読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

身軽に生きよう

もったいな過ぎること。

もったいないのは相手の反応が思うようでないから、といって 自分の気持ちまで、ゲンナリさせてしまうことです。 「相手が思うように反応してくれないから」といって 今、自分が感じていること、までダメだししたり それをなかったことにしたり 「大したこと…

ハマることを怖がるひと。

ブログ更新を数日できませんでしたが、 私は、日々の生活の中で優先順位を付けることを とてもハッキリとしています。 今、取り組んでいることが、2つほどあって それにのめり込んでいます。 一つ、または二つものめり込めば、他のことは後回しにすることに…

長生きするために生きていますか?

ありとあらゆる情報が、散乱しています。 それらは、「経済活動」につなげる目的で 書かれているものも、多いです。 たとえば、「健康番組」「健康雑誌」「健康になるための本」 これらは、人をできるだけ細かいパーツにわけて、 やれあれが、身体にいい、や…

人生ゲームのルールは誰が決めている?

夕ごはんの時に9歳の娘がこう、聞きました。 「なんで、人は生きてるの?」 私は、こう答えました。 「みんな、本当は全部、完璧にできるんだよ。 だけど、わざとそれができてたことを忘れて もう一回、それができるかどうか?試したり いろんなことを体験…

他人からみた成功と、自分の満足度の相違。

「成功したい」 「うまくやりたい」 「キラキラと輝きたい」 こういうことを求めて、私も二年ほど前に 船出をしたのでした。 FacebookなどのSNS上では、 見るからに成功した!モテた!うまくいった!キラキラしてる!輝いてる! そいうのを求めて、実際にそ…

それでも他人のことが羨ましいのなら。

他人と自分を比較することに私は、何の意味もないどころか それによって自分を卑下してしまうのなら まったく害でしかないな、と思っています。 そういう私は、まったく他人と自分を比較しないのか?というと どうなのでしょう? 過去には、それは、いろいろ…

どうしたらいいか分からない理由。

「わたし、もう、どうしたらいいのか わかりません」 こういうお便りがきたら、いったい何と答えたらいいのでしょう。 「いつまでこれが続くんでしょうか?」 他人に聞くのは、自分の人生をまったく 操縦してないし、いったいから。 誰に運転を任せているの…

持久力と瞬発力を発揮するためには。

今日は、どうして私は なるべく予定を詰め込まないように なるべく何もしない時間を配備しているのか? 人との関わりについても、無理をしないのか? その理由を書いてみます。 日々の暮らしの中で、持久力と瞬発力が必要とされます。 持久力を発揮する場面…

なかなか決断ができないひとへ。

決断するのに、とても時間がかかってしまい、 ぎりぎりになるまで、決めることができないので教えてください。 こんなお便りをいただきました。 疑問が湧いたので、質問させてください。『一つ一つ、目の前のことに集中して取り組む』なるほど、と思いました…

物差しを伸ばしてみよう。

私たちは、生まれてから育つあいだに いろんな価値観を身につけます。 どんな価値観を身につけているか?で その人らしさ、も生まれるのでしょう。 価値観=物差し について、今日は書いてみます。 価値観を変えたら、もっと楽になる、と 私も書くことがある…

穏やかに暮らすために必要なのは。

メルマガでお配りしたこのPDFについて このようなお便りをいただきました。 「穏やかなこころで暮らす。」 http://comuron001.xsrv.jp/Mild%20heart.pdf 心穏やかに暮らすのは本当に大切だと思います。 朋子先生が心を穏やかにコントロールする方法は (具体…

運命がある、と思っていますか?

「私の未来は、もしかしたら もっとキラキラしたものになるかもしれない」 この文章を読んだとき、違和感を感じるひとと、 感じないひとがいると思います。 何の差なのか?というと、それは 「私は、こういう星のもとに生まれたのだから 仕方ないよね」と 自…

「早く元通りにならないと、と思って」が違うと思う。

慢性的な重たい病気に罹ったり 怪我をして身体を痛めてしまった患者さん。 他にも、トラブルがあってうまくいかなくなってしまった 人間関係の悩みを抱えるひと。 そして、日々歳をとっている私たち。 多くのひとが 「早く、元通りにならないといけない、っ…

起こる出来事についての解釈。

生きていると、いろんなことが起こります。 それに対して、「どう解釈をするのか?」が その人らしさ、であり、 その人の「その後の人生の道しるべ」にもなると 思っています。 メルマガで配信しているPDFの一つをここで シェアします。 「神様のテスト」 ht…

何をしても中途半端になる?

わたしはわたしの未来の姿が思い描けません。 今はなんでも選びとれます。 だけど本当は何がしたいのかわからず、 興味のあることをいろいろやるのですが 全てが中途半端になってしまっています。 そう言うと友達には「真剣に考えてないんじゃないの?」と …

長引く喘息はどこからくる?

ある女性からいただいたお便りからは、 とても真面目にがんばっているのに 苦しみから抜け出せない辛さが溢れており、 自分なりに努力をしている方向性が 逆効果になりかねなかったので 返信をしました。 少し長いお便りですが、書き手の方が一生懸命 ご自身…

「自分の思い通りにならない」その理由。

メルマガで配信したこのPDF 「神様からのテスト」に対してお便りをいただきました。 今の私にも神様がテストを与えているのでしょうね。年齢的なものもあり(更年期)信じられないくらい 色んな体調の不良が次々と起こります。 1つ治ると次、それが治ると次と…

私の死生観。

生きることは、死ぬこと。 生きるとは? 何かしら自分にとっての課題を解くための人生の学校に やってきてるのだと思います。 クラスメイトは、まず家族。 それ以外にも、切っても切れない関係の人たち。 人生で深く関わるひと、というのは数えてみると そん…

メンタルの波に乗って過ごす。

女性は生理があります。 生理のときは、生理前からメンタルはどうなりますか? comuron47.hatenablog.com この記事にも書きましたが、 生理の前からメンタルは通常と違って イライラしたり、悲しくなりやすかったり、やたら眠かったり いろいろ、ありますね…

どっちを選ぶ?あっち選んでたら?

生きていると どちらを選ぶか?の岐路が 毎瞬、毎瞬、目の前にあります。 「朝ごはん、何たべよう?」 「服、何着よう?」 「友達から誘われてるけど、行こうかどうしようか?」 「就職、どの会社にしよう?」 「病気の治療、どっちを選ぼう?」 「どっちの…

お金の不安をどうしたか?

自分でお金を稼ぐようになるまで 私は両親のおかげでお金の心配をする必要が ありませんでした。 ありがたいことだと、心から思っています。 一方で、今度は自分が医者になり 「お金を稼ぐ」ようになりました。 嬉しい反面、いったい、どうしていったらいい…

失ってみたらいいと思う。

【閲覧注意】 読むひとによっては、 イラっとする今日の記事。 でも、とても大切なことを書いています。 人が大きく動くためには、 大荷物を抱えては 動くことができないようです。 マイホーム。 家族。 仕事。 地域とのつながりetc. そういう大きなものを失…

「はざま」を生きる

Facebookなどで私は自撮り写真を かなり多く載せています。 「笑顔が素敵です」とコメントを下さる方もいらして、 ありがたいな、と思いながら 「さて、私はいつから、こんな笑顔ができるようになったのかな?」と 振り返ってみました。 子どもの頃から私は…

女医的 ”気” を上手く使った生き方。

毎朝、家族や、パートナーに 「行ってらっしゃい」を言いますか? 朝の忙しい時間なので、言ったかどうか?も 忘れてる程度に何となく言ってませんか? あるいは、まったく挨拶もない家族だと 行ってらっしゃいも、言いませんね。w 人が言葉を発するときに …

お金について思うこと。

人は価値観によって縛られています。 現代ではお金という価値に縛り付けられてる人が たくさんいます。 それは、稼ぎの多少によらずに、です。 今日は私がお金についてどう考えて どのように付き合っているのか?について 書いてみようと思います。 医者=金…

わたしには、リフレッシュはいらない。

いつからかな〜。 わたしには、 「リフレッシュせずにはいられない!」 という爆発寸前のような こころの状態が なくなった。 もちろん、 それ以前は、あったあった! もう、 定期的にリフレッシュ、 定期的に家から出掛けて 好きなことをする。 そうしない…

わたしが思う自由。

自由っていうと、 何を思い浮かべますか? いろんなことを考えたり、 経験してみて、 わたしは一つ、 こんなことなんじゃないかな?という風に 思うことがあったので 書いてみますね。 自由とは。 何の制限もないのが自由だとは 思いません。 何の制限もなく…

その慢性疲労は、漏電。

若いのに、 いつも疲れていて、 寝ても疲れがとれなくて、 また、その身体を引きずるように 一日を過ごしているひとが たくさんいます。 80歳のおばあちゃん、おじいちゃんではなくて、 30代、40代の若いひとです。 朝起きてから、夜、寝るまでが ずう…

プランしない。急がない。

新年度がはじまり、 あれこれと、目標を立てたり、 これをしよう、あれをしようと、 プランをしているかもしれません。 ひとはゴールやプランがないと、 生きていけないものなのでしょうか。 そういうわたしも、 大学受験からはじまり、 常に、何かの目標を…

トキめけ!大人!!

新年度ですね! どうしますか、この四月から。 どうやって、過ごしていきましょうか。 新しい環境で張り切っているひと。 新しく、職場に新人さんが入ってくるひと。 子どもが新年度、進級や、入学するひと。 仕事を始めるひと。 たくさん、ですね。 生きる…

相手を自分で懲らしめる必要は、ないのです。

人間関係において、 「私を傷つけた、あのひとを、 どうにかして、分からせてやる」 「思い知らせてやる」 「懲らしめてやれ」 こういうのは、 良くないのです。 ほんとうに。 どうしてか、わかりますか? 人を操作することなんてできない。 いくら、 あるひ…

” あのときのこと " をいつまで 教訓にして?

あのときのこと、 もう、あのようなことが起こらないように それを教訓として生きなければならない。 そうやって重荷を背負ったまま、 息も絶え絶え、 あるいは、 常にイライラしたり、 急に悲しくなったり。 そういう生き方をしていても まったく楽しくなり…

「これからどうする?」についてを語らおう。

生きていれば、 それはそれは、いろんなことが起こります。 予測はつきません。 操縦はできないこともたくさんあります。 ですが、 私たちは、自分の生き方を選ぶことはできるのです。 毎度、毎瞬、 その選択権が与えられています。 そのときに、 どれを選ん…

「はやく!!」って何を?

病院には同い年ほどの女性陣スタッフが たくさんいます。 合間時間に結構、子どものことなんかも 相談うけるようになりました。 フルタイムで働く彼女たちは 仕事あがってからの夕方から夜にかけて、 そして、起床してから出勤するまでは それこそ、綱渡りの…

頑張りの十二単。

24歳のかわいらしい女性が めまいと肩こりで外来にやってきました。 座るそばから、 なぜ肩こり、頭痛、めまいがするのか、 大体わかります。 だって、 「呼吸してない」のだから。 してるけど、わからないほどに、 浅い呼吸です。 で、肩をすぼめて 申し…

問題探しは、もうやめよう。

大人になるあいだに、 いつの間にか、多くのひとは 「問題がないか?」 「不安はないか?」 「不備はないか?」と 身の回りを常に確認し、 それらを見つけて、落ち込んだり、 嘆いたり、 あるいはそれをどうにかするべく、がんばること。 そして、一つ問題が…

自由度を増す生き方。

自由っていうのは、 何でもいつでも 自分の好きにできること、ではないと思うのです。 いろんな自由があるのだろうけど、 わたしが思ったのは、 それまでの自分の " 経験の糸調子 " を合わせて、 うまく日々を縫っていくことなんじゃないかな?ということで…

月経前緊張症候群▶︎月経前 眠り姫症候群 に改名しよう。

女性には、女性のリズムがあります。 卵胞ホルモンと、黄体ホルモンが月の満ち引きのように 身体を調節してくれています。 その増減、満ち引きによって、 生理前になると、 脳内の神経伝達物質とのやりとりも関わり、 「月経前緊張症候群」といって 様々な不…

” 相手に押し付けないこと " の重要性。自然をみよう。

最近また、よく山を、森を歩いています。 すると、いろんなことに気がつきます。 「山は、君はこうあるべきだよとか、 言わないな〜」とか。 自然から学ぶことは、ものすごくたくさんあります。 自然は、天気に文句もいわなければ、 枯れたり、葉が落ちるこ…

問題を問題化するじぶんが、問題!

「あ〜あ、またやっちゃったよ。」 日々暮らして、仕事をしたりしていると、 いろんな問題が目の前にやってきます。 問題というのは、 予期せぬところからくるので、 「問題がまた勃発した!!」と胸騒ぎがするものですね。 それを「問題だ」って思うから な…

自分の子ども時代の役割りを思い出してみて。

今日は、セッションをしてきました。 同い年くらいの女性のクライアントさんです。 真面目にコツコツと頑張り抜いてきた かわいい女性です。 でも、最初に出会ったときには、 顔はこわばり、小さな声で話すひとでした。 物心ついたときから、 勉強で良い成績…

” 弱み " を消すな。

” 弱みのない完璧なひと " なんて この世にいません。 「あのひとって完璧だよね!」と憧れの人がいる方。 それは、憧れという恋で、盲目になっているだけ。 憧れられてるひとだって インチキ自己肯定をしていて、 辛いかもしれませんよ。 ひとは、みんな 「…

楽観主義がいい。

「楽観主義」と「悲観主義」。 この差はなんとなく、わかります。 「世の中、もう、誰もわかってくれないんだから、 もう、いいや。自分なんて。」と 状況に対して、 何かをする勇気を持たずに、 何ともならないと諦めて、 何もしないのが悲観主義。 楽天主…

「ほんと、ダメだよね」と言われて、傷つくひとへ。

他人に「ほんと、そういうところダメだよね」と言われたら、 傷つきますか? 「バカ」「ブス」「デブ」「役立たず」など、 人をけなす言葉はいろいろあります。 「母親のくせに、子どもの世話を後回しにして。」と 誰かに言われることに、 わたしは過剰に、…

たのしい仲間の作り方。

「この人と仲良くなっておけば」 「この人から嫌われないように」 このような感じでひと付き合いしていると、 本当に困ったときに話せるひとがいかったり、 何より、くたびれますね。 「よい人、嫌われない人」として 他人と接するのは、とても消耗するし、 …

いつからでも、何度でも。

70歳を越えた患者さんもいらっしゃる。 奥さんが具合が悪くなり、 その歳になって初めて家事をするようになったと。 「やってみると、大変なんですね」と ピーラーで指を怪我してやってきた。 毎日、家事、日々の暮らしは繰り返されるから。 歳をとってか…

闘ってないと気が済まないひと。

私もずっと何かと闘っていました。 いつもがんばっていないと。 いつも努力していなければ。 未来の何かに向かってそうすることで 今の自分が救われるって。 そこにはいない、誰かと闘っていました。 誰かに勝とうとする生き方。 何かの行動をするときに、 …

子育ては、自分越えだ。

子育てをしてると、 「え〜!それやっちゃうの?」ということを 子どもたちがするのです。 例えば、今日みたいな休みの日の創作活動では、 バームクーヘンを一回崩して、 手で練って、かたちをつくり、 そこにチョコレートでコーティングをしています。 でき…

子どもにイラっとしたときの、魔法のことば。

子育てをしていたら、 誰だって子どもがすることに 「イラっと」することありますよね。 テレビの前で何か食べてて、 ちゃぶ台に手をついて、食べ物をこぼすとか。 いま、ブログ書いてるのに 「コンフレ(コーンフレーク)つくって〜」とか。 ありますよね、…

わたしのこと。こころの穴。

「40歳まで目をつむっていたわたし。」という記事にも 書いたのですが、 わたしは自分のことをみないようにして生きてきました。 うすうす、気配は感じていたのです。 どうしていつも、恋愛をしたがり、 どうしていつも、同じような結果になるのか?と ず…