女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

苦手な人との付き合い方

11歳の長男が


苦手な友達がいて、


無視してるから大丈夫、とのこと。


それを聞いて


私が彼に説明した


苦手な人との付き合い方です。


f:id:comuron47:20160529131047j:plain


無視するのも疲れる


ある人を避けようとしたり


無視しようとすることは


実はすご〜く疲れることなのです。


心当たりありませんか?




相手を避けたいばかりに


相手の動きや


相手の考えを想像してばかりいて


1日を過ごすとか。



そして


話しかけられないように


無視をできるかどうか?


いつも気になって


その他のことが上の空になったり。




人が誰かを好きになることと、


人が誰かに苦手意識を持つことは、


結局その人に興味がある、という


くくりでは


同じことなのですね。




だから、


長男が苦手な友達を無視するのも


すごく脳みそをそこに


使ってるってことなのです。





じゃあ、どうするのがいいのか?というと。




関心を持たない。



苦手な人に対して


関心を持たないことです。


それは例えて言うなら、


道端の野の花や


石ころ、


木の葉を見るように


苦手な人も見るということです。




特別、普段は


気にしない。


相手がどうあろうとも、


そこにあるだけ、な人として。




そして、


同じ空間で過ごす時間があるのなら、


何かコミュニケーションを取らざるを得ない


場面が出てくるかもしれません。




そんな時には、


自分の心が平常心のまんま


必要なコミュニケーションが取れること。




自分が伝えたいことを


伝えることができれば


オーケー。





それに対しての


相手の反応は


相手の課題であり、


それを自らが受け取り


嫌な気持ちになったり、


怒りを感じたりの、


反応をしない、ということを


選ぶのです。




そうすると、


普段は花や石や木の葉のような存在であり、


必要に応じて


人としてコミュニケーションもとれる。


それが終われば


また、いつもの通り


そこにどうあろうと


関心は持たない。




これが何より


周りの雰囲気も緊張せず


自分も気分悪くなく


リラックスでき


そして何より


同じ空間にいながらも


自分は自分として


振る舞うことができるようになるのです。


f:id:comuron47:20160529131331j:plain



苦手な人がいてもいい。



ともすれば


苦手な人を意識し過ぎるあまり、


自分らしくないな、という


態度や発言を


してしまいがちです。





そして、


そんな自分に嫌気がさしたり


落ち込んだり。




そんなことをする必要


ないのです。



人と人。


苦手な人がいるのは


当たり前なことです。


それがいけないことだ、


相手が悪い、


自分が足らない、


そういうことではないと


思っています。




どんな場所にいても


リラックスをして


自分が納得できる自然体でいられること。


これが


何より気楽に生きるコツなんじゃないかな?


って思います。




サバンナの肉食獣のように


常に警戒心を持ち


常に身を守ろうとし、


いざとなれば


攻撃することを厭わない。


そんなんじゃあ、


何もしなくても


疲れるのは当然。




もったいないです。



私たちは


肉食獣ではなく


人です。




人として


自分の心は整えておく。


それによって


自分の周りの雰囲気も


整えられていくのですから。






広告を非表示にする