読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

ブログを引っ越します〜

これまで、はてなブログでたくさんの方に記事を読んでいただき 

 

どうもありがとうございました!! 

 

今後は、 

 

女医とも子の本当の健康生活 | Just another WordPress site 

 

こちらへ引っ越し、題名も「女医とも子の本当の健康生活」と題しまして 

  

ゼロから書いていきます。 

 

これからも、どうぞよろしくお願いします!! 

 

 

 

自分の行為をお金に換算ばかりしていると。

仕事は何のためにするのでしょうか?

 

そういう質問について、真面目に時間をかけて考えてみる

 

機会がありました。

 

というか、いつも仕事ってなんだろう?と問いかけてきました。

 

 

 

一つは生活の糧を得るため。

 

これは誰でも思いつく答えですし、一番多い答えなのかも

 

しれません。

 

 

 

でも、「生活のために仕方がない」という「我慢料」として

 

給料を貰ってしまうとそれは、自分の心身を削り取り

 

また、自分の時間をそこに切り売りをして

 

お金に換算していることになってしまいます。

 

それだけでいいのでしょうか?

 

 

 

仕事で得られる二つ目のものは

 

「自分を活かして社会に機能している」ことを実感できることでは

 

ないでしょうか?

 

職種が何であれ、自分ができることをやって、それを社会に提供しているのです。

 

「自分はできることやって、社会で機能しているのだ」という実感は

 

自分自身が孤立せずに、居場所がそこにある、

 

そういう気持ちになるのではないでしょうか。

 

それは例え、自営であっても、何かをして対価を得ているのであれば

 

勤めていなくても、それは家の仕事、家事であっても

 

同じことです。

 

子どもを生み、育てる、ということはとても大きな仕事です。

 

何もできなかった赤ん坊が、学校に通うようになり、そして後に

 

社会に出るようになるまで、育てるということは

 

仕事です。

 

 

 

何でも「お金」に換算しようとするとどうでしょうか?

 

自分がこれだけやってるんだから、これだけお金をもらえて当然だ。

 

と、自分の行為をすべてお金に換算することしか

 

考えていない人は

 

とても貧しい思考だな、と思います。

 

そして、そういう人の顔つきは皆、同じように似ています。

 

 

 

「微表情」というものがあります。

 

人の表情は、顔面の多彩な筋肉によって

 

作られています。

 

人の心の状態は、だから、「微表情」としてその人が意識せずとも

 

「顔つき」として、表れています。

 

 

 

自分がしたことを、お金にすべて換算しないと気が済まない人は

 

そういう顔つきになります。

 

f:id:comuron47:20170403205800j:plain

 

一方で、そうじゃないんだ。

 

自分のした行為は、お金だけではなく、お金にならないところがあるんだ。

 

そういう自覚があるひとは

 

お金、お金、とは言いません。

 

お金に換算できない部分に、自分の心を込めることができるのです。

 

 

 

たとえば、私は仕事で患者さんの病気の原因を考え

 

それについて必要な薬を出すことが仕事ですが、

 

その中で「問診」を大切にしています。

 

でも、問診がめんどくさい医師も多いでしょう。

 

問診が長くなれば、診療できる患者さんの人数が減る。

 

減れば、病院の業績は悪くなる。

 

でも、必要な問診時間をかけることは、きちんとした原因を

 

見出だすのには、大切なことであり、

 

また、原因以外に、「このひとはどういう生活をしてるのか?」

 

「この人の考え方はどんなものなのか?」それを知ることは

 

根本的に治すためには、大事なことです。

 

でも、丁寧に問診をしても、私の給料は増えません。

 

私の行為はお金には換算されません。

 

 

 

でも、それは損なことなのですか?

 

 

 

私はそうじゃない、と思っています。

 

自分の行為を、お金に換算しようとばかりせずに

 

もっと大事ものが、そこには積み上げられていくのでは

 

ないでしょうか?

 

 

 

それは何だと思いますか?

 

 

 

我慢料として、自分の仕事をしていると、

 

我慢して得たお金を使うときにも、我慢してせっかく得たのに

 

手放したくない、使うと減って損した気持ちになる。

 

そういう考えになってしまうでしょう。

 

 

 

一方で、自分が仕事で得ているものは、お金だけではない。

 

そういう自負があれば、お金を使うときにも

 

目減りしたとか、損してしまうとか、そういう風には

 

思わなくなります。

 

お金を使うというのは、目減りして、なくなることではなく

 

それを便利に使って、何かと交換しているだけですね。

 

何かに交換して得られた感情、その時に嬉しいとか、楽しいとか

 

自分が満足できていたら、お金を使ったことに

 

何もがっかりすることなんてないのです。

 

 

使ってもまだ、自分には残っているものがあるからです。

 

お金、お金、お金に換算せねば損だぞ!

 

自分を削っているんだから、自分の時間を切り売りしてるんだから!

 

そういう思考でいると、きっと銀行の数字がいくら増えたところで

 

心からの豊かな気持ちや、安心は得らないでしょう。

 

 

 

仕事をする、っていうのはとてもおもしろいことです。

 

単に生活のため、にしてしまうにはもったいないほど

 

いろんな要素がそこには含まれているんだな、と

 

改めて感じています。

 

 

 

読んでくださっている方は、今日一日の自分自身の行為を

 

いったい何に換算できていますか?

 

 

 

☆4月16日(日)東京にて 女医とも子の「大人Labo」 〜人生を実験しよう〜

開催します。現在、参加者募集中です。今後毎月、都内で大人Laboを開催していきます。ご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが不快な方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 一年くらい前はお金について、こんな風に考えていました。今もそう思いますが

お金がないと何もできないではもう、ないんだ、というのが最新の私の考えです。

 

comuron47.hatenablog.com

   ************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡

 

 

 

 

もったいな過ぎること。

もったいないのは相手の反応が思うようでないから、といって

 

自分の気持ちまで、ゲンナリさせてしまうことです。

 

「相手が思うように反応してくれないから」といって

 

今、自分が感じていること、までダメだししたり

 

それをなかったことにしたり

 

「大したことないもんね」などと、ムダにしないことです。

 

 

 

そのようにして、自分がしたことで嬉しかった、たのしかった、

 

やりたかったことをやってみたい!というワクワクする気持ち、

 

いろんな気持ちを、誰かに答え合わせしようとしないことなのです。

 

 

 

たとえば、SNSでは知らないひとにまでそのような判定を仰ぐことも

 

できますね。

 

Facebookなどでは、「これこれ、こうで、すっごいたのしかった〜」みたいに

 

自分のうれしさとか、喜びとか、楽しさをシェアしたい!!って

 

張り切って投稿してみたものの

 

その投稿に対して反応が思うようでないと

 

「な〜んだ、私のその行動って、大したことなかったのかな。

 

私の感じたことって、そんなに大した”レベル”じゃかなったのかな」と

 

自分で意気消沈してしまうことは、

 

生きて行く中で一番大切なことを失っていきます。

 

 

 

私たちが生きている今は、「これがしあわせ」というモデルが

 

様々になっていて、一つの答えなんてありません。

 

ああすれば幸せになれるのか?こっちの方が上か?

 

これをやれば、勝ちか?

 

どうしたらいったい、私はしあわせになれるの?!たすけて!

 

さまようひとがたくさんいます。

 

 

 

「自分だけのしあわせ」をやるしかないのです。

 

 

 

そのためには、自分が嬉しい、楽しい、よかった!

 

そう思えた気持ちを、すごく大切にしないといけない。

 

なのに、他人に「これ、どう?いいかな?このしあわせ、分かってくれる?」

 

こういう問いかけは、まったく不要なのです。

 

自分で嬉しい!楽しい!よかった!で完結すること、なのです。

 

 

 

だからこそ、

 

「な〜んだ、私のその行動って、大したことなかったのかな。

 

私の感じたことって、そんなに大した”レベル”じゃかなったのかな」

 

そう意気消沈するのは、自分についたわずかな灯を

 

自分自身で火消ししてなかったことにする

 

「こんなレベルのしあわせじゃ、他人に認めてもらえない、しあわせだって」

 

書いてて、バカらしくなりますが

 

けれど実際にこうして悩むひとだらけだと思います。

 

 

f:id:comuron47:20170331204747j:plain

 

 

誰も教えてくれないし、誰もたすけてなんかくれません。

 

自分自身で自己満足すること、のみ。

 

それを他人の基準で合わせないことです。

 

別に何でしあわせを感じたところで、他人には関係ないですね。

 

何でしあわせを感じるか?で何か、自分の立場とか、レベルとか

 

そういうのが決まるのですか?

 

ほんと、もったいな過ぎるよな、と思います。

 

 

誰かが言ってたしあわせを求めたって

 

真似できないし、自分が同じそれをしたってしあわせに感じるか?

 

わからない。

 

人が言うしあわせと似たようなものを探しても

 

そこに答えはないでしょう。

 

自分しかわからないところにしあわせがあるのです。

 

 

 

別にしあわせになりたくない、っていう気持ちでもいいと思っています。

 

でも、もし、しあわせを探してさまよい

 

「これって、しあわせって言うのかな?」と誰かに確認したいのなら

 

それはやめておいた方がいいし

 

もっとそこを自分自身で追求していったらいい。

 

しあわせはシェアするもの、って書くと美しいけど

 

やってることは、そうじゃない人が多すぎるし

 

もったいな過ぎるので、今日はこれを書きました。

 

 

 

☆4月16日(日)東京にて 女医とも子の「大人Labo」 〜人生を実験しよう〜

開催します。現在、参加者募集中です。今後毎月、都内で大人Laboを開催していきます。ご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが不快な方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 「現実味のないことをする生き方」

http://blog.hatena.ne.jp/comuron47/comuron47.hatenablog.com/edit?entry=10328749687189657771

   ************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分を活かすとは?


 自分そだて。 ひと付き合い
編集

先日の大人Laboという、「人生の実験をしよう!」を大きなテーマにして

 

私が話して、参加者さんとやり取りをしていく、

 

そんな集まりがありました。

 

私は、その中で、とても嬉しいことがありました。

 

ある、参加者さん、2度目の参加のIさんです。

 

Iさんがこうおっしゃいました。

 

「私は先生から来たメルマガを、朝はあえて読まずに

 

昼休みまでとっておくのです。

 

そして慣れない職場の昼休みの時間に

 

そのメルマガを開いて読むことが本当に楽しみで

 

支えになっています」みたいなことを

 

おっしゃられました。

 

 

 

「ああ〜わたし、生きててよかったな」

 

 

そう、心から喜びが湧いてきました。

 

人の役に立つっていうのは目指すものではない、と思っています。

 

でも、私が日々、メルマガやブログ、Facebookで書き続けている理由は

 

確かにあるのです。

 

「人を救いたい」そんなことができるわけがない、というのは

 

私は看取りをしているので、医者として人を救うことができてない

 

絶望は、とっくの昔に感じています。

 

 

でも、私は人がその人らしく、今の穴の底でふつふつと、悶々としてるところから

 

飛びて、外の空気と、上空の景色をきちんと

 

みて、感じて、生きて欲しいな、

 

それは心からそう思っています。

 

 

 

なぜなら、人は死ぬからです。

 

最後は死にますが、それはドラマチックなものではなく

 

あっさりとしています。

 

え!?なに、こんなものなの!?人生ってもう、これでおしまい!?

 

そういう風なものだ、と思います。

 

 

 

だからこそ、秩序やルール、固定観念に縛り付けられ

 

それについて悶々とイライラと、我慢をしているのに

 

「でも、だって、しょうがないでしょう」で済ませてしまうのは

 

違う、と思っています。

 

 

 

メルマガでも、こんな返信をくだった方がいます。

 

先生が、やりたいことをメルマガより優先するという宣言に
本当に行動して行かれる姿が感じられて、実際に自分が動いている
訳ではないけれど、ないクセに、すごく勇気づけられました。
 
どんなことをされるのか、わからないですが、新しいこと、どんな風に
展開していくかわからないことを、公開することって勇気がいること
だと思うんです。
(私ならなんだか恥ずかしかったり、失敗が格好悪い気がして
こっそりはじめると思う。)
けれど、それを私たちに宣言してくださる姿に、自分自身の可能性も
信じていいと思えてきま す。
 
なんというか、理論や説教的でなく、姿を見せていただける先生に
出合えて本当に良かったと思いました。
先生をみていると、自分自身の夢が夢でなくなっていける気がする。
 
ありがとうございます。

 

私ができることなんて、ほんの少しであり

 

それは人のためにやっていることでもありません。

 

自分がそうだったから、そこから抜けて走り抜ける爽快感を

 

ただ、「こうすると、楽だし、気持ちいいし、生きてるわ!」

 

それを書いているだけ、な気がします。

 

 

 

結果、それを読んだり、聞いたりした人のどこかに

 

響いたり、ざっくりと刺さったりして

 

「あ、わたしも」ってなれば、その人のペースでその人のやり方で

 

そうなったら、私はそれがとてもうれしいです。

 

 

 

でも、それはあくまで結果であって、それを目指してるのではありません。

 

「お金のために」それをやるのでもなければ

 

「人のために」それをやっているのでもない。

 

ただ、「自分を最大限にここに生かして、活かしたい」

 

その欲求だけなのです。

 

私は欲張り、だな、そこは。

 

そう、自覚しています。

 

 

 

でも、私はわたしで、とても今の自分が好きです。

 

夏に向けて、チャレンジをしています。

 

決めたことについては、やめたらよかった、やらなきゃよかった、

 

それはなし、です。

 

決めたことは振り返らずに、やり切るだけ。

 

それをまた、一方で楽しむ自分もいるのです。

 

f:id:comuron47:20170328102127j:plain

 

 

4月16日(日)大人Laboでは、「やりたいことができない理由」を

 

メインテーマに開催します。

 

ここでは、参加者さんの「今やりたいと思っていること」や

 

「やりたいけど、これが理由でできない」ことや

 

「それ以前に何をしたいのか、わからない」

 

その辺りを、しっかりと深堀して、エンジンをかけて帰ってもらいます。

 

人生は実験でしかありません。

 

分かっている答えに向かって、ただ我慢をして、生きてたのでは

 

いつか、病気になるでしょう。

 

人はそのようにはできていない、というのが私の考えです。

 

その人らしく、その人が思うように生きていたのなら

 

その人は生ききり、また、自分を活かし切って終えるでしょう。

 

 

 

大人Laboへのご参加は、メルマガへ登録されて

 

メルマガもお読みになり、自分で考えてくださっている方だけ

 

参加できるようにしています。

 

ただ、人の話を聞いて、考えを教えてもらいたい、そういう人は

 

参加しても、実験をする、までに至らないでしょう。

 

 

 

 

メルマガを読み、返信をしているだけで、自分自身で生きて活かせるように

 

変化している方も、もう、すでに数名お見かけします。

 

すばらしいな、と思います。

 

人は与えられたり、教えられたりしなくても、考えて行動さえすれば

 

誰でも自分でわかるようになる、と思っています。

 

 

 

☆4月16日(日)東京にて 女医とも子の「大人Labo」 〜人生を実験しよう〜

開催します。現在、参加者募集中です。今後毎月、都内で大人Laboを開催していきます。ご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが不快な方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 

comuron47.hatenablog.com

   ************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡

 

ハマることを怖がるひと。

ブログ更新を数日できませんでしたが、

 

私は、日々の生活の中で優先順位を付けることを

 

とてもハッキリとしています。

 

今、取り組んでいることが、2つほどあって

 

それにのめり込んでいます。

 

一つ、または二つものめり込めば、他のことは後回しにすることに

 

なんの躊躇もありません。

 

おかげで、メルマガの読者さんの数も減ったりもしていますが

 

それは私にとっては大して重要なことではありません。

 

 

 

いろんな方にお目にかかり、話を聞いていると

 

「自分のやりたいことがわからない」

 

「やりたいことはあるけれどそれを、

 

いつどうやって初めていいのか、わからない」

 

そんな声を多く聞きます。

 

 

 

「やればいい、今から」

 

 

それ以外に答えようがありません。

 

でも、だって、今は.......。

 

言い訳はたくさんあります。

 

「事情」はいつまでたっても、クリアーになり

 

完璧にお膳立てされることなんて、ないのです。

 

 

 

どうしてハマることを怖がるのか?というと

 

「そんなことしてたら、ダメになるよ」

 

「そんなことして、どうやって食べてくの?」

 

「そんなこと今さらやったって、ムダでしょ」

 

「そんなことやって、何の意味あんの?」

 

 

 

まあ、そんな声が自分の脳内にリフレインし、

 

実際にそうやってご親切に言うひとがたくさんいます。

 

周りの人の声と、自分のやりたいと、

 

どっちを優先していいのか?すら分からなくなってしまった人たち。

 

f:id:comuron47:20170324222839j:plain

 

やりたい、と思ったら、やってみないことには

 

何もわかりません。

 

どの程度やろうかな?なんて調節しようとするから

 

いつまでたっても、「おお!!!いいね〜」とならない。

 

例えるなら、目隠しをして、ぬかるみの中の踏み板の上を

 

板から落っこちないように、足で先を探りながら

 

恐る恐る、何かをしている感じ。

 

そんなんじゃ、一生、何やっても、中途半端でしょう。

 

中途半端だから、何をやっても「やってみたけど、あんまり.....」

 

この繰り返し。

 

 

 

いい加減に、のめり込む、ハマる、それを自分でやってみることしかないんだ、と

 

気がつくことです。

 

 

のめり込む、ハマろうとすれば、するほど、

 

それのために、いらないものは、捨てる、切る、

 

それが必要になります。

 

一つのこと、二つのことに、夢中になるのなら、

 

頭をそこに使うために、他のことは捨てないと

 

限られた時間やエネルギー、自分の思考を

 

最大限に使うことはできないでしょう。

 

 

 

あっちも、こっちも、ぬかるみにはしかも落っこちないように

 

気にしながら、何かをする、極めるということは

 

無理ですね。

 

 

何も、崇高なことをしなければならない、と言ってません。

 

「遊ぶようにやればいい」

 

本当にそう思います。

 

 

私は、昔のように、自分が取り組んでいることについて

 

まったくプレッシャーを感じません。

 

ただ、夢中になってやっているだけ。結果とか、何か

 

ただ、期待しかありません。

 

それくらい、自分を投げ打って、それに取り組んでいるからです。

 

そのこと自体が楽しい。それだけなのです。

 

 

 

そういう親の姿をみて、子どもは「放っておかれてる」なんて

 

思うはずがないのです。

 

「お母さんが、一生懸命夢中に集中してやっている」

 

その姿しか、伝わらないでしょう。

 

決めたら、やる。ハマるだけです。

 

 

ハマれないのは、何も捨てず、切ることもせず

 

すべてを維持したまんま、新しいこともうまくやろうとするからです。

 

 

 

☆3月26日(日)東京にて 女医とも子の「大人Labo」 〜人生を実験しよう〜

開催します。東京は20席満席。今後毎月、都内で大人Laboを開催していきます。

ご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが不快な方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

comuron47.hatenablog.com

   ************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡

 

 

 

人目を気にすることの副作用

人目を気にするとき、誰でもいいわけでは

 

ないでしょう?

 

誰の目を気にするのか?はその時々で変わる。

 

それこそが、副作用が出る理由になる、と思います。

 

 

どういうことか?というと、

 

人目を気にするけど、誰の目を気にするか?で

 

その時々で、差別をしています。

 

たとえば、自分にとってその人の言うことを聞いておけば

 

自分が有利になるとか、

 

その人の味方になっておけば、そのグループでの立場が

 

良いポジションになる、とか

 

その人に気に入ってもらえれば

 

今後の仕事にもまた、つながる、とか

 

本当に、コロコロその基準は変わるでしょう?

 

 

 

どうして人目を気にするのか?の本当の理由を

 

考えてみることです。

 

人目を気にして、気に入られて、いったい何を

 

手にいれようとしているのですか?

 

 

 

私は、ある場面でああ、そうだな、と思ったことがあります。

 

いつもは、私と仲良く振る舞って、多弁な彼女。

 

ある時、他の方が同席されたとき、そちらの人に

 

かかりっきりで、おしゃべり。

 

つまり、そっちの方を大切にする方が

 

彼女にとっては「おいしい」と思ったのでしょう。

 

けれど、私はその時に「ああ、この彼女はそういう人なんだ」と

 

思ったのです。

 

 

 

いつでも一生懸命、真摯に自分ができることに集中している人

 

その時々、人を選んで、その時に自分にとって一生懸命取り組めば

 

何か良いことが自分にあるだろう、と思ってやる人

 

やってることは同じでも、まったく違いますね。

 

 

 

そもそも、コロコロ一緒にいる相手で態度を変え

 

さっきの私の場面のように、私の目を気にしてたのに

 

今日は違うひとの目を気にしてることが、

 

バレてしまう、信頼感はまったくなくなります。

 

 

ああ、私に真摯に向き合ってくれてたのではなくて、

 

何かいいことがありそうだから、そうしてたんだと。 

 

私は、まさか、私がそんな風に眺めてるとは知らずに 

  

今日の相手に夢中になって、うまくやれてる、と思っている

 

彼女の必死な横顔をみて、 

 

何だか、見てはいけないものをみてしまったような 

  

そんな後味の悪さを感じました。

 

何だか、気の毒だな、と思ったのです。

 

f:id:comuron47:20170315212110j:plain

 

 

人目を気にするというのは、なんとなく

 

本人はそれが辛くても

 

「空気を読んで、察することができる気の効く人」の良いイメージ、

 

つまり、作用があるような気がしていましが、

 

むしろ、「この人は、人自身のために

 

その時一番おいしい人に気を配ってるつもりなだけなんだ」

 

と他人に認定される副作用があるんだ、ということです。

 

 

 

人目を気にするひとは、自分に余裕がないからこそ

 

その時、その時で、その場の力のあるひとなどに

 

自分を委ねる。

 

本人は、自分の意見は持たないでいいし考えなくていい。

 

でも、気分は良くない。いつも人目を気にして自分のことは

 

後回しにしてるから。

 

さらに、せっかく人目を気にして、気を遣ったのに

 

「この人は、人によって態度を変えるんだ」と

 

認定される可能性すらある。

 

 

 

ああ、何一つ、良いことがありませんね。

 

 

 

私は、やはり、人目を気にして何かをやるのではなく

 

その時々、自分の最善を尽くすことだけに集中すること、

 

これこそが、結果、その場にいる人たちに

 

差別することもなく、良い影響がひろがるような

 

そんな気がします。

 

 

 

人目を気にする。

 

人に気配りをする。

 

人に気遣いをする。

 

すべて、とても難しいですね。

 

今日は自分の体験から、気がついたことを

 

シェアしました。

 

 

☆3月26日(日)東京にて 女医とも子の「大人Labo」 〜人生を実験しよう〜

開催します。東京は20席満席。今後毎月、都内で大人Laboを開催していきます。

ご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが不快な方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

comuron47.hatenablog.com

 

   ************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡

 

 

どうしても嫌なひとがいる。

「されてイヤなことはしない」
 
そうですね、確かに嫌なことをすると必ずされます。
自分でも感じるし、他人を見ていても分かります。
分かってはいるんだけど・・・
 
会社にどうしても嫌いな人がいます。
顔を見るだけでも嫌で、会話なんかとんでもない、位の女性。
数年前に同じ仕事をしていましたが、散々嫌な思いをしました。
 
その後部署が別れて違う仕事になり、会話も普通にするようになりましたが、やはりイラつきます。
視界にも入れたくないほどです。
ですので、その人と話すときは眉間に皺、すごく寄っています。
まともに顔もみません。
これって自分がやられたらすごく嫌なことですが、どうしても治せません。
なぜこんなにも嫌いで許せないのか、深いところを見る必要があるのでしょうけど、嫌な思いを散々したということしか出てきません
こういった対処法はどのようにすればよいのでしょうか・・・

 

 

私がメルマガで配信した「されてイヤなことは人にしない」
 
これについて、上のような返信がきました。
 
 
 
されてイヤなことは人にしない。
 
よって、自分もどうしても嫌な人であっても
 
嫌な顔をしたり、「顔も見たくない」なんて思ったらいけない。
 
そう、苦しんでらっしゃるのですね。
 
 
 
私は、どうしても嫌な人は避けていいと思っています。
 
だって、私のことを嫌いなひとは、私を避けてるでしょう?
 
私の周りには、私のことを嫌っているひとが近づいてないだけで
 
嫌っている人がいない、わけではないのです。
 
当たり前のことです。
 
誰からも嫌われず、皆が自分の周りに集ってくれる。
 
あり得ませんね。
 
 
 
私だったら、むしろ、本当はイヤで嫌いなのに
 
「全然そんなことないよお〜〜〜」っていうフリをして
 
周りで怖い目をされて、一挙一動を見張られる、
 
そっちのほうがよほどイヤだな、と思います。
 
 
 
自分のことを嫌うひとに、好かれようとするのはムダで
 
意味のないことです。
 
嫌うひとは、自由に嫌えばいい。
 
自分を好いてくれる人に「されてイヤなことをしなければいい」のです。
 
 
 
 
人間味がある、というのはどういうことでしょう?
 
すべての人に向けて博愛精神で振る舞うことですか?
 
好き嫌いなく、いろんな人と付き合えることですか?
 
誰にでも、良い人として、良い行いをし続けることですか?
 
「こうあるべきだ」を優先して、自分を殺し、
 
結果不平不満をためて、自分をいじめ抜くことですか?
 
 
 
私は人間味があるからこそ、
 
人に対して好き嫌いがあって当然だ、と思います。
 
だからこそ、好きな人は大切にするし
 
嫌いなひとは、それはそれで逃げて、隠れて、それでもいいじゃないか、と。
 
そんなに「白」でいたいでしょうか?
 
 
 
私にとって、人間味のある人というのは
 
そのように自然体で振る舞っている人をみたときです。
 
たとえ、それが見苦しくったって、それがその人なのであれば
 
それでいいじゃないか、と思います。
 
ただ、不平不満ばかり、ならべているよりは。
 
 
 
 
上のお便りの中にあるように
 
その人の顔をみただけで、数年前にされたことを未だに思い出し
 
今なお、嫌な気持ちに繰り返しなっている。
 
とてももったいないな、と思います。
 
今もまだ、その人から嫌なことをされてるのですから、
 
自分の脳内で何度も繰り返して思い出すことによって
 
 
 
私だったら、その人のことは意識して見ない、関わらない、
 
自分がまったくその人のことが気にならなくなるまで
 
そういう時期を過ごします。
 
イヤはイヤなのだから、治すもなにも、ないと思います。
 
治さずに、自分のお世話をする。
 
 
 
「そんなにイヤだったんだ、仕方ないよね。イヤだったんだから。
 
許せないよね、ほんと」
 
そう、自分に声をかけてあげる方が
 
その人と無理に引きつった顔で接するよりも
 
よほど、大事なことだ、と思いませんか?
 
 
 
いったい、誰を、何のために、大切にしたいのですか?
 
そこを、自分に問うてみることです。
 
いきなり、何を深く掘り下げる、とかできません。
 
まずは、いったい、誰を、何のために、大切にしたいのですか?
 

f:id:comuron47:20170306161632j:plain

 
そこがわかってから、そんなに嫌いなひとが気になるのなら、
 
冷静になってから、
 
「なぜ、私はその嫌いな人のことを、そんなに気にするのか?」
 
そこを、考えてみることです。
 
気になる理由があるのです。
 
興味があるのは、どこに興味があるのか?
 
何を競っているのか?
 
どこが自分と似ているのか?
 
まったく違い過ぎて、ずるい、と思ってるのか
 
ある意味、すごく似ていて、自分を見ているようで、いやだ、と思ってるのか。
 
 
 
いろいろ、相手を観察してみるのです。
 
観察した結果、わかることがたくさんあるでしょう。
 
そこまで、嫌う、ということは、とても自分の関心というエネルギーを
 
相手のために、使ってるのですから。
 
せっかくエネルギーを使うのなら、
 
それを自分にフィードバックしたいものです。
 
 
 
「ずるいな」と思う相手には、
 
「自分を楽にする」ための良薬を持っていることがあります。
 
相手のずるさ、を自分に取り入れることで
 
自分自身にかけていた制限を外すことができるから、です。
 
「ああすべき、こうすべき、私はそれを遵守してるのに
 
それにひきかえ、なによあの人は!!ずるい!!」
 
 
 
相手のずるい!!を自分で、やってみたらいい。
 
ずるいな、と思う行動を、自分も試しにやってみたらいい。
 
意外とそれは快適だったり、自分がゆったりできたり
 
なんだ、大丈夫だった、だったり、
 
いろんな発見があるかもしれないのです。
 
 
 
嫌いな人、と一言でいっても、
 
いろんな嫌い、がありますから。
 
心底嫌いなら、もう、近づかない。
 
嫌いなのに、何か気になってしょうがないなら、研究する。
 
 
 
いずれにせよ、
 
いったい、誰を、何のために、大切にしたいのですか?

 

ここに、きちんと立ち返ることから、です。

 

相手云々よりまずは自分。

 

答えは自分しか知りませんから。

 

 

☆3月26日(日)東京にて 

3月福岡・岡山にて 女医とも子の「大人Labo」 

〜人生を実験しよう〜開催します。東京は20席満席。

福岡満席、岡山満席です。

 

今後もセミナー、イベントのご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが不快な方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

 

   ************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡