女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

何かを得るための 行動にばかり取り憑かれるな。

たとえば、

 

本を読む、映画を観る、ひとに会う、散歩をする。

 

これらをするときに、

 

「何かをそこから得なければならない」と思って

 

それをすることは、

 

欲ばかりが先立ち、

 

自分が思うようなものは、

 

何も得られないでしょう。

 

 

 

自分が頭で考えられる程度の

 

予測されるものは

 

得られるかもしれませんが、

 

いつまでたっても、

 

欲求不満は解消されません。

 

 

 

なぜなら、

 

ひとが「得てやろう」と思って

 

しているときには

 

手に入らないものが

 

あるからです。

 

f:id:comuron47:20160411101824j:plain

 

 

本当にひとが欲しているのは、

 

いまの自分に予測ができないもの、

 

まだ見ぬ何かが欲しくて、

 

それを得たくて、得たくて、

 

喉から手が出ているのが分かります。

 

 

 

行動することが大事ということがありますが、

 

「そこから何かを得てやろう」と思って

 

行動しているうちは

 

それが手に入ることはありません。

 

 

 

そうではなく、

 

本を読む、映画を観る、ひとに会う、散歩をする。

 

その行為自体に

 

集中するのです。

 

 

 

その結果何が得られるのか、

 

何も得られないのか、なんていうのは

 

関係ないのです。

 

 

 

 

行為自体に

 

意味がある。

 

 

 

そこを、忘れて

 

夢遊病者のように

 

「くれ〜、何かをくれ〜」と

 

必死に行動しているひとが

 

たくさんいます。

 

 

 

行動自体は変わっているのですが、

 

「得てやろう」という欲深さがあるために、

 

何をやっても

 

「得た」と満足ができないから、

 

次、次の行動をするのじゃ!!と

 

また、必死に行動をするのです。

 

 

 

大変で、

 

疲れますね。

 

 

 

そんなことをしないで、

 

何も得る必要もない、

 

ただ、ただ、それをする。

 

行為をすることだけに

 

集中してみてください。

 

 

 

 

散歩をするにしても、

 

「姿勢をよくして、ダイエットしないと」

 

「自然の美しさに気がつかなければ」

 

「耳を澄まして、鳥の鳴き声に感動しなければ」

 

そんなことを、考えている限り、

 

本当にその行為から感じることは

 

できません。

 

f:id:comuron47:20160411101859j:plain

 

 

どうして、得ようとばかりするのか?

 

 

それはもちろん、

 

「自分はまだ、足らない」と

 

常に思っているからでしょう。

 

 

足らない自分には

 

必要なものが

 

まだまだ、たくさんある。

 

 

何かするなら、

 

何かは得ないと、損だ。

 

そのために、

 

時間と労力をつかって

 

それをしているのだから。

 

 

 

そんなに、必死にならないで。

 

 

 

意味のないことを

 

いかに、

 

できるか?

 

 

人間の底力は

 

意味のないことをしているときに、

 

養われる

 

わたしは実感しています。

 

 

 

寝ること、

 

ぼーっとすること、

 

漫画をよむこと、

 

ゲームをすること、

 

散歩をすること、

 

そういう、

 

「意味のなさそうなこと」を

 

いかに、悪びれず

 

自分に「してもいいんだよ」と

 

言えるのか?です。

 

 

 

そして、

 

そうやってまるで意味のない時間のように思える

 

その時間の中で

 

そのひとの底力が

 

付いてくるのでしょうね。

 

 

その底力を

 

” 満足 " というのだと思います。

 

 

f:id:comuron47:20160411102001j:plain

 

必死に、

 

得ようと行動ばかりしているのは、

 

空振りです。

 

残念ながら。

 

 

 

「何もしないより、ましだろ!」

 

その考え方が、

 

貧相なのです。

 

とにかく、やみくもに行動すれば

 

なんかは掴めるだろ!

 

 

 

そうやって手にしたものをみて、

 

何度落胆しましたか。

 

 

 

どうして自分が

 

そんなに必死に何かを得ようとしているのか?

 

という理由を、

 

根っこを、

 

自分で眺めてみることです。

 

 

 

なぜ、そんなに必死に

 

藁をもつかむ想いで

 

やってるんだ?と。

 

 

 

そんなにしなくて

 

いいんです。

 

 

 

いったん、歩を止めて。

 

 

 

落ち着いて。

 

 

 

ないものを得ようとする行動自体が、

 

自分にダメだしをしているのかもしれない。

 

足らないんだ、と

 

認定書を自分に出していることに

 

なりませんか?

 

 

 

もっと、気楽に。

 

行為にもっと集中してください。

 

野菜を切る。

 

調味料を計っていれる。

 

子どもと話す。

 

歩く。

 

息をする。

 

 

 

しなくてもいいことは、

 

やめてください。

 

いらんSNSからの情報、

 

フワフワした誰かのしあわせ、

 

そういうのを眺めてるのも良くないですね。

 

グルメ。ほんとうにそれが食べたいのかどうか。

 

 

 

結局、「これは自分に必要だ」という言い訳ばかり作って、

 

やらなくてもいい行動をして、

 

そこからから何かを得ようとしてるから、

 

ほんとうに自分に必要なものも、コトも、

 

手にできないんだ!

 

気がつけたひとが

 

落ち着いて生きるようになるのです。

 

 

 

" 満足 " という底力を持ったひとは

 

いつだってしあわせです。

 

はじめて、

 

そこに自然に立って、いられるのです。

 

 

 

 

コンサル生さん、あと1名募集中です。

 

comuron47.hatenablog.com

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

こちらの記事もおススメです♡

 

comuron47.hatenablog.com

 

 

 

************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

よかったら、フォローしてください♡

 

 

**************************