女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

理想の相手を探さない。

私の一番の興味は、年頃になってから

 

ずっと恋愛でした。 

 

医学ではなく、恋愛。

 

そして結婚してからは、パートナーシップ。 

 

 

でも、それを書くのは、なんとなくためらいがあり、

 

以前のブログではあまり書いてきませんでした。

 

個人的な話すぎるのではないかな?と。 

 

でも、さりげなく、

 

この3つは書いてみました。

 

反響が多かったので、驚きました。

 

 

 

 

comuron47.hatenablog.com

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

 

 

 

メルマガの返信、

 

病院スタッフの相談でみると、

 

「パートナーに自分をさらけ出せないことによる、苦痛」が原因

 

表面的な悩みはパートナーシップではなくても、

 

そこに根っこがあるパターンがとても多いです。

 

 

 

自分をさらけ出すのは、パートナーでなくてもいいです。

 

でも、もし同居したり、濃くお付き合いをされてるのなら、

 

パートナーにまず、自分をさらけ出す、

 

そして、自分が思ってることをわかってもらわないと、

 

ものすごくストレスになると思います。

 

 

 

そして、悩みの最初の原因が、

 

お付き合いを始めた頃や、結婚したばかりの頃、

 

そこにあるんじゃないかな?と思うのです。

 

f:id:comuron47:20160713065518j:plain

 

 

どういうことか?というと、

 

まだ、気を遣ったりしているとき、

 

「こんなつまんないことを、言ったら、自分がかっこ悪い」と思って

 

相手に訴えられないことです。

 

 

 

たとえば、

 

歯ブラシの置き場が違う。

 

歯磨き粉の使い方が、自分と違う。

 

タオルは、それじゃない方を使ってほしい。

 

食べるときに、音を出さないで。

 

自分の分だけ、先にいつもとらないで。

 

そういう呼び方をしないで。etc 
 
 

 

 

書くと、ばかばかしいような内容かもしれませんが、

 

人が他人のことで気になるのは、

 

ものすごく、ある意味くだらないこと、些細なことです。

 

 

 

 

「こんな、くだらないこと、言っても嫌な思いさせるなら

 

言わないほうがいいや」

 

まだ、初々しい時期には、自分もかわいく思われたいから

 

言わないのです。

 

 

 

そこ!!!!!!

 

 

 

そこから、数年後、大きな大きな問題へと

 

発展します。

 

 

何がそういう関係でイヤか?というと、

 

他愛もない会話で笑ったり、

 

「まあ、そういうこと、あるよね」とちょっと声かけしあったり、

 

それだけで、些細な問題は

 

すっと消えてなくなるのに。 

 

 

 

どうでもいいこと、些細なこと、くだらないことが

 

言えないと、

 

大事なこと、重大な相談、ほんとに悩んでいることなんて、

 

更に言えるはずないのです。

 

 

 

普段からどうしようもない会話をしたり、

 

小さなケンカというか、

 

じゃれ合いのような言い合いをしてると、

 

慣れてるので、

 

大事なことや、重大な相談をしても、

 

相手も自分も、基盤があるし、

 

嫌だけど、それと向き合おうと努力できるのです。

 

 

 

パートナーが仕事で疲れてるから、

 

パートナーの機嫌が悪そうだから、と

 

毎日、言うタイミングをうかがって、

 

結局、タイミングを逃してしまうことを

 

何度も繰り返している、切ない女性が

 

たくさんいます。

 

 

 

ほんと、男性は、その辺りのことが

 

わかっていませんね。

 

 

 

聞けよ!!

 

 

 

女性も、言わないと、わからないです。

 

相手には、言わないと、伝わらない。

 

でも、言えない。

 

 

 

どうしてだと思いますか?

 

 

 

それは、

 

自分自身の嫌なところに、折り合いがついてないからです。

 

comuron47.hatenablog.com 

 

この記事に、どうやって自分と折り合いをつけるか?について

 

書いてあります。

 

 

 

「まあ、自分なんてそんなものよね」

 

良い意味で開き直ってないから。

 

 

 

完璧主義でいると、

 

自分のくだらないところ、

 

些細なことを気にするところなど、

 

小さな欠点、誰でもある欠点すら

 

認めることができません。

 

 

 

だからこそ、

 

たとえそれが一番近い他人のパートナーであっても

 

言うことができない。

 

 

 

それが続いて数年たつと、

 

見事に会話のない、冷め切った関係ができあがります。

 

お付き合いしてるだけなら、

 

別れる時期でしょう。

 

数年たつと、別れることになる関係は、

 

恐らく、些細なことが言い合えない、

 

自分の素の気持ちが伝え合えない、

 

そこが原因なのではないでしょうか?

 

 

f:id:comuron47:20160713065801j:plain

 

 

些細なこと、くだらないことが言えないと

 

性的な関係だって

 

もちろん、ムリだと思います。

 

苦痛でしかない。

 

私が思うのに、性的なことこそ、

 

自分が思ってることを伝えない限り、

 

それは単なる行為でしかなく

 

それこそ「子づくり」という

 

目的を果たすためだけの行為。

 

仕方ないからするだけの行為になるでしょう。

 

 

 

まあ、性的なことは好き嫌いがあるから

 

特に、強要はしませんが、

 

いちゃいちゃすることのススメを説いた 

 

男女について。 - 女医とも子の診察室」の記事の通り 

 

心でも、身体でも、イチャイチャするだけで、

 

男女は、幸福感や、充実感、充足感を感じるものだと

 

わたしは思っています。

 

お金や、モノ、旅行、自己実現などでは、

 

それは埋めることができません。

 

 

 

だだだだだだと、総論的に書きましたが、

 

理想の相手を探す前に。

 

今の相手と一緒にいながらでも、

 

あるいは、少し「相手を探す」ことから離れて、

 

「自分が大したことないや」というところで

 

折り合いをつけることをおススメします。

 

 

 

自分と仲良くなる、

 

自分がすごくなくても、許すこと。

 

 

こう書くと、

 

自分を満たすことに必死になるひとがいます。

 

必死にならないでください。

 

 

何でもそうですが、

 

必死にならないことです。

 

焦らないことです。

 

 

 

 

結婚しちゃえば楽になるかも、なんて

 

幻想です。

 

楽になること、なんて

 

世の中にありません。w

 

 

 

やりたいことをやる。

 

自分を満たす。

 

自分と向き合う。

 

 

 

真面目な方ほど、必死にこれらをやる。

 

必死になることではありません。

 

時期がきたら、

 

そうなります。

 

 

 

とにかく、自分というものの

 

生身な状態を観察してください。

 

客観的に、観察してみるのです。

 

 

まるで新しい生き物を飼ったかのように。

 

 

それだけでいいです。

 

発見があるでしょう。

 

 

理想の相手を探す前に、

 

目の前の相手を観察する前に、

 

まずは、自分を観察しましょう。

 

それが、自分なんだ、ということを

 

「へー、そうだったんだ〜」と素直に思いましょう。

 

 

 

自分と仲良くなってないひとは

 

パートナーシップは築けません。

 

 

 

☆メルマガでは、医者生活から得られた

健康概論のpdfなども、シェアしています。

よかったら、こちらから登録してくださいね!! 

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com

     です。スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、このメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 
    

 

☆紹介した記事のまとめ

 

 

comuron47.hatenablog.com

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

comuron47.hatenablog.com

 

 

 

************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする