読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

「人からこう思われたい」が叶うことは難しいです。

患者さんの悩みで多いのは、

 

「○○からこう思われてしまっていることが

 

我慢ならない」みたいな

 

悩みです。

 

 

 

狭い田舎の地域に住んでいたり、

 

幼稚園のママ友の関係、

 

職場において、

 

家庭内において、

 

その範囲内で

 

自分がどう思われているのか?は

 

気にならないわけでもない。

 

それもわかります。

 

 

 

ですが、

 

これだけたくさん人が住んでいて、

 

皆が勝手に好きなことを考えて

 

生きています。

 

 

 

その人たちが

 

自分のことをどう思っているか?

 

なんて、コントロールできません。

 

 

f:id:comuron47:20160407104243j:plain

 

友達だってそう。

 

自分は友達だと思っていても、

 

相手が同じように思っているとは、

 

限らないのですね。

 

 

 

職場でいくら仕事をがんばっているつもりでも、

 

それがどう評価されたり、

 

どう思われるか?なんて

 

自分では決められないことなのだ、

 

ということです。

 

 

たとえ、一番身近な家族であっても、

 

わからないものですから。

 

まったく思いがすれ違っててる、なんてことは

 

めずらしくもありませんね。

 

 

 

なんで!

 

どうして!って

 

それはそういうものだから、としか

 

言いようがないのです。

 

 

 

誰かの思惑を

 

自分好みにしてやろう。

 

 

 

そういう魂胆が

 

良くないです。

 

 

 

でも、

 

わたしはこんなに辛いのに!!!と

 

ご立腹なわけですね。

 

 

 

それならば、

 

いっそのこと

 

自分ごと、そこから退場すればいいのです。

 

 

 

その地域、

 

そのグループ、

 

その職場、

 

その家庭、

 

そういう場がイヤなのならば、

 

自分がそこから出て行けばいいのですね。

 

 

 

場が変わるだけで、

 

ひとはそのままでも、

 

ものすごく生きやすくなるケースが

 

たくさんあります。

 

 

 

イヤな場にいるときは

 

そこがイヤでもその場に慣れている、

 

そこが自分のホームになっているので、

 

出るなんてことは

 

とてもとても想像つかないし、

 

出られない理由を

 

次々とあげて、

 

「だから無理です」と。

 

 

 

ですが、

 

ほんとに出るのが無理なんでしょうかね。

 

 

 

自分がそこにいる人たちから

 

こう思われてて、辛いのなら、

 

そこから自分が消えればいいだけ。

 

イヤですか?

 

 

 

 

わたしは

 

むしろ自分が自分でいるために、

 

自分を守り大切にしたいのなら、

 

さっさとやるべきだと

 

心から思っています。

 

 

 

そんなことをしたら、

 

子どもが家族が、友達が、職場に

 

迷惑がかかる!!と

 

鼻息が荒くなったひとほど、

 

「その状態で、不機嫌にそうやっていることが、

 

周りの迷惑になっているかもしれない」、ということを、

 

少し想像してみることです。

 

f:id:comuron47:20160407104339j:plain

 

それでも、

 

その場にいることを選択をするのなら、

 

「人からこう思われたい」なんて

 

思わないことです。

 

 

 

自分は自分。

 

自分のことを本当に大切にしていたら、

 

他人からどう思われようと、

 

まったく関係のないことだ、と

 

感じるはずです。

 

 

 

自分の境遇、

 

自分の性格、

 

自分の見た目、

 

そういったことに

 

自分で嫌気がさしてるから、

 

だれかのせいにしてしまってるだけではないですか。

 

 

 

自分の世話は自分でする。

 

自分の機嫌は自分でとる。

 

そういうのが

 

大人だと思います。

 

 

 

大人どうしの付き合いならば、

 

変なストレスは

 

ないはずです。

 

 

 

友達や好きなひとは

 

そんなにたくさんの数は

 

いらないのですから。

 

  

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

こちらの記事もおススメです♡

 

comuron47.hatenablog.com