女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

整理整頓のキモ 3つ

片付け、整理整頓ができない人は 

 

大体いつもグルグルしてますね。

 

思考も、やることも、言うことも。

 

 

 

 

 

①まずはいらないモノは持たない 

 

 

 

よく、雑誌などで「100円ショップのかごで整理整頓術」とか見かけますが 

 

すっごいたくさんの溢れかえるモノたちを 

 

きれいに整理整頓してその時は美しく戸棚に収めたとしても 

 

それは瞬殺されます!w 
 
 

 

 

整理整頓の前に 

 

「捨てる、あげる」をして 

 

モノの数を減らすのが大前提だと思います。 

 

 

 

 

開けた引き出しいっぱいにモノがつまってたら 

 

いちいちどかして出すようだし 

 

手間がかかりますね。 

 

段々その引き出しは使わなくなったりして 

 

死んだスペースに。 

 

 

 

 

そして多くのモノが並んでると 

 

掃除なんかぜったいにしたくないですね。 

 

どかして拭くって、二度手間がかかります。 

 

もう、どかさないでいいや!ってなりますよね。 

 

置いた皿の周りだけ拭く!とか。 

 

 

「ぞうきんは四角くつかいましょう」w 

 

f:id:comuron47:20160125044322j:plain

 

 

 

 

②気がついたときに一カ所でも整理整頓

 

 

片付けはスピード感が大事。

  

引き出し開けたとき 

 

「あ、そろそろ片付けよ。」 

 

そんな感じの状態。 

 

 

f:id:comuron47:20160125041123j:plain

 

 

そういうときに、さっと引き出しひとつ片付けると 

  

簡単だし、すっきりして気持ちがいいです。 

 

ひとつ整理整頓するとその場が整う感じがします。

 

f:id:comuron47:20160125041232j:plain

  

 

整った状態を知っておく、雰囲気を身に染み込ませておくと 

 

あまりにひどい状態は気持ち悪くなります。 

 

そうなったらしめたもの!! 

 

まずは、気持ちいいお部屋、戸棚、引き出し、クローゼットの状態を 

 

お気に入りにすることから。 

 

 

 

③完璧主義をやめる

  

 

何事もそうですが、 

 

完璧主義のおそろしさは、 

 

それが保てなくなったときの破壊力! 

 

「あ〜!もういいや、やめた!」 

 

こうなったときの人の破壊力、惰性力はすばらしい! 

 

突如として、何もしない、何も構わなくなりますね。 

 

 

 

 

一度散らかり出したモノたちの放つ 

 

「ねえ。ねえ。構ってくれな〜い?」 

 

このオーラ。 

 

わかりますか?? 

 

 

 

クローゼットを開けたときに 

 

着ないのに長年ハンガーにだらしなくかかりっぱなしの服。 

 

居間のガラス棚に埃まみれになって使われることがないワイングラス。 

 

 

 

これら、使わなくなり、構われなくなったモノたちは 

 

「構ってもらいたいオーラ」で人の気をひこうとしてる。 

 

だから、その放置されて散らかったまんまのモノに囲まれて暮らす人は 

 

モノに気を吸い取られて、 

 

「家にいると疲れる」 

 

「家にいるとくつろげない」。 

  

 

 

だから片付け、整理整頓ができない人は 

 

大体いつもグルグルしてますね。

 

思考も、やることも、言うことも。

 

 

 

 

「いつかまとめて片付けよう」っていう完璧主義より 

 

「気がついたときに、適当にさっとやっておこう」っていう気楽なほうが 

 

結局、清潔さ、簡素さが保たれてると思います。 

 

 

f:id:comuron47:20160125044456j:plain

 

 

 

完璧主義はやめましょ。 

 

お家はくつろぎが何より。 

 

別にモノが溢れててもいいんです。 

 

ただし、お気に入りだけ! 

 

 

f:id:comuron47:20160125043341j:plain 

 

 

ともちんへの質問▶︎こちらへ

 

これまでの質問▶︎大人の寺小屋

 

広告を非表示にする