読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

不登校の女の子。

外来に、「頭が痛くて学校に行けない」という

 

高校生の女の子がおかあさんとやってきました。 

 

 

神経内科や、大学病院で様々な検査をしたけれど、

 

頭痛の原因がわからない、とのこと。 

 

 

おかあさんがものすごい心配そうに

 

そして、ものすごく情けない表情で

 

そこに立っていました。

 

 

おかあさんは、

 

「娘が学校に行かないことに」

 

「娘を学校に行かせられないことに」

 

ひどい罪悪感を持っているようだと思いました。

 

 

そして

 

「そういう私の悩みに無関心な夫に対する、諦め」も

 

そこに感じました。

 

 

そういう両親がいるお家にいつもいるその女子高生。

 

一人っ子。

 

 

わたしは、自分の発言が無責任かどうか?を考えずに

 

こう答えました。

 

 

「おかあさん、なんで、学校に行かなければならないのですか?」

 

 

おかあさんは、「へ!?」っていう顔をして

 

質問の本意がわかりかねる様子でした。

 

 

「ですから、なぜ、この子がいやがってるのに

 

学校に行かなければならないのですか?」

 

 

もう一度、噛み砕いて質問をした。

 

 

女子高生は、頭が痛くて学校に行けないのではなく、

 

学校に行きたくないから、頭を痛くしている、あるいは、痛いと思っている。

 

 

「学校は行って当然」

 

これが大前提にあることが

 

この子にとっては、不幸の原因です。

 

学校に行かないといけないかどうか?は

 

個人個人で意見があるでしょう。

 

ですが、子どもがそれを心からいやがっているのに、

 

がんばって学校にいって、それでその後、どうなってほしいって

 

思っているのでしょう?

 

 

無理やり学校に通えたとして、

 

そこでの学校生活は?

 

何を感じて、どうやって人間関係をつくっていけるのだろう?

 

先生とは?

 

うまくできない自分のことを

 

どんどん、嫌いになっていくだけなのでは?

 

今は、こころの風邪くらいだろうけど、

 

それをこじらせると、

 

生きていくことが本当に辛くなってしまう。

 

f:id:comuron47:20160206081858j:plain

 

 

大きな視点からみてみたら

 

「子どもにしあわせになってもらいたい」って

 

生まれたときは思ってたはずですね。

 

それが、成長するにつれて

 

「ただ、しあわせになってもらいたい」から

 

いろんなオプションがどんどん付いてきます。

 

 

 

学校に行くのがそんなにイヤなのに、

 

無理やりそれをしないといけないって思ってることが

 

不幸なんじゃないのか?と。

 

 

 

わたしにも、子どもがいるので

 

子どもが「学校に行かない」と言ったらどうしようかな?と

 

思いながらも、

 

わたしの意見は

 

「学校のことは、とにかく一旦、置いておきましょう」

 

「子どもが罪悪感なく、

 

お家に居場所ができることがまず、先。」

 

 

 

その子は太っていました。

 

親の期待に応えることができない

 

ダメな自分を見たくないから

 

食べて、食べて、ごまかしている。

 

 

辛そうでした。

 

 

 

その子には漢方薬を処方しながら、

 

毎月、親子でやってくると、

 

話を聴いていました。

 

最初の頃と比べると

 

その雰囲気がずいぶんやわらかくなってきたのが

 

わたしはうれしかったです。

 

学校には行ったり行かなかったり。

 

「いいじゃない、いいじゃない。」

 

わたしはそのことばを

 

おかあさんと子どもに言い続けました。

 

 

 

 

 

わたしの外来には

 

いろんな人がきます。

 

わたしが問題を解決できるはずはないのだけど、

 

せめて、辛い人がもう少し、

 

" 自由にそこにいてもいいスペース "

 

つくってあげたい

 

そういう気持ちでいます。

 

 

 

 

正しいとか、正しくないとかではなく、

 

「そのひとが楽になるために」

 

「肩身の狭い想いをしながら生きなくてもいいように」

 

一つ、価値観をぶっこわすようなことを

 

せめて水面に波が立つ程度には石を投げ込んでみます。

 

 

ぎょっとするひともいますが、

 

そういう医者がひとりくらいいたって、

 

いいじゃないか、と思います。

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
結局、じゃあ、なにすればいいの?子育てって! 
こちらの記事もおススメです♡ 

comuron47.hatenablog.com

広告を非表示にする