読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

” 弱み " を消すな。

自分そだて。 身軽に生きよう

” 弱みのない完璧なひと " なんて 

 

この世にいません。 

 

 

「あのひとって完璧だよね!」と憧れの人がいる方。

 

それは、憧れという恋で、盲目になっているだけ。 

 

憧れられてるひとだって

 

インチキ自己肯定をしていて、

 

辛いかもしれませんよ。

 

 

ひとは、みんな 

 

「強み」、「弱み」両方を持っています。

 
性格も、できることでも、あらゆる面で 
 
「強み」と「弱み」があります。 
 
 

f:id:comuron47:20160209110027j:plain

 
" 弱み " はない方がいいの? 
 

なるべく” 弱み "はない方がいいと 
 
思っていませんか? 
 
 
人と対話をしているときに
 
「私は、長女気質なところがあって、
 
それを直したいのです」
 
「私は、完璧主義なところがあって、
 
それはないほうがいいと思っていて。」と
 
自分の弱みを 
 
悪いところを直すように話すひとが、たくさんいます。
 
 
 
ここで、一つ質問です。
 
もし、何か仕事を頼んだり、 
 
大事な相談をしたいとき、 
 
どちらの人にお願いしたいですか?
 
 
 
a. 一見、近寄りがたいけど、
   どこを切っても完璧にみえる人。
 
 
b. カンペキではないけれど、人間味があり、 
 そして、出来ることに一生懸命取り組む人。 
 
 
どちらにお願いしたいですか?  
 
 
私だったら、b の人にお願いしたいです。
 
 

f:id:comuron47:20160209110239j:plain

 
 
 
" 弱み " は” らしさ "
 


自分の中で「弱点」だと思っている部分。 
 
実は、それは
 
「自分らしさ」の部分でもあるのです。
 
 
 
 つまり、あなたが
 
「私のここが嫌い」
 
「私のここは直したい」 
 
と思っているところは、 
 
「自分らしさ」を示す部分でもあるわけです。 
 
 
 

ですから、「弱点」をすべて消し去ってしまったら、 
 
「自分らしさ」もなくなります。
 

comuron47.hatenablog.com

 

この記事に、自分のことを書きました。 

 

ここで言う「こころの穴」というのも 

 

「弱み」と同じことだともいえます。 

 

「こころの穴」からは、弱みもらしさも出てくる。 

 

こころの穴が、自分らしさなのです。

 
 
 
 
誰かと同じ" 強み " を持っていたとき、
 
” らしさ "がない強みは、
 
結局、「誰にお願いしても同じ強み」になります。 
 
弱みを消すことは、
 
持っている自分の強みを活かせなくなるのですね。
 
 

f:id:comuron47:20160209110050j:plain

 

じゃあ、どうしたらいいの? 
 
 
「弱点ばかり目について、いや!」 
 
そうですよね。 
 
 
それなら、
 
「弱点」を抱えたまま、それを消さずに、 
 
「強み」を増やす努力をするのです。 
 
 
 
「弱点」を消さずに「強み」でカバー。 
 
 
これぞ、「ザ • 自分」を最大限に活かす方法です。
 
 
 
 
ここで、ひとつ心掛けたいことがあります。 
 
「私には弱点もある!」
 
弱みがあってよい、と、堂々とすることです。
 
 
「こころの穴」も開いていているのだから、
 
その形を観察して、自分で折り合いをつけるのと同じです。

 

 
 
「こんなところがある自分がいや!」 
 
と弱みを隠そうとしていては、 
 
いつまでたっても 
 
強みが引き立ちません。 
 

f:id:comuron47:20160209110122j:plain

 
まとめると
 
 
完璧なひとに憧れる人が多いけれど、
 
実際に自分がいいな、と思うのは 
 
どこか、「らしさ」がある人なのではないでしょうか?
 
 
自分の弱みを隠そうとしたり、
 
消し去ろうとするのは、
 
不自然ですよね。
 
だって、それが自分らしさでもあり、
 
自分の強みを引き立てるものでもあるのだから。
 
 
 
インチキな開き直りでもなく、
 
「弱みがそこにあってよい」と
 
こころから自分が思えたら、
 
その人は
 
結構、魅力的な人間になっているのかもしれません。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
「弱みばっかりに目がいって、自信が持てません」っていう方に 
おススメです♡ 
 

comuron47.hatenablog.com