女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

17歳男子 繰り返す腹痛。〜家族の風景〜

17歳の男子が 

 

腹痛と下痢を繰り返すといって外来にやってきました。 

 

私立の学生服を着た真面目そうなメガネの子。 

 

おじいちゃんが付き添ってきました。

 

 

 

話を聞きました。

 

中学生の頃から、頭痛が度々するようになりました。

 

そこの病院にも2回ほど受診していました。

 

高校生になり、腹痛も度々起こるようになり、

 

この一ヶ月は特にひどくなり、

 

今日は早退をしてきた、とのことでした。

 

 

 

顔色は悪くありません。

 

前髪長く、メガネをかけ、控えめな感じです。

 

一通りお腹など診察をし、

 

心配そうに付き添ってるおじいちゃんは外で待機してもらいました。

 

 

 

f:id:comuron47:20160223181741j:plain

 

 

 

対話

 

私:食欲は?ごはんはおいしいですか?

 

男子:普通です。特においしいとかはないです。

 

私:夜は眠れますか?

 

男子:いえ、夜中の一時くらいまで眠くなりません。

 

私:何してるのですか?

 

男子:パソコンいじるのが好きで。

 

私:人間関係で困ってること、ないですか?

 

男子:(しばらく考えて)最近、吹奏楽部の人間関係があれで、

   やめたところです。

 

私:なるほど。で、両親はこの繰り返す体調不良については、なんと言ってるのです   か?

 

男子:母親は「大丈夫なの?」って感じで聞いてきますけど、

   僕は昔からからだが弱いので。

 

私:昔から?中学生のときより前もですか?

 

男子:いえ、中学になってから、からだが弱いので。

 

私:お母さんは、心配して、病院に付き添って受診はしたことはありますか?

 

男子:ないです。仕事をしているので。

 

私:なるほど。お父さんは?

 

男子:特になにも。

 

私:家族の仲はいいのですか?

 

男子:中1の妹が最近、学校から帰ると荒れてて、家族がそれに振り回されてる感じで   す。

 

私:公立中学なんですか?

 

男子:私立に通っています。

 

私:なるほど。わかりました。

 

 

男子は、控えめな普通の学生。

いじめられていることはない、とのことでした。

 

f:id:comuron47:20160223181830j:plain

 

 

診断

 

診断は比較的簡単で、

過敏性腸症候群" と診断しました。 

 

症状としては、下痢が多いがこれは口から入った食物が胃酸によって消化されドロドロの状態となり十二指腸を経由して小腸に送られ体内に吸収され、その残滓が大腸へと送られさらに水分が吸収され便となり排泄される。その際に何らかの原因で水分の吸収が正常に行われないと下痢となる[3]

その原因として、腸の運動を司る自律神経の異常による大腸を中心とした消化管運動の異常、消化管知覚閾値の低下、精神的不安や過度の緊張などを原因とするストレス、ライフスタイルのゆがみなど複合的な要因が指摘されている[1]。また、元々神経質な性格であったり自律神経系が不安定であったりする人が、暴飲暴食やアルコールの多量摂取などを行ったり、不規則不摂生な生活、過労や体の冷えなどの状態に置かれた場合に症状が発生する場合がある。

 

 

近年、過敏性腸症候群IBS)にはセロトニンという神経伝達物質が関係していることが指摘されている。セロトニンは、その約90%が腸内にある。ストレスによって腸のセロトニンが分泌されると、腸の蠕動運動に問題が生じ、IBSの症状が現れるとされている。腸は第2の脳とも言われるほどに脳と神経によって密接に関連しており、不安やストレスに対し脳からその信号が腸に伝わることで腸の運動に影響を及ぼす。この信号が過敏となり伝わりやすい状態になっていることで腸が過剰に反応する。ストレス信号を受けると、まず胃からセロトニンが分泌され、腸内のセロトニン受容体と結合し、腸の蠕動運動に異常をきたし、腹部の不快感、腹痛、下痢などを引き起こす[4]

 

 

処方は漢方薬を処方しました。

 

で、この子の場合に問題なのは、

 

「自分に対するセルフイメージが低い」ことです。

 

17歳で、自分のことを「病弱なヤツだ」と決めている。

 

原因がわからなければ、頭痛や腹痛を繰り返してたら

 

そう思うのも仕方のないことです。

 

ですが、そのように思い込んでいるからこそ、

 

頭痛や腹痛もよくなるどころか、

 

歳を重ねるほど、経験を重ねるほど、

 

ひどくなるのです。

 

 

なので、そこを書き換える必要があります。

 

自分自身も、家族などの周りにいるひと達も。

 

 

f:id:comuron47:20160223181851j:plain

 

 

根元をみる

 

 

彼をみたときに

 

•真面目

 

•パソコンオタク

 

•控えめで目立たない

 

•病弱 

 

•言いたいことを言えない気弱な正確

 

 

このように、表面だけみて、

 

ありきたりに判断したらいけないのです。

 

自分自身も、周りにいる家族なども、上のように思っているのです。

 

 

 

だから、あのような姿、目つき、顔つき、態度になり、

 

おじいちゃんが心配もするのです。

 

親は、兄には興味を示さない。

 

妹に振り回されてるだけです。

 

 

 

そうではなく、彼は

 

•頭が良くて

 

•パソコンが得意であり

 

•優しいので、言いたいことは我慢して言わない

 

•周りのひとのことに、よく気がつくので、

気を遣って、自分は控え目にしている。

 

•親にまだまだ甘えたいこともある

 

これです。

 

 

わたしは、これを彼に伝えました。

 

「あなたは、頭がよくて、よく気がつくし、

 

優しいから、妹の態度がひどいと自分は我慢してますよね」

 

うなずきました。

 

 

 

「お腹が痛くなるのは、自律神経という神経の調子が整わないからです。

 

病弱だから、ではなく、自分のコントロールの仕方がわからないから、です。

 

自分のことが、わかるようになれば、治ります。

 

自律神経は、呼吸でコントロールができる神経。

 

 

 

なので、緊張したり、イヤな場面、イヤなひとが現れたら、

 

まず、深呼吸だけ意識をして、リラックスするように、

 

自分で自分をコントロールしてください。

 

 

 

あとは、自分の周りの環境は自分で整えていいです。

 

イヤな部活、イヤな人間関係につかって我慢する必要は

 

まったくないし、自分でつくっていいのだから。

 

自分が居心地がよい場所を、これからは自分でつくってもいいのですよ。」

 

 

17歳なら、わかるはず。

 

そう思って、話をしました。

 

 

で、おじいちゃんには、

 

「お孫さんは、頭が良くて、優しくてよく気がつくので

 

神経も少し繊細になっていて、

 

それが自律神経に影響してお腹が痛くなっています。

 

クスリを処方して、本人にきちんと話たので、

 

心配ありません。」

 

 

 

そうお話したら、

 

男子が、とても嬉しそうでした。

 

 

そりゃあ、そうだと思いました。

 

間違えたレッテルを剥がしたのですから。

 

「君は、そうではない」

 

f:id:comuron47:20160223182000j:plain

 

 

 

家族の風景

 

 

わたしは、その17歳の男子の家族のことを想いました。

 

2人の子どもを私立の学校に合格させ、

 

通わせて、学習の場は与えています。

 

ですが、兄はしょっちゅう体調不良、妹は毎日荒れている。

 

 

 

「どこかおかしいな、どこか間違ってるかな?」

 

いつ、親が気がつくか?

 

いつ、親が見直そうとするか?

 

どこが、違うのか?

 

何が間違えてるのか?

 

 

 

 

でも「私立に通うお金を稼ぐためには

 

共働きしてるんだから、仕方ない!」

 

そうやって、忙しいフリをして、

 

病院にも付いてこない。

 

2人の子ども達のことを、見て見ぬ振りをしていたのなら、

 

それは家族4人にとっても、おじいさんにとっても

 

しあわせなことは、一つもありませんね。

 

 

 

 

目の前のお金や、

 

学校のことに夢中になってしまうのもわかるのです。

 

ですが、

 

こういう” 身体の症状 " が教えてくれていることがあるうちに、

 

勇気を出して、見直し、

 

どこかが違っていると思ったのなら、

 

親は折れて、方向を変えることが

 

子どもに生き方を教えることだと

 

わたしは思います。

 

 

山を歩きながら、

 

男子が前を向いて歩いていってくれるよう

 

祈りました。

 

妹も、苦しみから脱出できますように。

 

親御さんが、がんばれますように。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

こちらの記事もおススメです♡

 

comuron001.com

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com