読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

不完全でも歩きはじめよう。

子ども達は

 

何かを製作するのが大好きです。

 

家にあるダンボールを切ったり

 

ビーズで飾りをつけたり

 

マジックで絵を描いたりして。

 

 

「できた〜〜〜〜!!」と

 

興奮して見せてくれます。

 

 

その出来上がり具合をみて思ったことがありました。

 

 

f:id:comuron47:20160420063353j:plain

 

 

「こんな感じでも、いいんだよな、最初って。」

 

 

始めの一歩は小さくていい。

 

子どもたちは、

 

おもしろそうで作りました。

 

それで出来上がったもので、

 

大満足します。

 

 

だから、もっと作りたい!

 

もっと作ってみよう!

 

次は、こうしてみよう!!

 

 

と、作ることを辞めません。

 

 

 

大人はどうでしょう?

 

 

何かを始めてみたいな、と思ったときに。

 

 

「まだ、準備ができてないから」

 

「まだ、材料が揃ってないから」

 

「まだ、完成形がハッキリしてないから」

 

 

そうやって、

 

始めの一歩を踏み出しきれずに

 

結局、やらずじまい。

 

 

 

時が過ぎてしまえば、

 

「始めてみたい」の気持ちは

 

あら、不思議。

 

いなされて、消えてしまいます。

 

 

そうではなく、

 

始めの一歩は

 

やりたい!始めたい!

 

そう、自分が思ったときに、

 

小さく一歩を出してみるのです。

 

 

f:id:comuron47:20160420065628j:plain

 

 

結果を恐れない。

 

 

恥ずかしいのですよね。

 

うまくできなかったら。

 

できたのに、大したことなかったら。

 

出してみたものの、集客ができなかったら。

 

 

悔しいのですよね。

 

思うような結果が出ないのは。

 

 

恐いのですよね。

 

まったく違う結果になるのが。

 

そして、誰かに低い評価をもらうことが。

 

 

子どもをみてください。

 

なにかするときに、

 

「やりたい!」

 

「はじめたい!」

 

楽しそう!!

 

おもしろそう!!

 

 

どんなものでも

 

試行錯誤して作ったもので

 

大満足しています。

 

 

出来あがったものを想像して、

 

恥ずかしい、悔しい、恐いなんて

 

子どもは1ミリ足りとも

 

思わないのです。

 

 

これはとても大きな違いです。

 

 

完全を求めない。

 

冷静に考えてみれば

 

最初から、完璧な結果が得られることなんて

 

世の中に一つもありません。

 

 

あったとしたら、

 

タイミングが良かった、

 

人に恵まれた、などの

 

他者の力が加勢してくれたおかげ。

 

 

 

ほとんどのことは

 

最初から思い通りに完璧にいくことがありません。

 

 

 

それに、

 

始めるときに

 

「思い通り」の「思い」自体が

 

ぼんやりとしているのですから。

 

 

これがやりたい!

 

これが完成形だ!!

 

なんていう、イメージが

 

最初からくっきりとしているのは

 

天才ですね。

 

 

ですから

 

思い通りなんていうものすら

 

ない!!

 

ないです。

 

 

だったら

 

「はじめたい」と思ったときに

 

足を一歩、

 

ホイっと出すのです。

 

 

一歩出しただけで

 

「あ〜、失敗した」とか

 

思いませんから。

 

 

 

一歩出してみたら、

 

「あ、こんな感じかな」

 

「あ、こういう風にしたほうがいいな」

 

「あ、これは違うから、こっちでやってみよう」

 

はじめて、試行錯誤できるのです。

 

 

 

一歩を出す前から予測しても

 

まるで無意味。

 

時間とエネルギーのムダ使い。

 

それなら、

 

ぐっすり寝てるほうがいいです。

 

f:id:comuron47:20160420065653j:plain

 

 

まとめると。

 

子どもから教えてもらうことは

 

意外とたくさんあります。

 

 

大人になると

 

「始めてみたいな」の気持ちを

 

踏みにじることばかりではありませんか?

 

 

せっかく

 

子どものような好奇心で

 

「やってみたいな」と思えた自分を

 

もっと、大切にしてください。

 

 

「やってみたい」

 

「いや、今はだめだ」

 

 

それを繰り返すうちに

 

どうなりますか?

 

子どもなら

 

引きこもり、無気力、怠惰、

 

そんな風になりますよ。

 

 

 

 

大人は?

 

大人だったら、

 

どんなに「今無理」って自分に許可出さなくても、

 

大人だったら、

 

「やるべきことでがんばれる」のですか?

 

 

 

わたしはそうは思いません。

 

 

大人も、子どもも

 

「やりたいこと」

 

「はじめたいこと」

 

それを、

 

不完全で当たり前。

 

その一歩をはじめるのです。

 

 

はじめてみてから、

 

「やっぱり、いやだった」ら

 

辞めてもいいですが、

 

途中で辞めることすら心配するのですから、

 

世話がやける子!!笑

 

 

いいじゃない。

 

やれば。

 

 

さて、今日はどんな風に

 

歩きましょうか。

 

 

こちらの記事もおススメです♡

 

 

comuron47.hatenablog.com


 

************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

よかったら、フォローしてください♡

 

 

**************************