女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

自分そだて。

自分が放つ雰囲気をチェックする

朝はいつも、私も子ども達も勉強をしています。 大体、5時過ぎに起きて、7時頃までやることをやっています。 そんな中、後から起きてきた娘が きっと、「起きるのが遅くなって、宿題間に合わない」と 焦りもあるのでしょう。 ぷりぷりと、「邪魔!」と、兄…

勉強ってなんですか?

勉強を教える立場の方から、このようなお便りをいただきました。 ちょっと長いですが、お読みください。 「嫌なことから逃げる」という記事を読み、 日頃悩んでいることがあったので書かせてください。 私は今、中学生対象に家庭教師をしています。 私自身は…

車の運転から見えてくること。

出勤に自家用車を使っています。 朝、夕方は、特に気をつけないと危ない。 車の運転には、その人の人柄がモロ、出ています。 危ない車、近づきたくない車、 すぐにわかるから、私は車間距離をかなりとります。 自分が焦っているのも、車の運転をすると すぐ…

嫌なことからは逃げてもいい?

メルマガで、「逃げるが勝ち」という音声を 読者限定で配信しました。 その「逃げるが勝ち」の音声では 「嫌なことをムリしてやる必要ない」なんて 言っています。 そんな音声を配信したところ、子育て中のお母さんから このようなお便りをいただきました。 …

「自分のことがわからない?」本当はどうなの?

今日は人とたくさん話をしてきたので、 メモがわりに思ったことを書かせてもらいました。 いくらブログ読んでもメルマガ読んでも、 それを真似しようとしてもムダです。 他人の書いていること、しゃべっていること、を 真似しようとしても、できるはずがない…

それが起こるのには意味がある。

何度も繰り返し同じ症状が出たり 何度も同じように人にイライラして言い過ぎたり。 これは同じ理由から、だと考えています。 自分を優先できなかった。 私は、自動的に常に他人優先でした。 子どもの頃からたぶんそうで 気がついた頃から「お先にどうぞ、ど…

人の指摘をどう受け取るか?

ブログにFacebook、メルマガで発信をしていて いろんな方からご意見をいただきます。 反応があること、はとても嬉しいですね。無関心はつまらないですね。 でも、どうでしょうか? 皆さんは、他人から何かしらの指摘を受けたときに どうしますか? 「わ、言…

原因不明の蕁麻疹

病院で一緒に働くスタッフ。 もう、勤めて数ヶ月が経ち、 スタッフ達にも馴染んできたつもりです。w その中の一人が蕁麻疹に繰り返しかかる、と 診察にやってきました。 蕁麻疹はアレルギー反応で起こる場合もあるのですが 彼女の場合は 「コリン作動性蕁麻…

自信には2種類ある

自信には2つの種類があります。 根拠のない自信。 根拠のある自信。 根拠のある自信というのは たとえば、自分は医者であるから自信がある。 私は他人より、○○な面で秀でているから自信がある。 私は、お金持ちの旦那がいるから自信がある。 のように、他人…

どうやって生きづらさ、から脱出したのですか?

メルマガでは私の自己紹介レポートを 最初にお配りしています。 その中には、私が生きづらかった時期が長かったこと、も そのまま、書いてあります。 なので、 今現在、生きづらさを抱えてらっしゃる方から 「どうやって、そこから脱出したのですか?」とい…

我慢のしどころってどこ?

私はいつも 心と身体がつながっているので ムリをしないように、という 発信を多くしています。 その中でも やはり、「じゃあ、何もしなくていいのか?」みたいなことも 出てきますね。 何もしなくても 自分でそれでいい、と信頼できてれば 何もしなくても、…

治る、変わるは、忘れた頃に。

この病院にきてからはや、半年以上が経ちました。 経過をみさせてもらっている患者さんも ちらほら、増えてきました。 そんな中で、今日は特徴的なお話があったので シェアします。 70代の女性で いわゆる、水毒によるめまい、膝の痛み、腰の痛み 自律神経…

学ぶ理由。

どうして知識を得るために 学ぶことが大切か?という理由を 考えてみました。 例えば、子どもが何かしたい、と言ったとき 「そんなの危ないから、やめときなさい」 「そんなことして、何かいいことあるの?」 みたいなことを、口走っていませんか? 例えば、…

何をもって自分をダメだと思っていますか?

あるお便りをまとめました。 本当は我慢や忍耐ができるわたしですが、 実際にはあえて何もできないフリをしています。 なので、職場でもいじられキャラです。 時に、本音で相手に言い返してしまったときに ものすごい後悔の念と、罪悪感にみまわれます。 も…

人は変わる。

「あの先生、どうしてるかな」と 今朝、トイレで思ったのです。 ひどいねずみ色の肌で、 慢性頭痛を抱えていた怒りでいっぱいの 高校の先生。 よくなっているのなら、いいのだけどな...。 comuron47.hatenablog.com そうしたら、今日、いらっしゃったのです…

「違和感を感じるちから」が弱っているひと達。

仕事をしていても、 子ども達の行事に参加していても、 メルマガの返信を読んでいても、 思うのは 「違和感を感じるちから」が弱っているのだな、 ということです。 たとえば、病院にいて 「この患者さんは、何かがおかしいぞ」というのは 患者さんをひと目…

「何もしない」ってどうやるの?

自分を大事にする 自分の声を聴く 自分が好きなことをする そのために何もしない時間を 持ちましょう。 こういうことを書いていると 「何もしない」ということを 間違って解釈してしまう方もいます。 自分の声を聞こうとしてるのに 聞こえない、わからない、…

正しいケンカの仕方。

パートナー、家族、友達、あるいは、会議。 「また、ケンカしちゃってさ~。」ということが あります。 いわゆる「ケンカ」というと、 お互い感情的に、 一方的に好き勝手なことを言い合って、 どちらかが折れるまでやり合って、 どちらかが降参したらそこで…

「自分を変える」の意味。

自分を変えたいのに、変えられない。 片付けたいのに、片付けられない。 この2つの悩みは通ずるものがあるでしょうか? 今日は、メルマガ読者の方からいただいた このようなお便りについて、 私の視点で読み解いてみようと思います。 わたしは十代の頃から…

激しく叱責されてしまう理由。

仕事に関して、すごく真面目にがんばり、 自分ができることはやっているのに、 職場で激しく叱責されたり、 年下の同僚にいやがらせを受けたり。 心が折れそうになっている。 自分としては、とても理不尽な思いをしている。 職場を変えても、また、同じよう…

失ってみたらいいと思う。

【閲覧注意】 読むひとによっては、 イラっとする今日の記事。 でも、とても大切なことを書いています。 人が大きく動くためには、 大荷物を抱えては 動くことができないようです。 マイホーム。 家族。 仕事。 地域とのつながりetc. そういう大きなものを失…

バカにしてやらないところに、宝あり。

健診をしていると、 ほんと、覇気がある人がいません。 無表情。か細い声。悪い姿勢。 とにかく、疲れているのです。 今日も、女性から質問がきました。 「めまいや火照りがあるのですが、どこか悪いですか?」と。 先日、私はこの投稿で いかに、睡眠と生活…

ダイエットが失敗する理由。

スタイルが良くなりたい。 モテたい。 おしゃれをしたい。 かっこ良くなりたい。 綺麗になりたい。 しあわせになりたい。 愛し愛されたい。 自分らしく生きたい。 こういうの、 何かの集客などのページでも よく見かける” ひとの欲 "ですよね。 でも、 「そ…

人の前に立つひとの心構え。

仕事で「先生」と呼ばれています。 国家試験に合格したら いきなり「先生」になりました。 同級生の中には 「先生だ!当然だろ」と意気揚々としてた 仲間もいましたが わたしは 何もまだできないくせに 何が先生だ!と、その責任の重さに 圧し潰されそうでし…

準備が整うことは ありません。

何か始めるときに、 「準備が整ったらやってみます」と 言う人がいます。 準備はいつになったら 整いますか? 準備ってどれですか? 完璧な準備がありますか? 患者さんが病院から退院するときにも、 「まだ、完全に治ってないので 心配だから、ここに置いて…

貧乏くじばかり引いてきたから、って。

慢性疲労の男性は、 二週間たって、 少し笑いながら診察室にやってきた。 顔色よし、 表情よし、 肩のちからもいくぶん、抜けている。 この男性だ。 comuron47.hatenablog.com 下にも貼っておくから、よかったら。 「外を歩くようになったら、 いろいろなこ…

チャンスは一度だけ。

「またの機会に」っていうのが 口癖のひとがいます。 当たり障りのない社交辞令だな、って 私は思います。 「またの機会がある」と思っているのも なんだかね。 大げさでも何でもなく、 人は生きてる限り 死が100%控えていて、 その死がいつくるか?は 自分…

あの時ああしてたら、は辞めよう。

あのとき、あっちを選んでいたのなら、 今の自分はもっとうまくいっていたはず。 それに比べて、 今の自分はどうだ。 こんなはずじゃなかった。 でも、仕方がない。 あのとき、あっちを選んでしまったのだから。 そう言い続けて、 何もしないで 文句やグチを…

まだ知らない、ということに気がつくこと。

外来に、 もう20年近くアトピー性皮膚炎で悩む女性が やってきました。 皮膚科で強いステロイドをもらって塗っていたけど、 長期間になってしまったので、 休薬するように言われ、 やめたらひどくなってしまった。 それで、皮膚が炎症で浮腫み、 身体の中…

容量オーバーする理由。

テレビのタレントをみていても、 職場をみていても、 ママ友たちをみていても、 「いっぱい いっぱい だから、 何も頼まないでね、わたしに!」っていう オーラをまき散らしているひとがいます。 一生懸命やってるのに、 だからこそ、 いつも両手でできる以…

過去の傷を癒す方法。

癒されたいと よく見ますし、 気持ちもわかります。 癒されたいのは 今のことではなくて、 昔のことですね。 今のことだったら その場でどうにかしようと思えばできます。 でも、 過去のことは どうやっても過去に戻れないし、 どうしようもないもの。 わか…

どのような心持ちで学ぼうか?

向上心旺盛な知り合いと話していたときに、 思ったことです。 向上心があるのはすばらしいこと。 「もっと知りたい」 「もっとやりたい」 こういうことが自然に思えるのは すばらしいです。 ここで、一つの落とし穴があります。 向上心が 「私はまだ、ダメ」…

不完全でも歩きはじめよう。

子ども達は 何かを製作するのが大好きです。 家にあるダンボールを切ったり ビーズで飾りをつけたり マジックで絵を描いたりして。 「できた〜〜〜〜!!」と 興奮して見せてくれます。 その出来上がり具合をみて思ったことがありました。 「こんな感じでも…

自分を整える練習法 3つ。

新年度が始まり、 環境の変化があった方もいらっしゃるでしょう。 新しい環境、 新しい人間関係は、 慣れるまでに時間がいりますね。 慣れてしまえばどうってことないことも、 不慣れなうちは 疲れるものでもあります。 スキーでも整地していない斜面を滑る…

今、やる。

生きていると、 変わらないほうが本当は難しいのです。 でも、 わたしたちは 必死に、いま、この現状を維持しようとして、 がんばっています。 自分も、自分以外も変わっていないようにみえているだけで、 同じ、そのまんま、ということは ないのです。 その…

オールマイティーを目指すな。

きちんと、ちゃんと、と 言われて育ってきたひとは、 大人になっても、 「自分に足らないところはないか?」を 常に探しています。 そして、 「ほら、まだ私ってこれができてない、ダメだ」と、 そのできていないことを、 努力してできるようになろうとする…

自分らしさ、とは仕事だけではない。

こうして、ブログやFacebookで発信を続けていますと、 メッセンジャーなどで相談をいただくことがありますが、 わたしはそれらの質問に応えることは できません。 お目にかかったことがないのに、 短いメッセージからそのひとのこと、 そのひとの生きてきた…

頑張っているのかどうか?は自分が決めればいい。

「わたしが、こんなに頑張っているのに、 誰もわかってくれない」 「誰も、わたしに、頑張っているから 少しは休んだら」と言ってくれない。 こういうのは、 根っこが違うと思うのです。 子育てでも、仕事でも、スポーツでも、 「行動すること」に関しては、…

自分だけの、生きる理由。

新芽が少しずつ、もう、 芽吹いてきましたね。 通勤途中でも、そんな自然の様子をながめていると、 「あ〜、自然はまったく正しいな。」と 感じるのです。 生きていく中で、 「自分だけの、生きる理由」というのは、 生まれてきたひとには、 誰にでもあるは…

自分で問いを立てられることの重要性。

私は、子どもたちに 「ドリルを繰り返しやるのではなく、 自分で問いを立てなさい」と 常に言っています。 答えがすでにある問題を いくら解いたとしても、 解き方がすでにわかっていたら それはもう、繰り返し学ぶことに そんなに意味があるのかどうか、 わ…

こころの治療??

77歳男性が外来にやってきました。 「どうも、気持ちが沈んだ時に、ふらふらするので、 治療をしてください」と。 話をうかがうと、 数ヶ月前から、他のクリニックで同じ症状を訴え、 「抗不安薬」という類いの薬を処方され、 自分で「今日は調子わるいな…

親子は一番 " 分かり合えない " と思っていたほうが良い理由。

親子なんだから、 分かり合えているはずだ、というおごりがあるから、 いろんなことを、余計にわかりずらくさせ、 お互いに、本音も言えずじまい、 そういうことがあるのだと 私は、今日、思いました。 生んでもらってもうじき42年たち、 42年、常に一緒…

相手を自分で懲らしめる必要は、ないのです。

人間関係において、 「私を傷つけた、あのひとを、 どうにかして、分からせてやる」 「思い知らせてやる」 「懲らしめてやれ」 こういうのは、 良くないのです。 ほんとうに。 どうしてか、わかりますか? 人を操作することなんてできない。 いくら、 あるひ…

片親の不安について、想うこと。

昨日、久しぶりにiPhotoで 2年くらい前からの写真をぼーっと眺めていました。 写真っていうのは 正直ですね。 そのときのすべてを、切り取ってました。 わたしは、 相当悩んでいましたよ。 そりゃあ、そうです。 「子どもから父親を取り上げる」って それは…

「これからどうする?」についてを語らおう。

生きていれば、 それはそれは、いろんなことが起こります。 予測はつきません。 操縦はできないこともたくさんあります。 ですが、 私たちは、自分の生き方を選ぶことはできるのです。 毎度、毎瞬、 その選択権が与えられています。 そのときに、 どれを選ん…

先に信じること。

人間関係において 大切なことは 先にこちらから相手を信じることです。 親子、夫婦、友人、職場のひとたち。 すべての人に対して こちらから先に信じること。 たとえば、子どもは小さなウソをたくさんつきますね。 それについて いちいち言い直させたり、 「…

問題探しは、もうやめよう。

大人になるあいだに、 いつの間にか、多くのひとは 「問題がないか?」 「不安はないか?」 「不備はないか?」と 身の回りを常に確認し、 それらを見つけて、落ち込んだり、 嘆いたり、 あるいはそれをどうにかするべく、がんばること。 そして、一つ問題が…

自由度を増す生き方。

自由っていうのは、 何でもいつでも 自分の好きにできること、ではないと思うのです。 いろんな自由があるのだろうけど、 わたしが思ったのは、 それまでの自分の " 経験の糸調子 " を合わせて、 うまく日々を縫っていくことなんじゃないかな?ということで…

めまい、耳鳴りに悩む中年女性

外来にやってきて、耳鳴りとめまいで悩む方が 結構いらっしゃいます。 ほぼ中年女性です。 わたしが思うに、 ひとの性格は歳とともに、その輪郭がよりはっきりとしてきます。 若いうちのほうが 自分のその性格のせいで、自分や周りが困っていることに気がつ…

” 相手に押し付けないこと " の重要性。自然をみよう。

最近また、よく山を、森を歩いています。 すると、いろんなことに気がつきます。 「山は、君はこうあるべきだよとか、 言わないな〜」とか。 自然から学ぶことは、ものすごくたくさんあります。 自然は、天気に文句もいわなければ、 枯れたり、葉が落ちるこ…