女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

何事も両側をみよう、学ぼう。

人は中々勝手だから


何かする時に


なるべく効率よく


それだけをすくいとろうとする。




たとえば


医者がみるのは病気のことだけど


病気に対して薬ボンボン出すのは


はっきりいって誰でも出来るようになる。


健康になるにはどうしたらいいか?


こちら側も知らないと


とりあえず病気に対してガンガン攻めるだけ


になってしまう。


守りがない。




コンサル。


ダイエットコンサルコースは


痩せさせる方法だけ知ってても


太る方法も知らないと


やはり太ることから守ることができない。



美容師さん。


その人の全体をみて


似合う髪型を提案できるのはもちろん、


似合わない髪型も知らないと


お客様が無茶なリクエストしてきたとき


ブサイクになってしまうことから


守れない。




子育て。


子供がこうなってほしい!


子供にこういう子になってほしい!


そればかり目指して


ガミガミ  イライラ  していると


これは言ったらいけない言葉


それはしたらいけない行為を


子どもにやりっぱなしな親が


多々見受けられる。


目指すだけではダメなのだ。





やっちゃ〜ダメなんだよ、を


知らないことは


子供をゆっくり潰してるのと同じ。


よかれと思って?


それは、親の勉強不足でしかないよ。


f:id:comuron47:20160611122657j:plain


このように


人は勝手だから


欲しいものだけに手を伸ばそう


見たくない方は知らんぷり


そして


勉強しない。


だから平気で


だって、知らなかったんだから


しょーがないでしょ!と


開き直る。



それじゃあ、


バランス悪いし


結局いつも


行ったり来たり


感情も現実も


揺れ動き


酔っちゃうよ。人生に。



何でもそう。


物事には両側があるのだよ、ということを


忘れないで


おいしい話には裏もある


タダはお得ではない


近道は遠回り


そういうことを


頭の片隅に置いて


大人も子供も学び続けなきゃね。


楽しいよ、


そっちのほうが。