まずに、他人のために

 

なにかをして喜んでもらう。

 

愛してもらう。

 

認めてもらう。

 

そんなことを、いくらがんばったって、自分のことが好きじゃないのなら、ムダです。

 

 

「こんなに喜ばせようとしてるのに、

 

愛されようとしてるのに、

 

認められるようにがんばってるのに!!」と、

 

抑圧ばかりが溜まり、無気力な抜け殻の自分ができあがるだけです。



 

 

満るというのは自分で満るのです。

 

満たされたい、満たされないっていうのは主語が違いますね。

 

他人によって満たされたい、環境によって

 

満たされたい、あるいは満たされない。

 

そうではないです。自分が自分を満たす。自分で満るのです。

 

そのためには「自分のことを好きになる」

 

これは人生をかけた課題だと思って真剣に取り組む価値のあることなのです。

 

 

f:id:comuron47:20170215175344j:plain

 

ほとんどのひとの「自分のことを好きになるため」のサイクルは、

 

まず、周囲に向かって努力をする

▶︎他人に認めてもらったり、他人からの評価が得られたり、他人から愛されたがる

▶︎いくぶん、それが叶った(ように思えたら)

▶︎結果、自分のことが好きになれる、と信じている(けど、好きになることはない)

でも、そうじゃないです。

 

 

 

まず、自分のことを好きになる

 

▶︎自分が好きでいられるようなことを、工夫して真剣に取り組む

▶︎結果、そのひとが自然にできること、振る舞えることに対して、

他人はそれをよろこんだり、そんな風にできるひとのことを魅力に思う

 

 

 

真逆のサイクルにするのは本当に大変なことだと思います。

 

ここからどうしたら自分のことを好きになれるのか?

 

自分を慈しむことができるのか?を追って

 

書いていきますね。

 

 

 

今日は、「私がわたしを好きになる」ことがどれほど大切か?を

 

書きました。

 

☆2月26日(日)東京にて 

3月福岡・岡山にて 女医とも子の「大人Labo」 

〜人生を実験しよう〜開催します。東京は20名満席、キャンセル待ち受付中!

福岡満席、岡山は残り一席です。

 

今後もセミナー、イベントのご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが不快な方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

 

  ************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡

 

お気楽がいけないことだ、と思う?

自分そだて。

私はお気楽です。 

  

こう、書くとイラっとしたり、怒るひともいます。 

 

「○○のくせに、お気楽だなんて!!」 

  

なんで、お気楽っていうのを嫌うのでしょうか? 

 

 

たとえば、夢一つ叶えるときにだって 

 

お気楽でないと叶うまで継続すらできませんね。

 

一直線に上り調子でいくはずがなく、途中で

 

のらりくらりしたり、落下することだってあるのです。

 

生真面目に、自分のストーリー通りを目指してガチガチで進んだって

 

思い通りになんていかないこともあります。

 

そんなとき、お気楽だといいですね。

 

 

 

ああ、うまくいかないな〜。

 

じゃ、方法変えようか。道変えようか。どうしようか。

 

ああしようか、こっちでもいいな。

 

こだわりが変なところにないことで

 

選択肢が無限にあります。

 

 

 

お気楽は他にも良い点があるのです。

 

対人関係が楽ですね。

 

そもそも、自分にも人にもお気楽なので

 

おかしな期待を持ちません。

 

「この人は、こういう仕事をされてるから、すばらしい人格者に

 

ちがいない!」

 

「この人は、優しいから、わたしの言うことも分かってくれるにちがいない」

 

こういう期待がありません。

 

「ああ、こういう人なんだ〜」でおしまい。

 

それについて、良い悪いもなければ、損得なんてとんでもない。

 

お気楽はいいものです。

 

 

 

どうしてお気楽を認めないのか?というと

 

「ずるいことはしたらだめ」と思っているから。

 

でも、ずるいってなんでしょうか?

 

苦しい思いをしないと、成功したらいけない?

 

時間をかけて、手順を追わないと、ゴールしたらいけない?

 

それとも、責任を果たさないといけない?

 

自分勝手はいけない?

 

 

 

なにを、そんなに眉間にシワをよせて

 

人のことを、チェックしてるのですか?

 

だから、自分がお気楽でいられないのです。

 

f:id:comuron47:20170214135251j:plain

 

お気楽の良いところは他にもあります。

 

健康でいられますね。

 

お気楽なので、交感神経が優位になりすぎず。

 

ちゃんとリラックスができるのです。

 

中には寝るまで緊張しっぱなしで、寝てるのに夢の中で

 

走ったり、焦って明日の仕事のことを考えてたり

 

それで眠れないひともたくさん外来にきます。

 

お気楽でいいのです。

 

 

 

お気楽のよいところは、

 

ここぞ!という要所は絶対にはずさないことです。

 

普段、リラックスしていることで、全体をみています。

 

全体をみていると、「ここは外さない方がいい」という要所が

 

簡単に分かるようになります。

 

日常でストレスが少なく、ムダなエネルギーを使ってないので

 

いざ、というときにものすごいエネルギーをそこに

 

費やすことができるのです。

 

その結果、要所を抑えてうまくいく。

 

簡単なのです。

 

 

みんな、自分でやり方も選んでいます。

 

どの方法が得で、損、どれがいい、悪いはありません。

 

お気楽だろうと、生真面目だろうと、いいのです。

 

 

私は、お気楽にいくことに決めた結果、

 

生きることがそれほど以前のように難しくなくなった、

 

それだけです。

 

体調もよく、食べ物がおいしく、病気にほとんどかからず、

 

いつも元気です。にこやかでいられます。イライラしません。

 

私にはお気楽が似合ってる。

 

 

 

みなさんの生き方の方法はどんな方法ですか?

 

 

☆2月26日(日)東京にて 

3月福岡・岡山にて 女医とも子の「大人Labo」 

〜人生を実験しよう〜開催します。東京は20名満席、キャンセル待ち受付中!

福岡満席、岡山は残り一席です。

 

今後もセミナー、イベントのご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが不快な方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

  ************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡

 

 

死ぬのが怖いです。

ひとのこころ 自分そだて。

私は死が怖いのです。

特に事故や災害で命を落とすことだってあるのに、

命に関わる病にかかることが怖くてたまりません。

この気持ちは以前に比べたら、だいぶ和らいではきましたが、

未だ心の中にあります。

 

このようなお便りをいただきました。 

  

これについて、私はこのように考えました。 

 

死が怖いのではないと思いました。

 
 
 
 
死が怖いのではなく、
 
今の自分の状態で死が突然襲ってきたらものすごい後悔するな、
 
わかってるから死が怖いのではありませんか?
 
 
 
やりたいけど、やってないこと。
 
わかってるけど、見て見ぬふりしてること。
 
今こそそこを、やり始めるときだと、お便りの文を読んで感じたことです。
 
 
 
つまり、日々のことをちゃんとやっていない。
 
ちゃんと、というのは他人と比べて優れているとか、劣っているとか
 
そういう話ではなく、
 
自分で決めて、動いて、その結果を引き受けて、
 
考えて、またやっていく。 
 
感じる、思う、考える、人に言う。 
 
そういうことを、ちゃんとやってないんだろうな、と。
 
 
 
だからこそ、突如、今、死が目の前にやってきたり
 
死の宣告をうけたら、どうしよう?と不安なのではないでしょうか?と
 
考えたのです。
 
 
 
そもそも、本当に人の死を見ていたら、「死ぬのが怖い」なんて
 
ビクビクしているヒマはないな、と
 
感じるでしょう。
 
死ぬこと自体は、怖いとか、怖くない、なんていう
 
そういうものではない、とお看取りをしてきて
 
思います。
 
それは、怖さがある時期だってあります。
 
けれど、多くの方が死を前にして感じてらっしゃるのは
 
ご自身の歩いてきた人生を振り返って、思うことがある、のだと
 
私は思います。
 
 
 
ああ、もっとああしていたらよかったかもな。
 
あの時、自分をもっと出して進めばよかったかもな。
 
ああ、早くから好きなことをすればよかった。
 
こんなことなら、もっとがんばっておけばよかった。
 
 
 
 
そういう気持ちになられる方が多いのでは?と思います。
 
もちろん、もう、やり残したことはない!と
 
豊かな表情を浮かべてらっしゃる方もおられました。
 
 
 
そういう人の死に接したことがある人は
 
「死ぬのが怖い」とその場で固まってる、
 
それこそが、もったいないし、ムダな心配であって
 
それなら、今から何でもしなさいよ、と
 
思うでしょう。
 
 

f:id:comuron47:20170212130120j:plain

 
 
日々の積み重ねが一生です。
 
いま、今日できること、を自分なりに丁寧にやって、
 
感じて、それで、自分が満足して寝る。
 

「今日も私なりにやったな」と

 

満足して寝られるかどうか?だと思っています。

 

その繰り返しだけです。
 
そこに、意味とか価値なんてないと私は、思っています。
 
 
 
小さな一歩を踏み出して見てください。
 
そこをコツコツやることで、死が怖くなくなってくるはずです。
 
何もしてないから怖い。
 
固まってビクビクしてるから怖い。
 
動くのです。
 
 
 
とはいえ、生き物は死ぬのは誰でも、
 
どんな生き物でも怖いのは本能です。
 
当たり前の本能です。
 
生きてるのだから、死ぬのは怖い。当然。
 
 

 

 

人は一日一日、起きて仕事(役目)をして食べて、寝て。

 

その繰り返しです。

 

誰でも、そういう流れがあります。

 

そして、その流れについて自分で「今日も私なりにやったな」と

 

満足して寝られるかどうか?だと思っています。

 

 

 

「明日はあした」と思って眠れるかどうか?

 

 

 

☆2月26日(日)東京にて 

3月福岡・岡山にて 女医とも子の「大人Labo」 

〜人生を実験しよう〜開催します。東京は20名満席、キャンセル待ち受付中!

福岡満席、岡山は残り一席です。

 

今後もセミナー、イベントのご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが不快な方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

 

  ************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡