読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

そう、わたしはネクラ。

自分ごと。

そう。 

 

わたしが書くことはどうも、人の内面ばかり。

 

なぜってわたしは子どもの頃からそうやって

 

人のことばかりみてきたから。

 

人に興味があるし、

 

” 人から自分の身を守る "というか、

 

そのように生きてきたんだと思います。

 

 

 

 

" 自分がどう出るか? " は

 

相手の出方次第で、役目を果たす感じでやってきました。ずうっと。

 

そんな風に書いたら、

 

なんか頼りなさそうに思われたり、

 

自信ないんじゃない?って思われるのかもしれないけど、

 

でも、本当のことだから。

 

 

そのおかげでわたしは人のこころを見抜くちからが付いたのも、ほんとう。

 

「人のこころの穴をみていたんだな」、とわかったのは、

 

この記事を書いたときです。

 

comuron47.hatenablog.com

 

この記事を書いていて、

 

自分のこころに穴があいてるとは!と落ち込みつつ、

 

でも、「それをみることで自分で折り合いをつけていけばいいんだ」という

 

ものすごい納得感を得て。

 

 

 

それで、じゃあ、なんでわたしは患者さんを含めた

 

ひとの心がわかるのか?って考えたときに、

 

「あ〜、その人にあいてる穴をみていたんだな。」

 

そう理解しました。

 

 

だから、家で辛い思いをしている子どもの目を知ってるし、

 

社会で生きづらさをいつも味わってる人のこころが見える。

 

虚勢を張ってたり、

 

無理して明るく取り繕ってるひと。

 

真面目ながんばりすぎやさん。

 

いろんなひとのことがわかるのは、

 

子どもの頃から、みてきたおかげでもあるし、

 

見過ぎてきたから、わたしは自分のことがわからくなっていました。

 

comuron47.hatenablog.com

 

ここに書いたけれど。

 

 

それで、「わたしって結構壊れていたんだな」と

 

改めて少し落ち込んだりしました。

 

だって、笑うしかないって思うことばかり。

 

トホホなこともたくさん。

 

ひとの気持ちがわかるのには、

 

それなりの理由があったわけです。w

 

 

それに、わたしはネクラです。

 

どうしたって、内面ばかりみているし、

 

人と関わるのは、仕事ではうまくできるけど、

 

日常では、あまりにぎやかな場所とか、

 

大勢ひとが集まるところは、あまり気が進まないから行かない。

 

ネクラです。笑

 

 

ブログも、つまんないんじゃないか?って

 

少し考えていました。

 

 

だけどね。

 

わたしは人が好きだし、すごくこころに興味があるのだから、

 

そのことばっかり書いたって

 

わたしがおもしろければいいや、って

 

開き直りました。

 

 

ブログには書きたいことを書こう。

 

同じようなことばかりでも、

 

わたしがおもしろいってことを。

 

 

もし、私のブログを読んで、

 

「あ〜、らくになったわ!」っていう人が一人いたら

 

それでいいわけだし。

 

 

わたしはネクラです。

 

今日からまた、開き直って

 

自然体で。

 

あ〜、告白してすっきりしました。