読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

思いを伝えるって、怖いよね。

メルマガを始めてから、 

  

返信をくださる方が何人もいらっしゃいます。 

 

わたしは、それを読んで思ったことがあります。 

 

 

「皆がそれぞれに思い悩みながら 

それでも、前向きになろう、なろうと

がんばってる」 

 

 

普段、こういう文章を書くと 

薄っぺらいから書きませんが、 

読者のみなさんが、 

「ものすごい勇気を出してやっと返信しました」と 

返信をくださったとき、 

私は、その文章から相手の方の思いを感じられます。

 

 

だから、ものすごく感激して、喜んでいます。 

 

f:id:comuron47:20160709063103j:plain

 

 

私は今でこそこうして

歯切れよく何でも自分の意見をネット上で言えてるように

みえると思います。 

 

 

でも、1年半前まで、 

 

私は人前で話すことも、

 

友達に意見することも、 

 

家族にすら自分の思いを伝えられませんでした。 

 

 

 

いつもいつも、自分の中だけで

 

自問自答を繰り返し、 

 

言いたくても、言えない。 

 

言ったら、なんて思われるのか? 

 

言って、今の安定が壊れたら、そっちのほうが怖い。 

 

 

 

 

「あなた、甘えてる」

 

「あなた、自分勝手」

 

「あなた、もっとやればいいでしょ」

 

 

 

そう言われたらやだな。 

 

 

 

そんな風に思って、

 

黙って、むっつりしているのが私でした。 

 

 

 

今も、リアルではおしゃべりは得意ではありません。

 

もっぱら聞き手だと思います。 

 

 

でも、今は自分が感じたこと、伝えたいことは

 

特定の人になら言うことができるようになりました。 

 

 

 

それは、自分の中の思いを止めずにすむということで、 

 

出すと、とてもスッキリするし、 

 

何より、自分と相手への信頼度が増すのですね。 

 

 

 

誰だって、言われたり、言ったりして、 

 

傷つきたくありません。 

 

 

 

でも、伝えずして何も分からないし、

 

察するを求めるほど、人は他人を理解できません。 

 

話すうちに、自分が本当に言いたかったことは

 

「そこではなく、あっちだった!!」みたいなことも

 

起こるのですね。 

 

f:id:comuron47:20160709063122j:plain

 

 

言い出したら、崩壊へ向かう関係だってあるでしょう。

 

私はそうでした。 

 

 

 

言ったら、崩壊すると分かっているから

 

言わずに耐えた。 

 

でも、そんな風にして維持する関係って

 

なんでしょう? 

 

結局は、言えないということは相手を信頼していない。

 

言ってみても、誠実な態度や、対応がなされなかったら、

 

本当に傷つきますよね。

 

 

 

こういうことは、医者と患者でも起こります。

 

 

 

患者さんは、基本的にはお医者さんに遠慮をし、 

 

勇気を出して、症状や、具合の悪いところをお話されてると

 

思っています。

 

 

 

横柄な医者だと、

 

患者さんにお話させない雰囲気すらかもしだしているでしょう。 

 

 

勇気を出して、訴えたら

 

「あなた、それ、精神的なことだから、大丈夫」と

 

軽くあしらわれたり、

 

馬鹿にされたような態度をとられたら、

 

患者さんは、さらに心を閉ざすでしょう。 

 

 

 

f:id:comuron47:20160709063327j:plain

 

 

わからないから、聞いている。

 

わからないから、伝えたい。

 

わからないから、聞いてほしい。

 

 

 

人はシンプルにそこなのではないかな?

 

私は思っています。 

 

正しい、正しくない、なんて求めていない。

 

どうしたら、効率よく進めるか?なんて聞いてない。

 

何をしたら、成功するか?なんてどうでもいい。 

 

 

 

ただ、ただ、自分のことを、わかってほしい。

 

聞いてもらいたい。

 

 

 

 

だからといって、聞いてもらいたいのは

 

誰でもいいわけではないのですよね。 

 

聞いてもらいたい相手って難しいですね。 

 

 

 

なぜなら、

 

せっかく思いを話しても、

 

それを判断されたり、

 

「あなたが、それは間違っている」なんて

 

言われたくない。

 

あるいは、いつの間にか聞き手の自慢話を聞かされて、

 

返って、疲れたり、自信を失ったり、

 

自己嫌悪に陥ったりしたことは、

 

きっと、あるのではないでしょうか?

 

 

 

みんな、勇気を出して話しています。

 

 

 

わたしも、そう。

 

話しても、それに対して相手が違う意見だと

 

やっぱり、まだまだ、落ち込むこともあるのです。

 

「わたしが、悪いのかな」って

 

悩むこともまだまだあります。

 

 

ウジウジして気持ち悪く思われても、

 

ウジウジするのが自分だし、

 

そこから少しずつ、自分を出しているのもわたし。

 

行ったり来たりでいいのです。  

 

 

 

行ったり来たりしながらも、 

 

今日一日は、今日だけ。 

 

大事にしたいな。

 

 

 

 

メルマガでは、私がどうやって自分の殻から

 

旅立ったのか?などの 

 

濃いストーリーもシェアしています。 

 

よかったら、こちらから登録してくださいね!! 

 

 

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com

     です。スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、このメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 
    

 

☆こちらの記事もおススメです 

 

comuron47.hatenablog.com

 

************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡