女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

妄想を習慣にする。

 

「魔法使いになったとして、3年後どんな自分になりたいですか?」
 
って聞かれたときに、  
 
 
 
「海外に住んで~」
  
▶︎「いやいや、そんな無理!お金ないし~英語話せないし~。」
 
とか、
 
 
「社長になりたい」 
   
▶︎「いやいや、私、何の能力もないし~。」 
 
とか、 
 
 
できない理由を先に考えて
 
妄想することでワクワクする感覚を 
 
味わう前に
 
妄想やめてませんか??
 
 
 
わたしはいつもいつも、
 
妄想しています。
 
頭の中は自由。
 
頭の中まで、柵をつくって
 
妄想の範囲まで区切る必要ないのです。
 
 

f:id:comuron47:20160203075514j:plain

 
 
生きることは創造
 
 
生きているっていうことは、 
 
” 自分の人生を創造していくこと "だと思うのです。  
 
 
 
人が創造すること
 
生産することをやめたら
 
ひとがひとたる所以が
 
なくなってしまいませんか?
 
 
 
 
過去の経験や
 
そこからできた価値観。
 
もともとある世間体。 
 
そういうもので自分を縛り付け、 
 
とても狭い範囲でしか 
 
人生を選ぶことができなくなるのは
 
自分で自分を牢屋に閉じ込めてるのと
 
同じです。
 
 
 
 
だからこそ
 
妄想するときくらいは、

 自分の周りを囲む「壁」を取り払って、
 
「自分の人生をどうしたいのか?」って
 
真剣に妄想するのです。
 
 

f:id:comuron47:20160203075557j:plain

 
 
具体的に
 
 
 
 
自由に妄想し始めたら  
 
「いや、それは無理だろ」 
 
「それは、私には許可できない」とか
 
遮らない。
 
 
 
妄想を始めたら 
 
冷めた目線で自分をみない!! 
 
 
 
 
 
たとえば、
 
ーー3年後ーー
 
子ども達はみんな小学生。 
 
子育ても少しラクになり、
 
わたしは何もしない時間をたのしみ、
 
そして引きこもりながらも
 
人とのつながりをすごく、感じてるだろうな〜。とかね!
 
 
 
どんどん、
 
妄想は膨らみます。
 
そこに制限をかける必要は一切ありません。 
 
 
 
妄想をしていると、 
 
そうなるためには「いま」どうしたらいいかな?という
 
視点ができてきます。 
  
 
 
そして、自然とそこに向けてパワーが出てくるのだと 
 
思います。 
 
 
 
少なくとも、妄想をしてソンすることは 
 
何もないのですから、  
  
「妄想を習慣にする」です。
 

f:id:comuron47:20160203075625j:plain

 
 
人間関係までスムーズに
 
 
 
妄想力がついてくると、
 
目の前で起こってる現象も
 
今までとまったく違った目線で
 
みることができるようになります。
 
 
 
どういうことか?というと、
 
例えば、今までだったら
 
「まったく、自慢話ばっかりして、いやなオヤジだ!!」と
 
思っていたひとについて。
 
「あ〜、もしかしたら、あんな風で誰も相手にしてくれないんだな。
 
ほんとは、寂しい、気の小さなひとなんだろう」
 
こう妄想すれば、
 
あらふしぎ。
 
目の前の憎らしい、オヤジが
 
「かわいそうな、相手にされない、気の小さいひと」になり、
 
それに対する自分の接し方も
 
変わるのです。
 
 
 
 
妄想力をつけると
 
ひと付き合いも、
 
ムダなストレスが減り、
 
スムーズになっていきます。
 
別に、良い子になれ、ではないですよ。
 
妄想して、相手を察することで
 
自分も、余計なことで消耗せずに済むのです。
 
 
別に、その妄想が当たってようが
 
当たっていまいが
 
そんなのはどうでもいいのです。
 
相手に、「こうなんでしょ?」と
 
知ったかぶりするために
 
妄想してるのではありませんから。
 
 
 
自分のこころとの対話です。
 
 
 
まとめると
 
 
妄想は、
 
脳のあそびです。
 
こんなに自由で楽しいあそびは
 
わたしには、
 
他に、見当たりません。
 
 
 
人は自分のアタマの中でイメージできないことは、 
 
実現することはまず
 
ないです。
 
 
自由に妄想しましょ♡
 
 
そして、
 
妄想して相手を察することは
 
とても生きるのを
 
ラクに
 
スムーズにしてくれますよ。 
広告を非表示にする