女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

「何もしない」ってどうやるの?

自分を大事にする
 
自分の声を聴く
 
自分が好きなことをする
 
 
 
そのために何もしない時間を
 
持ちましょう。
 
 
 
こういうことを書いていると
 
「何もしない」ということを
 
間違って解釈してしまう方もいます。
 
 
 
 
自分の声を聞こうとしてるのに
 
聞こえない、わからない、何をしたいのかわからない、と
 
また、悩んでしまう。
 
 
 
 
これまで他人目線で生きてきて
 
自分のことを後回しにしてきたひとは
 
まず、
 
他人の目線を気にしない、
 
他人の価値観で生きないようにする
 
準備の時期がいるでしょう。
 
 
 
 
 
その準備とは、
 
それまでの自分の価値観を
 
いったん、捨てる時期です。
 
 
 
 
他人目線で生きてきたそのモーターを
 
止める作業です。
 
 
 
 
グルグル グルグル
 
超高速回転で、他人の思考を模索し
 
他人のために生きてきた、
 
ヒトのためにやってあげてきた、
 
求められるように、動いてきた。
 
 
 
その超高速回転を止めるのに
 
まず、時間がかかるでしょう。
 
もう、それはやめよう、と思っても
 
つい、それをまたやってしまう、
 
罪悪感や、怖れから、
 
そうしている方が、まだ楽だったりするのです。
 
 
 
でも、どうにかして、モーターを止めた。
 
 
 
その後、
 
間違えるひとは
 
「自分の声を聞こう」と
 
また、いろんなことをすぐに始めます。
 
 
 
「何もしない」ということが
 
「他人のために何もしない」であって
 
今度は
 
「自分のために何かしよう」
 
ヨガをしたり、ストレッチ教室に通ったり
 
ヒーリングに、スピリチュアルカウンセリングetc 
 
とにかく、じっとしてないで
 
自分のために何かしてあげようとします。
 
 
 
 
そこが、違うのです。
 
 

f:id:comuron47:20160729120207j:plain

 
 
 
私が昨年やった「何もしない」というのは
 
本当に腐って、寝ていた、ということです。
 
ベッドから出ないこともありました。
 
必要な家事、育児はしましたが
 
あとはベッドで寝たきりとか
 
ご飯も食べない、とか
 
何もしないで、ゴロゴロと
 
ずっとだらしなく、していました。
 
 
 
 
「こんな時間に寝てていいのかな?」と
 
最初は思いました。
 
でも、
 
慣れてくると
 
「どうして、これまで時間を細切れにしてまで
 
必死にいろんな、ためになりそうなことに
 
振り回されてきたんだろう」と思うようになりました。
 
 
 
 
とにかく
 
何もせずに、腐る。
 
もちろん、その時のFacebookの発信は
 
何も書くことがない。
 
気づきといえば、自分のための気づきであって
 
他人のためになること、
 
他人のヒントになることなんて、
 
まったく、思いつきませんでした。
 
だから、少し焦ったこともありました。
 
 
 
 
でも、わたしは情報発信の為に生きてるのではないし、
 
別にそれができなくても
 
どうでも良かったし、
 
つまんないことを書くなら書かなくてよかった。
 
 
 
そういう風に思っていました。
 
 
 
それで、本当に半年以上
 
だらだら、ゴロゴロして、
 
めったに人にも会わず、
 
最低限必要な家事、育児だけをしていました。
 
 
 
 
そして、機が熟してきたのでしょう。
 
 
 
あるとき、ふと
 
「そろそろやろう」と
 
思ったのです。
 
 
 
内側から湧いてきました。
 
パワーが。
 
 
 
 
そうなって、初めて
 
自分との対話が始まります。
 
それまでは、
 
対話すらしなくていいし、
 
聞こうとしない。
 
 
 
 
自分の声なんて急に聞こうとしたって
 
これまで散々無視され続けてきた
 
本来の自分だって、
 
そう堰を切ったように声を発するはずが
 
ないのです。
 
 
 
 
ただ、だらだらして
 
自分の内側から湧いてくる声、湧いてくる力が出るまで
 
弛緩するのみです。
 
 
 
 
意味ない時間のように最初は思えても、
 
それがかけがえのない時間だったのは
 
今になって、わかります。
 
 
 
 
また、何か落ち込んだり、
 
違和感が出たら
 
わたしはダラダラ、ゴロゴロ、
 
間違いなくするでしょう。
 
 
 
 
 
何もしない、というのは
 
そういうことです。
 
美しい景色をみて感動することでも
 
自然の中に身をおいて、癒されることでも、
 
旅行にいって、のんびりすることでもありません。
 
 
 
いま、その場で
 
ひたすら、だらだらするだけ。
 
何もしない、ってそういうことです。
 
「何かしようとしないこと」
 
 
 
 
そういう時期を、
 
じゃあ、どれくらい過ごしたら
 
わたしは私らしくなれるんですか?と
 
質問がきそうです。
 
 
 
それはわかりません。
 
自分をいじめ抜いてきたひとは
 
その分、時間がかかるでしょう。
 
自分を酷使してきたひとは
 
根っから疲れ果て
 
感情もないでしょう。
 
 
 
枯れた泉から、再び湧き水が湧いてくるのには
 
時間がかかります。
 
 
 
 
 
でも、
 
人生の時間を考えたときに、
 
この先も
 
そのまま他人目線でとりあえず、
 
カツカツで生きるのか?
 
 
 
 
一旦立ち止まり、
 
湧き水というパワーが自分に湧いてくるのを待って
 
その湧き出るパワーを持って
 
生き直すつもりなのか?
 
 
 
 
そのために、
 
無意味に思えるような時間を
 
自分のために準備してあげるのか?
 
自分にそれを許すのか?
 
 
 
 
 
どちらを選んでも別に良いと思います。
 
それは自分で決めることです。
 
 

f:id:comuron47:20160729120413j:plain

 
 
私は自分と仲良くなり、
 
わたしという乗り物を乗りこなすと決めました。
 
なので、自分に対して
 
だらだらして、リハビリをする、という時間を持つことが
 
許可できたのです。
 
それをするわたしを、許すことができたのです。
 
 
 
 
生活に追われていたら、
 
できないことでしょう。
 
でも、何にいったい、そんなに自分が追われているのか?
 
その正体をつかんでしまったら、
 
「ふざけんなよ!」と思えるかもしれません。
 
 
 
 
わたしは、もう、
 
誰かに意図して作られた価値観に
 
踊らされることは
 
ないでしょう。
 
 
 
 
 
自分の生き方は自分で決める。
 
他人に決めてもらうのでもなく
 
他人に許可をもらうのでもなく
 
その結果を引き受けるのも自分です。
 
 
 
 
ちょっとヒントをもらってそれができる人もいます。
 
でも、
 
こじらせていれば
 
ヒントを得ることすらできないでしょう。
 
ヒントを、ヒントだ、と認識することができないからです。
 
自分に向けてそれが意味がある、と
 
思うことができないからです。
 
 
 
 
すがりたい、助けてほしい、ばかりになります。
 
ただ、待っていて何の労力もお金も時間も
 
自分に使わずに
 
どうにかならないのか?と悩んでいても
 
まったくどうにもならない、というのは
 
私が自分でそうだったのでわかります。
 
 
 
 
 
怒ろうが
 
悲しもうが、
 
泣き叫ぼうが
 
落ち込もうが
 
すべて自分がどうにかするしありません。
 
誰のせいでもありません。
 
 
 
 
そこに気がつくことがまず始まりです。
 
 
 

メルマガでは 

読者さんからの返信を元にして、良い質問にメルマガやブログで

応えることもしています。

よかったら、こちらから登録してくださいね!! 

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com

     です。スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、このメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     コーチングなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが深いな方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおすすめ記事です 

 

comuron47.hatenablog.com

 

 

************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡