読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

自分を整える練習法 3つ。

新年度が始まり、 

 

環境の変化があった方もいらっしゃるでしょう。

 

 

新しい環境、

 

新しい人間関係は、

 

慣れるまでに時間がいりますね。

 

 

 

慣れてしまえばどうってことないことも、

 

不慣れなうちは

 

疲れるものでもあります。

 

 

 

スキーでも整地していない斜面を滑るのが難しいように、

 

環境が整っていないとき、

 

人間関係が少し難しいとき、

 

そういうときは、

 

自分を整える練習をするのに

 

よい、チャンスなのです。

 

f:id:comuron47:20160419054945j:plain

 

 

ひととの話し方。

 

まず、

 

相手のペースに合わせるために、

 

相手の話し方、ペース、間合いなどを

 

さっと観察します。

 

 

一つ一つ考えながら話すひとなのか、

 

思ったことを、ばばばっと話すひとなのか、

 

細部まで話すのか、

 

すごくざっくばらんに話すのか。

 

 

いろんなタイプがあります。

 

 

それをまず、自分なりに

 

観察します。

 

 

そして、

 

「相手の話を ただ 聞く」

 

 

「なにか、自分が責められたらどうしよう」

 

「また、仕事が増えるのか?」

 

「わからなかったら、どうしよう?」

 

そういう不安を

 

聞く前から持たないことです。

 

 

コミュニケーションが下手なひとは

 

どうしても、

 

話が始まる前から

 

「自分がなにか悪いんじゃないか?」と、

 

不安がる傾向にあります。

 

 

 

全然、そんなことないのです。

 

 

不安になってしまうと、

 

相手の話も、冷静に聞けず、

 

結果、要点がわからない、

 

そして、判断ができない、

 

受け答えができなくなってしまいます。

 

 

 

ですから、

 

話を聞くときは、

 

「ただ 話を 聞く」

 

これだけでいいです。

 

 

 

もしも、

 

いきなりご立腹なひとが前にやってきたら。

 

そんなときも、

 

「ただ 話を 聞く」

 

言われるそばから、

 

自分を責めることもなければ、

 

自分を守ろうとしなくてもいいです。

 

 

 

だって、

 

相手は伝えたいことがあるから

 

怒っているのですから、

 

「何を、自分に伝えたいのかしら?」という気持ちになって

 

ただ、聞いてあげます。

 

 

ひとは相手に

 

「ただ 聞いてもらう」だけで

 

「聞いてもらえた」という、

 

満足が得られるものです。

 

 

「ただ 聞く」ことを意識すると、

 

こころが乱れることが減ってきます。

 

 

乱れないこころで、

 

相手が必要としている答えを

 

出してあげましょう。

 

f:id:comuron47:20160419055027j:plain

 

 

動作の速さを意識する。

 

ひとを見るときに、

 

そのひと動作の速さは

 

そのひとの雰囲気を決めます。

 

 

素早くやっているつもりが

 

乱暴にみえたり、

 

がさつにみえたりします。

 

 

のろまになりすぎても、

 

「だらしのない感じ」になります。

 

 

 

相手にとっての丁度いい加減が

 

そのとき、その場によって

 

違ってくるでしょう。

 

 

 

ホテルのサービスマンのように

 

仕事が決まっているのなら、

 

ロボットのように

 

素早く、さっさと、丁寧にやればいいですが、

 

日常生活ではいろんな場面があります。

 

 

 

疲れているひとに対しては

 

急かすような雰囲気は出さない。

 

 

落ち込んでいるひとに対しては

 

いくらか優しげな雰囲気を。

 

 

怒っているひとに対しては

 

落ち着いた静かな湖面のような雰囲気を。

 

 

大喜びをしているひとに対しては

 

こちらも、躍動しているような雰囲気を。

 

 

相手によって

 

こちら側も出す雰囲気を変えたいものです。

 

 

それなら、

 

動作の速さを、意識するのです。

 

 

 

間合いということばがあります。

 

間合いをとるのが上手なひととは

 

一緒にいても

 

疲れませんね。

 

 

 

相手によって

 

自分の動作を変えることができるようになると、

 

自分もとても気持ちがよく整います。

 

 

 

そして、相手もまた、

 

心地よさを感じてリラックスして

 

サービスを受けられたり、

 

くつろいだり、

 

張り切って、仕事をしたり、

 

できるのです。

 

 

常に

 

「はやく!!」と口癖のように言ってしまうのでは、

 

動作も速くて雑になり、

 

自分も周りも、

 

いつも追われてるみたいです。

 

 

 

はやく!の場面のときこそ、

 

ひと呼吸、

 

あえて、ゆっくり丁寧に動作してみましょう。

 

f:id:comuron47:20160419055228j:plain

 

 

生活のリズムを整える。

 

 

早寝早起きのことではありません。

 

わたしたちは

 

起きてから寝るまで

 

いろんなことをしますね。

 

 

そのときに、

 

" 切り替えを上手にしましょう "

 

ということです。

 

 

例えば、

 

仕事を終えてから、子どものお迎え。

 

わたしもやっていますが、

 

仕事がぎりぎりに終わったりすると、

 

もう、手が震えるほど焦ってしまうことも

 

ありませんか?

 

「間に合わない!」って。

 

 

ですが、

 

ここであえて深呼吸。

 

そして、少し歩いていく、

 

一口お茶を飲む、

 

空を眺める、などして、

 

時間の流れを一回とめてみるのです。

 

 

 

そうすると、

 

あら、不思議。

 

 

 

「そんなに急がなくても、だいじょうぶだったじゃない」と

 

いうことにもなるのです。

 

 

帰宅してから、夕ご飯をつくる、

 

他の家事をする、などのときもそうです。

 

 

 

帰ってきて、荷物を放りなげて

 

さあ、やらなきゃ!!では

 

うまくいきません。

 

 

 

ちょっと、ひと呼吸、そこでおきます。

 

ほんの数分でも、

 

そうして、

 

やることと、やることの間に、

 

ひと呼吸をおくことで、

 

リズムが整うのです。

 

 

 

すると、

 

こころも落ち着き、

 

ムダにイライラしたり、

 

ムダに誰かに文句をいったり、

 

ムダに自分にダメだしをしたり、

 

そういうムダで疲れることが減ってきます。

 

 

 

まとめると。

 

ストレスがたくさん!

 

そりゃあ、そうですね。

 

これだけ、情報がたくさんあって、

 

消費活動を忙しくして、

 

そのために働いて、

 

さらに、子どもやら家族がいたとしたら、

 

何かしらのストレスがあるのが

 

普通です。

 

 

ストレスがあることがいけないのではなく、

 

ストレスをうまく逃すこと。

 

 

 

そのためには、

 

自分で自分を整える練習をしていけば、

 

ストレスを乗りこなすことがうまくなります。

 

 

 

いま、

 

これくらいのことがストレスだ!と思っていることが

 

ストレスだ、とは感じなくなるでしょう。

 

 

 

3つの自分を整える練習をしておけば、

 

巨大なストレスがやってきたときにも、

 

「あ、いい練習の場がきたぞ!」と思えるようにもなってきます。

 

 

 

ストレスだらけ!!ならば

 

自分を整える練習をして

 

気楽に過ごすのです。

 

 

気楽と、怠けるは

 

違うのです。

 

 

 

気楽だからこそ、

 

自分らしい、

 

自分最高のパフォーマンスも

 

できるということです。

 

 

 

コンサル生さん、あと1名募集中です。

 

comuron47.hatenablog.com

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

こちらの記事もおススメです♡

 

comuron47.hatenablog.com


 

************************** 

 

白須朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

よかったら、フォローしてください♡

 

 

**************************