女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

無表情なおかあさんをみて、思ったこと。

外来をしていると 

 

小さな子を連れたおかあさんも 

 

来ることがあります。 

 

 

気になるのは

 

無表情なおかあさん。

 

 

子どもに怒ったり、

 

笑ったりしているおかあさんは

 

いいのです。

 

 

 

無表情なおかあさん。

 

質問がとても多い。

 

不安なんだろう。

 

いろんなことが。

 

 

病院には、

 

身体のどこかが気になってきているのだけど

 

それ以外にも

 

「気になって不安」なことで

 

圧し潰されそうになっている。

 

で、無表情にもなるんだろう。 

 

 

f:id:comuron47:20160202141310j:plain

 

 

 

子どものことを

 

まじまじと見たことってありますか?

 

 

 

 

わたしは、さっき、

 

長男がゲームについて語っているのを

 

斜め後ろから、

 

じいっと見ていました。

 

久しぶりな感覚でした。

 

 

「ゲームばっかりしてて...。」

 

程度にしか、思ってなかったけど

 

息子は心からゲームが好きなんだということが

 

その横顔に溢れていた。

 

それに、気がつかなかったな。

 

今まで。

 

 

 

 

” 子育て奮闘中! "っていうのは

 

いったい何に奮闘してるんだろうか。

 

「子どもを自分の理想に近づけるため?」

 

「子どもを安全安心な道に乗せること?」

 

「それなりの子っていうのを、探してる?」

 

いったい、何に奮闘してるんだろうか。

 

 

 

無表情のおかあさんをみていると

 

きっと、奮闘してるんだろうと思う。

 

ひとり、一生懸命奮闘してる、子どものために。

 

 

 

だけど、

 

ちょっと考えてみて欲しいのは

 

「子育ては、子どもがあれこれやりたい」ってことに

 

振り回されることが

 

親が子育てで奮闘するってことなのかと

 

わたしは思ってきた。

 

 

 

振り回されるのは

 

お金なんかだけじゃない。

 

感情も。

 

時間も。

 

身体も。

 

すべてだ。

 

 

 

「子どものために振り回され、そこを耐えること」が

 

子育て奮闘中っていうんじゃないの?

 

 

 

わたしはそう思ってきた。

 

 

 

それ、やってると

 

無表情なんかじゃいられない。

 

そして

 

不安になってるヒマもない。

 

問題を探す時間すらない。

 

目の前には毎日

 

振り回してくれる者たちが

 

懸命に生きてるから。

 

 

 

それを

 

その表情を、

 

もう一回、

 

まじまじと、しみじみと

 

見てみようじゃあないか。

 

今日、息子の横顔をみていて

 

思いました。

 

f:id:comuron47:20160202141436j:plain

 

 

無表情なおかあさんへ。

 

 

もっと、肩のちからぬいて

 

いいんじゃないかと思うのだけど。

 

奮闘なんかしなくたっていいし。

 

おかあさんは、いればいい。

 

いたら、いい。

 

なるべく声は荒げないように、

 

自分の機嫌をとりながら。

 

 

 

子どもは、子どもで

 

生きるちから、元々持ってると思うのだけど。

 

 

 

いつも、無表情なおかあさんが

 

外来にやってくると

 

わたしは心の中で

 

そういう気持ちを込めて

 

話します。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

子育てがちょっとしんどいなあ〜って思ったとき 

こちらの記事もおススメです♡ 
 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com