女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

お金の使い方と健康について

「お金がない、ない」と言っている人にはある特徴がある、と思いました。 集合住宅のゴミ出し場を眺めていると感じることがあります。 お金の使い方は 生き方そのものです。 そして、お金をどう使うのか?はそのまま、健康にも直結しているな、と私は考えて…

あらゆる健康法について騙されないこと

大事なことは、様々な健康法をあれこれ試して自分に合うものを探し求めて迷子になり結局疲れ果てて倒れることではありません。 大事なことは、「自分はこうなりたいのだ」「自分はこれで今より健康になるのだ」と意図を持つことそして、それを信じてその気に…

新しい環境にうまく慣れる方法

「先生〜、異動になったらなんかうまくいかなくなっちゃって...」 元々優秀な人でも、異動などで環境の変化があると急に「デキナイ人」になってしまったような気がして焦るものです。 けれども、それはきっと早く何かになろうとし過ぎなだけだ、と思います。…

上に立たれると困る人

人の上に立つことが目的な人と自然にリーダーになっていた人とでは その差は歴然としています。 上に立つことが目的な人はそもそも、自分には欠けているものが多すぎてそれを上に立つことで消そう、としているので いつも怯えているしいつもここから引き摺り…

自分の人生なんだから人生は有限なのだから あまりにこればかりを考えていると少しばかり疲れてくるのも当然だ、と思います。 私自身、結婚した時に「ああ、これで私は自分の表舞台から降りることができる」とホットしたのが本当の気持ちでした。 いつまで私…

我慢するのはいいけれど。

comuron001.com 今日はとにかく、読んでみてもらいたい記事です。 我慢することがいい、とか悪い、とかではなく他人に、周りに期待し、依存して未来に何かを獲得してやろう、と今に目をつむって耐えていてもろくなことにはなりません。 自分自身のことですら…

不安はどこからやってくるか?

この前、心やカラダが揺れるのが自然であり揺れない心やカラダを求めるすぎた結果病気になる、ということを書きました。 さて、今日は揺れる心の中でも「なんか窮屈だな」と感じることが一日のうちでも多いな、と思ってらっしゃる方に向けて 窮屈さから抜け…

「ずるい!」って言っててもしょうがない

食事の時間はとても大事にしています。食卓での会話はなるべく穏やかに楽しくしたいものです。 が、今日はそういう風にいきませんでした。 娘の「ずるい!」の一言からそれは始まりました。 「ずるい!」っていう言葉が私はきらいです。 「ずるい!」って人…

心も体も揺れ動く

自分の心や体に変化がちょっとでもあると不安になる人がいます。 考えてみてください。 もしも、心の体も常に一定だったらどうですか? 今以上に、欲張ってあれこれ手に入れようと無理をして、満足をいつまでもせず 結局、心や体がぶっ壊れるまで気がつかな…

自信はあってもなくてもいい

自信がたっぷりある人が魅力的なのでしょうか?自信がある人の後ろについて歩くことが、安心ですか? 私には、自信が全くありません。いろんな努力を積み重ねてもいつまでたっても自信がつくことはありません。 その自信とは、他人に言えるような自信のこと…

動悸がする!と怯える前に

外来で患者さんに「最近、すごいストレスはないですか?」「常に頭の中から離れない心配事がないですか?」 このような質問をしてもキョトンとなってしまい「この先生、何聞いてんの?症状と関係ないでしょ」っていう感じの方が多いです。 関係あるから、聞…

困った人のそばにいたがる人

前回は、幸せになる生き方について書きました。 どんどん楽になる生き方〜保存版 | 女医とも子の本当の健康生活 今回は、絶対幸せにならない生き方について書きました。 comuron001.com 比較して、読んでみるとその差の大きさに気がつくはずです。 それに気…

楽になる生き方

今、辛いとしたら役割を完璧に演じてこその自分である、そういう生き方をしているから、なのかもしれません。 もっと楽な生き方がここにあります。 comuron001.com 現在更新中のブログはこちらです。 comuron001.com 新しいメルマガはこちらから登録できます…

子供の勉強ビジネス

子供にあの手この手で勉強させるためのビジネスって、どんどん増えてるのですね。 それを使って子供にうまく勉強させたつもりで嬉しそうに満足してる親の笑顔。 誰のためにやってるのでしょう。子供のためにやっているつもり、だからお金もたくさんかけて、…

どうしても人を動かしたい時

例えば、入院を絶対したくない患者さんで命の危険がある場合やはり、説得して入院してもらわなければならないことがあります。 その時に私が気をつけていることは状況と、入院が必要な理由を患者さんや家族にわかるような言葉で説明しその上で「私は入院が必…

答え合わせは自分でする

どんなに良い本、良い文献、素晴らしい情報、お話会、etc.何を外部から得たとしても 自分の日常でそれを試し、照らし合わせ自分が利用できる、活用できるものにしなければ お腹いっぱい、胸いっぱい、 頭いっぱい、あっぷあっぷ、なんか私には合わないみたい…

不平不満はより良くなるためのチャンス

不平不満がある時に「自分がいかに不平不満な状態なのか?」についてのプレゼンばかりがうまくなればなるほど その不平不満な状態から抜け出すことは難しくなっていくでしょう。 自分としては、プレゼンして定期的にガス抜きしてれば気が済んでしまうからで…

無理なポジティブ思考

私もずっと若い時はポジティブ、ポジティブで難しいことを考えなくてもバリバリと、壁をなぎ倒す勢いでそれは、それは、猛進してまいりました。w けれども、ある程度の年齢になるとただ、単にポジティブ思考だけをしていてもどうも、空回りするようになって…

自分が毒親だ、と気がついた時。

自分が毒親だった、と気がついた時どうしたら良いのでしょうか? 毒親の毒の本質を知っていますか? 人は生きていくのに必要なことがあります。 「私は私のままで、ここにいてもいいのだ」という自己信頼です。 毒親は、それを与えません。 毒親が毒親である…

女医の健康法〜激ツボール

健康を維持している人としょっちゅう体調を崩す人の違いは簡単です。 その都度体をメンテナンスしているかどうか?日々、体のメンテナンスが日常に組み込まれているか? それだけです。何かしてるか?何もしてないか?その違いだけです。 シリーズ第一弾では…

魂ってなんだろう

「自分で自分をみとめる、受け入れるのにも、何かを得ないと、とか思ってしまいます。葛藤中です」このお便りについて一生懸命返信をしてみました。 医者は科学者である。本当かどうか、わかりません。生死や慢性の症状にたずさわる時、科学だけでは乗り越え…

自分の中でしょうもないところを見た時にそれを隠そうとするのか?誤魔化そうとするのか? あるいは、まあしょうがないわね〜と良い意味で諦めをつけるのか? 完璧な人なんていませんし完璧である必要もありません。 苦しい時は孤独も大事です。なんでもすぐ…

家族の歪んだ風景

家族によって、自分によって間違えたレッテルを貼られた結果自分に対するイメージが固定化されそれにより、症状が固定化され増悪して行ってしまうケースがあります。 今日は、間違えて貼られたレッテルを剥がしてあげることが症状を改善する時には必要なケー…

引き寄せの法則のほんとう

引き寄せの法則は流行っていますね。 人が「引き寄せた〜!」というエピソードを読んでいると 当たり前のことを「引き寄せた〜!」と言ったり 偶然起こっただけのことを「引き寄せた〜!」と言ったりして 本当はもっと深いところで起こっている 引き寄せの法…

上手に物事を継続する方法

何を始めても、何をしてても継続することが難しい人がいます。今日はどうしたら物事を継続して気持ちよく続けることができ 自分も周りの人もそれによって良い思いができるようになるのか?について書いていこうと思います。 物事を継続するコツは①飽きっぽい…

女医的 生理のたびに生まれ変わる方法

頑張りすぎで、日々を追われるように送りまだ足らない、もっと頑張らなきゃ、と心身ともに無理をしすぎな女性が病院にも多くやってきます。 頑張りすぎの女性はいつ、休んだらいいのか?わかりませんし休むこと自体に、罪悪感を持っています。 そういう方こ…

自己啓発との付き合い方

人間は生きてれば向上心を持つのが自然なことだ、と思います。今よりいろんなこと、が良くなりたい、と願うのが自然な欲求だと思うのです。 が、その向上心が行き過ぎると体に無理をさせたり、心をすり減らしたり有害になることがあるのではないでしょうか?…

自分らしさはどうしたら見つかるのか?

あけましておめでとうございます。昨年は、たくさんの方々にブログをお読みいただいたおかげで 出版社の方の目にも留まるきっかけとなり本を出版する、という一つの夢が叶うことになりました。どうもありがとうございました。 さて、今年最初の記事は「今年…

保存版 女医的健やかな5つの食事法

今年もたくさんの記事をお読みくださりありがとうございました。 感謝の気持ちを込めてこれからも皆様がより、元気で楽しく自分らしく過ごせるためのシンプルで継続可能な食事法をまとめました。 来年もどうぞよろしくお願いいたします。 本の応援も、どうぞ…

逃げるが勝ちなこともある。

comuron001.com 大人なんだから、嫌なことを辛抱我慢してやり続けるんだよ。そうしてさえいたら、あとで必ずいいことがあるよ。 ほら、たまには自分にご褒美でもあげてさ、また、嫌なことを我慢してでも頑張ってやろうよ。 童話でもなんでもなく私たちは小さ…