女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

正しいケンカの仕方。

パートナー、家族、友達、あるいは、会議。
 
「また、ケンカしちゃってさ~。」ということが 
 
あります。 
 
 
 
いわゆる「ケンカ」というと、
 
お互い感情的に、
 
一方的に好き勝手なことを言い合って、
 
どちらかが折れるまでやり合って、
 
どちらかが降参したらそこで、おわり。 
 
 
 
そういうパターンが多くありませんか?  
 
 
 
 
それをやっていると、 
 
次もまた、同じパターンでケンカになることが
 
ほとんどですよね。 
 
なぜなら、なんの解決にもならい 
 
感情的な言い合いをしているだけだから。 
 
 
 
 
なるべく、ケンカはしたくありません。 
 
「わたしの意見もわかって!」
 
そういう隠れた想いがあるから、 
 
ケンカになる。 
 
 
 
 
 なのに、 
 
ピントはずれのエネルギーの浪費で
 
終わってしまう。 
 
これではせっかく言いたいこと言っても、
 
意味がありませんね。
 
 


じゃあ、どうしたらいいののでしょうか?
 
 

f:id:comuron47:20160720062852j:plain

 
 
「ケンカ」という認識をやめて、
 
「お互いに言いたいことを言って、 
 
妥協点を探る場」という風に認識し直す。
 
 
 
 
 
そして、言いたいこと、不満なことがあったら、
 
相手も自分も落ち着いて
 
時間をちゃんととり、 
 
「とことん、言いたいことを言い合う」
 
「素の自分になって、素直に」 
 
 お互いが言いたいことがなくなるまで、言う。
 
すべての意見が出そろったところで、 
 
やっと
 
お互いの意見を擦り合わせる。
 
妥協点を見つける。
 
 
 
我々が「ケンカ」と言ってるのは、 
 
あくまで優劣、強弱を付けて、 
 
優れた意見、強い方が勝つ!というのが「ケンカ」。 
 
負けた方の意見は
 
何一つ、取り入れられず、 
  
ほとんど「無視!」ですよね。 
 
 


それでは、せっかく言い合ったって、 
  
どちらかは、「言い損」ですよね。 
 
 
 
 
 
片方の意見を押し通すことが目的ではなく、 
 
「妥協点を探ること場」が「いわゆるケンカ」
 
と呼ばれているものだと私は思うのです。 
 
 
 
会議だってそうですね。 
 
派閥を作って、勝負けを争う場なのなら、
 
それは何の進展もない 
 
子どものおふざけと同じです。
 
「俺の方が偉い」
 
「いや、こっちのほうが偉い」と。
 
 
 
不毛な戦いに自分の時間を投じることこそ、
 
私が一番したくないことです。
 
なので、私はなるべく感情的な言い合いは
 
もう、したくありません。
 
 
 
「なに!?この人言ってるの!?」
 
というときは、
 
「この人には、この人の生き方もあれば
 
考え方もある。
 
私がそれを背負って、どうにかして変えてあげよう、と
 
考える必要はないな。」と。 
 
 
 
人はどうしても
 
「自分が正しい」と信じています。
 
もちろん、「自分を信じること」は
 
何よりも大切でしょう。
 
でも、「自分が正しい」を人に押し付けることは
 
また、別次元ですね。
 
正しい、正しくない、の問題ではない、と
 
いうことです。
 
 
 
 
それぞれの人が自分の宇宙を信じている。
 
一つ一つの宇宙が、交わる部分で
 
共感が起こる。
 
交わらない部分のことで、
 
ヤキモキすることはありませんね。
 

f:id:comuron47:20160720062934j:plain

 
 
感情的なケンカになるときの原因は
 
正しい、正しくない、の物差しでみているときです。
 
そうではなく、
 
「相手の宇宙はどんなものなのかな?」
 
知ろうとする視点を持つことで、
 
消耗することなく、
 
返って、相手のことをより良く知るための
 
絶好のチャンスになることもある、ということです。
 
 
 
まあ、それでも、
 
「まったく、知りたくもない」のであれば、
 
それは、あっさりと身を引く。
 
そこまでして、
 
ムリにお付き合いをしていく必要はまったくありませんね。
 
 
 
 
イヤなのに、断れずお付き合いをしているから、
 
いつも消耗している人がたくさん。
 
そんなものはいりません。
 
「私とは、違う宇宙だわ」と諦めて、
 
あっさりと身をひきましょう。
 
それは、何の罪悪感を感じる必要もない、と
 
わたしは思います。
 
 

メルマガでは 

自分と上手に付き合うための方法、 

人とどうやって仲良くしていくか?なども

配信しています。 

よかったら、こちらから登録してくださいね!! 

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com

     です。スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、このメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 
    

 

 

☆今日の参照記事です。

 

 

comuron47.hatenablog.com

 

 

 

comuron47.hatenablog.com

************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡

 

 

 

 
 
 
 

 

 
 
広告を非表示にする