読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

女医的 太らない生活 3つ。

私は、20歳の頃からほとんど体重が変わってません。 

 

出産のときに、10キロは増えるのですが、

 

また、戻ります。

 

 

ダイエットはいろいろと、試しました。

 

大学時代は、マイクロダイエットも。

 

あれは、でも、痩せたけど、筋肉も落ちて

 

ガリガリになりました。

 

魅力的な体つきとはいえませんでした。 

 

 

一番痩せたのは

 

二番目の子どもが食物アレルギーで

 

母乳をあげるために、

 

「たまご、小麦、豆」をいっさい摂らない生活をしたとき。

 

 

あれは、すごかった。

 

破壊力はんぱなく、私の記憶にある体重の中で最小に。

 

172センチ54キロまでおちました。

 

でも、それでも54キロってことは、

 

芸能人やモデルさんたちの痩せっぷりは相当なんだろうな〜。

 

 

その時はスーパーに行っても

 

買えるものがなかったです。

 

ほとんどのおいしそうな食べ物は

 

「小麦とたまご」が入っているのですね。

 

 

パスタ、うどん、お好み焼き、たこ焼き。

 

これらは、油と相性もよく、糖質と油脂で

 

食べ過ぎると太るのですね。

 

あのとき、ほんと辛かったです。

 

一年二ヶ月、がんばりました。

 

 

その後は、体重も戻って、

 

ほぼ横ばいで推移しています。

 

 

それでも、ヒトも動物なので

 

冬は肥えて、

 

夏にやせます。

 

 

いま、肥えてます。

 

寒くなるとチョコレートを食べたくなるのです。

 

ある日、「チョコレートはもういいや」となると

 

初夏なのですよね。笑 
 
 
 
それでも、大幅に太らないのは

 

理由があります。

 

 

①食べることに罪悪感を持たない

 

 

何のストレスもない、わたしの食生活。

 

食べたいものを、腹八分目。

 

食べることに罪悪感を感じないこと。

 

 

 

かつては、「太ったらいけない」という強烈な縛りがあって、

 

身体つきを過剰に気にしていました。

 

でも、体重計に乗るのをやめて、はや1年。

 

数字より、みた感じが大事ですよね。

 

「食べたらいけない」というのを手放してから

 

太らなくなりました。

 

おもしろいなあ。

 

 

 

もちろん、野菜好きなので、よく食べますが、

 

ベジタリアンではないので

 

肉もサカナも、卵も、食べます。

 

おやつも食べます。

 

 

朝ごはんを食べません。

 

朝、お腹が空いていないからです。

 

朝はコーヒーを飲みます。

 

午前中は、朝瞑想もするので、

 

一番頭が冴えてていろんなことができる楽しみな時間です!

 

 

 

②瞑想

 

アルボムッレ・スマナサーラ僧侶の本を愛読していて、

 

ヴィパッサナー瞑想を去年の秋くらいから

 

毎朝するようにしています。

 

最初は、座位を維持するのに

 

身体じゅうが痛くなって、

 

泣きそうなくらいでした!

 

段々慣れてきて、それが体幹に効いているらしく

 

特別運動していないのですが、

 

背中がきれいになりました。

 

 

瞑想の良いところは、

 

頭の中のゴミが減っていくので

 

「食べて埋める」行動が減るのだと思います。

 

「食べる」という行為は

 

「何か足らないものを埋める」ためには

 

一番簡単なのですね。

 

買って食べるって一番簡単で、満たされる行為だと思われます。

 

 

瞑想をすることで、

 

足らないものが減っていくというのか、

 

まだ、経過中なのでわたしもハッキリとは言い切れないのですが。

 

 

とにかく、自然体でいられるようになるので、

 

食べたきゃ食べるし、食べないでいいときは、食べません。

 

それで、済むようになります。

 

 

逆に、食べないと気が済まないときは、

 

瞑想を多めにして、

 

頭のゴミを処理していきます。

 

 

③ 山歩き

 

片田舎に住んでいるので、

 

すぐ近くにハイキングに丁度いい山があります。

 

 

2年前くらいに、精神的に追い込まれてたとき、

 

毎朝山を歩くようになりました。

 

真っ暗闇を、電気をもって。

 

今考えると、怖いですが、当時は必死にそれにすがって

 

歩きまくっていました。

 

 

今でも、定期的に山を歩く

 

身体を動かす、筋肉をつかうことで、

 

身体が締まります。

 

 

そして、” 気うつ"といって、

 

気持ちが落ち込んだり、

 

いやな気持ちを溜め込んだりするのを予防してくれる効果も

 

自然の中に身を置くことは、

 

こころにも、身体にも

 

想像以上に、良い効果を与えてくれています。

 

なにより、綺麗ですしね。景色。

 

 

まとめると

 

太っていて何がいけないか?というと、

 

「太ってる自分が嫌い」と思うこと。

 

「太ってることで、実際、病気になる」

 

この2つでしょうか。

 

 

この2つがなければ、体型は気にならないですよね。

 

 

痩せていても

 

「まだ、ここが嫌い」って思っていたら

 

精神衛生上は、太ってるのを気にしてるのと同じこと。

 

 

自分の身体を好きにならなくても、

 

嫌いじゃなくなればいいと思います。

 

 

わたしも、もう、若いときみたいに

 

身体どうの、より

 

気持ちよく過ごせるか?のほうかな〜。

 

 

でも。

 

太り過ぎではない20歳の頃の体重が

 

一番、健康には良いのは確かなのです。

 

 

その付近を行ったり来たりできるような

 

自分だけのライフスタイルをつくっていくのが

 

ベストですよね!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

生理のときは、特に食べ物の好みも変わりますよね。 
こんな風に過ごしています。 

comuron47.hatenablog.com