読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

そんな簡単にいかないよ。

病院に勤務すると、スタッフや患者さんと 

 

話を聞く機会がたくさんあります。  

 

メルマガの返信もいただくようになり、 

 

悩みがどこにあるのか?もより、明らかになり 

 

ブログに書きたいこともたまっています。 

 

 

 

 

昨日、膀胱ガンに対して

 

放射線治療を受け終わったばかりの 

 

壮年男性がきました。 

 

どんな治療を受けても、副作用は出ます。 

 

その男性は気の毒なことに 

 

味覚障害聴覚障害、その前は幻覚、そして激痛に

 

見舞われていました。 

 

 

 

ガン治療をした医師は

 

副作用について患者さんが訴えると

 

「精神科にいって、みてもらったほうがいい」と

 

言ったそうです。 

 

 

 

わたしは「絶対精神科にいかないほうがいい」と

 

言いました。 

 

副作用を訴えられると、うるさいから

 

精神科で精神安定剤を飲まされ、

 

ぼーっとさせて、

 

医者への訴えが少なくなるようにさせたい。

 

もちろん、患者さんがそれで楽になり、

 

生活の質があがるのならいいです。 

 

でも、精神安定剤を飲んで、

 

さらにふらついたり、

 

考えがまとまらなくなり、

 

元々、しっかりとしていたその人が

 

「なんか、張り切らない」

 

「もう、自分はダメだ」となってしまったら

 

それはものすごく、

 

その方の人生にとっては不利益ではありませんか? 

 

 

 

f:id:comuron47:20160712061549j:plain

 

 

 

 

わたしは、このように話ました。

 

 

 

「まだ、ガンを発症して、それがわかってから

 

数ヶ月。治療をうけて、まだ一ヶ月もたっていません。

 

もちろん、がん細胞が身体から

 

すべてなくなってしまえば安心だ。

 

その気持ちはよくわかります。

 

でも、もともと、

 

がん細胞も自分の細胞から発したものです。

 

それを、いらないものだから、

 

怖いものだから、と忌み嫌って

 

一つ残さず、なくしてしまおう、と

 

日々、そこと戦ってしまうと、

 

身体もこころも、固まります。

 

身体が固まると、交感神経という緊張の神経が働き、

 

リラックスの副交感神経の働きとの

 

バランスがくずれ、

 

いろんな不調が生じてきます。

 

免疫機能も、ストレスによって、下がります。

 

こころも、そうです。

 

「いま、すぐ、この場でなくしたい。

 

いますぐ、健康にもどりたい」

 

そういう焦りがあると、

 

身体の小さな不調にも、目がいくようになり、

 

目がいくと、意識するようになり、

 

そこがどんどん、強調されてきます。

 

なので、まずは、焦らずに

 

「一日でもはやく、元に戻らなければならない」という考え方を

 

少し変えてみましょう。

 

「秋頃には、自分の身体の細胞の、

 

均衡、バランスが再編されるといいな

 

このような考え方のほうが、

 

全体がよくなると思います。」 

 

 

 

わたしは、男性にこのようにお話しました。

 

 

 

真面目な男性は、

 

一日でも早く、元通りの身体にもどさないといけない、

 

怖い、再発したら困る。

 

そう感じてらっしゃっいました。

 

でも、怖れからそこに向き合い、

 

自分の身体を攻撃するような監視は

 

一つもよいことがありません。

 

元々は、自分の細胞です。

 

良い細胞、良くない細胞も、

 

均衡を保てば、それが健康だと

 

私は考えています。

 

良くない細胞は一つ残らず排除せねばならぬ、と

 

戦ってはいけない、と。

 

元通りを目指してはならぬ、と。

 

 

 

バランスをとる。

 

均衡をとる。

 

それを、焦らずに、身体とこころの糸調子を合わせるように、

 

身体にまかせて、待ってあげる。

 

 

f:id:comuron47:20160712061644j:plain

 

 

 

待つことができない人が多いです。

 

そして、期待をし過ぎて、その通りにならないから、と

 

落胆し過ぎな人が多いです。

 

 

 

落胆しても一つもよいことはありません。

 

そりゃ、一瞬、「あ〜あ、もうやだ」と思うことはあります。

 

でも、それを引きずり、

 

「なんで、いつもこうなんだろう」

 

「わたしは、ほんと、ダメだ」とそれで落胆し続けても、

 

良くないことばかり起こるでしょう。

 

悪い流れは、そうやってできていくのだと思います。

 

 

 

落胆するようなことが起こったら

 

がっかりしてもいいです。

 

でも、そう簡単に元通りになったり、

 

そう簡単に思い通りになんかなりません。

 

時間がかかります。

 

その猶予を、自分に与えてあげる優しい気持ちが

 

とても大切なのです。

 

 

 

あの人は、すぐ、できてるのに!

 

 

 

そう感じるのなら、そのあの人の陰を見てないからでしょう。

 

あの人も、すぐできたわけではないのです。

 

努力をしたり、勉強したり、心を整えたり、いろんなことを

 

時間をかけて、陰ながらやった結果

 

「すぐできたように見える、今の現実」があるだけです。

 

 

 

誰でも、

 

努力をしたり、勉強したり、心を整えたり、いろんなことを

 

時間をかけて、陰ながらやれば、

 

今の現実は変わらないはずがありません。

 

でも、時間がかかるのだ、というところに怯まないことです。

 

今すぐ、できないことを、恐れない。焦らない。責めない。

 

 

 

これは、健康でも、自己実現でも、人間関係でも、

 

どんなことにも、当てはまります。

 

 

 

膀胱ガンのおじさまだけではなく、

 

夫婦関係に悩む方。

 

自分の経済力に不安がある方。

 

自分を変えたくて、もがいている方。 

 

自分だけ取り残されている気がする方。

 

自分の本心がわからない、素が出せない方。

 

子育てに悩む方。

 

 

 

すべての悩む方にとって

 

そう簡単にはいかないけど、

 

時間をかけること、

 

自分に猶予を与えながら、

 

一ミリでも前に進む勇気を持つこと

 

大切なんだ、ということを、

 

思いました。

 

 

 

☆メルマガでは、医者生活から得られた

健康概論のpdfなども、シェアしています。

よかったら、こちらから登録してくださいね!! 

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com

     です。スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、このメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 
    

 

☆こちらの記事もおススメです  

 

自分がまだ、知らないことがたくさんある、
これに気がつけることがとても大事。 
知ったつもりの傲慢さは、人の成長をとめる。 

 

comuron47.hatenablog.com

 

 

************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする