女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

生きてるうちに、食べておきたい お寿司 〜飯能(埼玉) すずき〜

食べることが大好きです。 

 

西武池袋線で池袋から40分、駅南口から

 

タクシーで5分ほどの、

 

山の上の住宅街の中にそのお店があるのです。 

 

  

そんな場所で

 

丁寧な仕事が施された江戸前寿司と、

 

地酒が堪能できるのです。 

 

 

「鮨 すずき」 

ホーム - sushisuzuki Jimdoページ

 

 

医大付属病院に勤務していた時代には 

 

おいしいお寿司もごちそうになりました。 

 

 

 

それらのお寿司の記憶を消し去るほどに

 

ここのお寿司はおいしい。

 

 

あまりのおいしさにレポートができないので

 

生の声をTwitter配信形式でお伝えします。 

 

 

 

 

 

すずきの大将の鮨がおいしいのは

 

「おそらく大の食いしん坊で、食べることを愛しているから」

 

そこに集約される気がします。 

 

f:id:comuron47:20160201133938j:plain

 

築地から毎週自分の目で仕入れてくる 

 

 " 鮨ねた " がどうしたら一番おいしい状態で

 

お客さんの口に運ばれるか? 

 

そこへの探究心だけなのだと思います。

 

 

自家製へべす塩、へべす胡椒という 

 

絶品の脇役がその代表で、

 

鮨を引き立てるための脇役をつくることに

 

ものすごい労力をかけている。

 

 

「うちの鮨が美味しいのは当たり前。」

 

そう言い切れる大将は

 

すごい。