読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

男女について。

今日は、男女について 

 

思いつくままに書いてみます。 

 

簡単に書けば 

 

「もっとイチャイチャした方がいいよ」 

 

それだけです。w 

 

 

 

私は女性性とか、男性性とか、 

 

そういう区別を特に学んだり、 

 

知ろうとしたりしたことはありません。 

 

むしろ、男女の役割とかを

 

区別して、押しつけあったり

 

それがケンカの原因になったりしているのをみて

 

違うんだよな、と思う方です。

 

 

 

 

すべて自分の恋愛経験と 

 

ぶっこわれた夫婦関係から

 

書いているだけなので 

 

根拠はありませんが、 

 

感覚と直感なので、 

 

あくまで私の価値観でのお話です。

 

 

f:id:comuron47:20160625172230j:plain

 

 

女性は" 受容力を蓄えた方がいい "と思う。

 

それは、" 何かと戦う力を抜く "という意味でもあります。 

 

 

 

都内に出る機会がよくありますが、

 

駅構内や街を歩く女性達は

 

それはそれは美しく、仮面をつけ

 

スタイルも抜群、

 

身につけてるものも、洗練されています。

 

 

 

でも、その雰囲気は明らかに

 

「戦闘態勢」。 

 

まったく魅力を感じません。

 

浅さが見えて、

 

何を求めてさまよってるのか?が

 

丸見えなのです。

 

 

 

スペックを求めてるのですね。

 

男性に。 

 

収入、学歴、勤め先、見た目etc. 
  

少しでも良い、といっても

 

その求めるものは、年々要求が増し、

 

今や、彼女達の要求を満たすスペックを持った男性は

 

男性の人口のうちの数%しかいないと

 

思われます。

 

 

 

その数%を狙って、他の女子との戦い、

 

そして、自分との戦い。 

 

周りの人たち(人の目)との戦い。

 

戦だらけで、

 

硬さが、バリンバリンで

 

痩せすぎと合わさって

 

まあ、あれではムリだろうな、と

 

思ってしまいます。

 

 

戦をするのではなく、

 

もう少し受容してみたらどうなんだろう?と

 

思うのです。

 

その時に、

 

「この人のここはムリだから、やだ」と

 

人をありのまま受入れられる人が

 

ものすごく減っていますね。

 

受入れる前に、吟味しすぎて

 

選びすぎ。

 

女神になれ、とは言ってません。

 

でも、

 

最初から完璧な人なんていません。

 

 

 

自分はどうよ?

 

 

 

相手を受容できないっていうことは

 

自分のことをもっと厳しい目で

 

判断し、

 

そして不受容な状態なのでしょう。

 

だから、

 

相手の嫌なところ(=自分が嫌な部分)が

 

目についてしまうのです。

 

 

 

それだったらね、

 

「この人いいかも」と感性で思った人を

 

丸ごと、とりあえず

 

受容してみたらどうですか?

 

言いたいのです。

 

f:id:comuron47:20160625172259j:plain

 

 

 

人と人は、関わり合いによって

 

変化しますね。

 

関わることによって

 

変わり合えばいいです。

 

ケンカだって、すればいいし、

 

言いたいことを言い合えばいい。 

 

その時に、 

 

自分を相手に合わせることと、

 

相手を受容することが違う

 

ということです。

 

 

 

相手に合わせて自分を変えて

 

尽くしてしまう女性が多くみられます。

 

っていうか、過去の私です!w 

 

それでは、何も鍛えられないし、

 

誰もしあわせになりません。

 

 

 

 

相手に合わせて自分を変えるのではなく、

 

お互いに、

 

その時の相手を受容することが大事なのです。

 

そのまま。

 

 

 

 

そして、ここはどうしても

 

自分としては困る、嫌なのだ、というところは

 

言ってみたらいいですね。

 

それで変えてくれるかどうか?は

 

相手次第ですし、

 

そういうときに

 

普段、いかにイチャイチャしているか?が

 

大事になってくると思うのです。

 

 

 

ギスギスしてる関係で

 

「お前のここが気に入らない」とか言われたら

 

そりゃあ、

 

「絶対、変えない!」と覚悟決めますよね!w 

 

イチャイチャしてるベースがあれば

 

「仕方ないな〜。変えてやるか」ともなる確率は

 

高くなるものです。

 

 

 

 

人と関わらなければ、何も変わらず、

 

独り相撲をとり続けるしかありません。

 

自己啓発セミナー

 

ヨガ

 

エステ

 

セッション

 

コンサル

 

セラピー

 

 

 

全部、自分とだけ向き合って

 

他人を受入れていませんね。

 

” 独り相撲 "です。そういう意味では。

 

 

 

それだけだと

 

そりゃあ、変化なんて

 

しようもなければ

 

自分の器もそのまんま。

 

 

 

歳をとる毎に

 

その器は硬く、入り口は小さく、見た目は特徴が出てきて

 

だ〜れも近寄れなくなるのです。

 

 

 

怖いですね。

 

 

 

自分と向き合うのもそれは

 

大事ですよ。

 

でもね、自分とばかり向き合ってたら

 

どんどん、硬くなります。

 

怖くなります、人が。

 

だって、触れてないから。

 

 

 

閉ざす一方で、努力だけ続ける。

 

そうすると、

 

ああいう、都内を闊歩して戦う

 

キラキラ女子になるのでしょうね。

 

 

 

見た目は一見キラキラしてるけど、

 

まあ、大変なんだろうな、ということが

 

見えてしまう。

 

f:id:comuron47:20160625172329j:plain

 

 

あるいは、逆に

 

「男子なんていなくても、私は満たされてるから」という

 

完結型。

 

これもまた、一見、

 

いつも笑顔で、仲間に囲まれてるようにみえて

 

実は、一人になるとすっごい不安になってたり

 

するのです。

 

 

 

それほどに、

 

私は男女は、一緒にいるのが自然だと思うし、

 

イチャイチャしてたら

 

根源の部分で満たされ

 

根源に安心感が生まれ、

 

まあ、そこでオッケーが出てるから

 

後はどうだっていいわ、という

 

気楽さが出るものだと思います。

 

 

 

気楽さ、とリラックスした状態があるから、

 

生きるパワーだって生まれるのでしょう。

 

 

 

男性だって、

 

完全受容された女性のためなら

 

そりゃあ、これまでできなかったことだって

 

やり始めるだろうし、

 

獲物を張り切って捕ってくる、

 

それを自慢する、

 

褒められた!またやりたい! 

 

 

 

シンプルなのです。

 

地味なのです!

 

 

 

多くの人は、この一見どうでも良さそうな

 

男女のイチャイチャを

 

低く見積もりすぎ、

 

大事にしなさすぎて

 

おかしなことになっています。

 

 

 

私でいえば

 

「女医で、収入があり、背が高く、子ども3人」

 

この時点で

 

どんなスペックでみたら

 

男性の目からみたときに

 

「こりゃあ、引くわ」となるのでしょうね。

 

それは、私自身を見てないことにもなり、

 

私は、そのように

 

「女医か〜。すごいね」と引く男性や

 

自分のプライドを守ろうといきなり

 

頑になるような人には

 

まったく近寄る気にもなりません。

 

 

 

人と人はそんなアテにならないスペックでは

 

計り知れないのに

 

そこを見てしまうのが

 

現代の風潮なのでしょうね。

 

 

 

私は、そういう風潮からは

 

離れていたいと思っています。

 

 

 

そもそも、

 

動物は繁殖のためだけに交尾をしますが

 

人間は違います。

 

資本主義の中で

 

性に関しては明らかに曲げられた世界が

 

出来上がっており、

 

そのこと自体を話す場すらありませんね。

 

 

 

「いまさら、どうでもいいこと」のような

 

位置づけになってしまった

 

男女のイチャイチャが

 

どれだけ威力を発揮するのか?は

 

良いパートナーシップを築いている人たちをみたら

 

一目瞭然です。

 

 

 

 

 

不定愁訴の中の

 

イライラする、冷え症、便秘、ふらつき

 

めまい、不眠、食欲の異常

 

これらは、

 

イチャイチャが十分できてたら

 

消えるでしょう。

 

 

 

データをとってみたいものです。

 

チャンスがあったら

 

とろうと思います。問診して。

 

「イチャイチャできてますか?」って

 

聞いてみたいです。真面目に。

 

 

 

まあ、こんな感じで

 

昨日、都内で歩いてて

 

まあ、大変な世の中になってしまって、

 

いくら緩めよう!としたって

 

これではムリだろうな、と思ったので

 

男女という視点から

 

どうしたら緩められるか?について

 

書いてみました。

 

 

 

女性は、

 

人を受容する力を鍛えたら

 

絶対しあわせになれます。

 

 

 

まずは、

 

「あ、この人いいな」って思える

 

感性を取り戻すところから!ですね。