読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

冷え性をなめるな。〜冷え性の30代から80代まで〜

【閲覧注意】な記事です。 

 

親子話も書いてあるので。

 

 

冷え性をなめてる人が多いですね。

 

 

わたしも、過去に冷え性だったので

 

それがどんな影響を及ぼすのか?が

 

よくわかるのです。

 

 

 

冷え性は、単に内蔵を冷やして

 

代謝が落ちる。

 

生理不順、月経困難、便秘、下痢

 

発汗異常、消化不良など、

 

そんな自分だけの問題だったら

 

まだいいです。

 

まだ、いいのです。

 

 

 

冷え性は広がります。

 

周りに。

 

 

 

え?!って思いますよね。

 

 

 

でも、冷えてる人のすることは

 

周りに悪影響を及ぼすことを

 

わたしは良く知っています。

 

 

 

 

冷えると、身体にとってはストレスです。

 

「むりむり!余裕ない!」と

 

ピンチを感じるのです。

 

 

 

そうすると、

 

周りにいる人に優しくできなくなります。

 

自分が攻撃されないように、

 

人を攻撃するようになります。

 

f:id:comuron47:20160801165514j:plain

 

 

たとえば、

 

30代のお母さんなら、

 

2、3歳の子ども達に優しくできない。

 

八つ当たりをしたり、

 

イライラした態度をみせたり、

 

ひどい声かけをしたりします。

 

 

 

 

40代になると、

 

あれや、これや、指図をするようになるでしょう。

 

余裕がないひとは

 

「他人も、出来事も

 

自分の思い通りにならなければならない」と

 

信じています。

 

 

 

絶対叶わないことを叶えるために、

 

周りにあれこれ、指図をして

 

どうにか自分の思い通りに物事も、人も

 

推し進めようとします。

 

 

 

そうすると、そこでまた、

 

いろんな抑圧が生まれます。

 

 

 

親子関係であれば、

 

子どもに口うるさく指図をし過ぎる。

 

結果、子どもは自分は大事じゃない存在だ、と

 

思うようにもなるでしょう。

 

自分のしたいことより、

 

親の顔色をうかがう。

 

 

 

対人関係でも、

 

指図する人の周りにいるひとは

 

ものすごく不幸ですよね。

 

 

 

一方で、冷え性で引っ込み思案なひともいます。

 

 

 

その人は、もともとおとなしいうえに、

 

冷え性で、身体に余裕がないので、

 

余計に、人の前で話したり、

 

好きなことをする元気もないでしょう。

 

ちょっとムリをすると、すぐ体調を崩す。

 

だから、静かにしてないと、だめだわ、

 

わたしって、だめね。と、

 

意気消沈する40代です。

 

 

 

40代はいろいろと、満ちてきて楽しいはずなのに

 

一番元気だと思われる時代に

 

意気消沈。

 

 

 

50代になりました。

 

生理も終わってくる時期でしょう。

 

更年期障害というのは

 

冷え性の人はひどく症状が出ます。

 

ほてり、動悸、耳鳴り、イライラ、鬱etc.

 

 

 

様々な症状に加えて、

 

周りの人間関係は、これまで

 

冷え症によって、やりたい放題やってきてしまってるので、

 

きっと、親身になってくれるい人は

 

少ないでしょう。

 

いないかもしれませんね。

 

 

 

でも、仕方ないのです。

 

自分がそうやって、人にやってきたことだから。

 

 

 

お友達とランチにいっても、

 

前は楽しかったのに、

 

「お友達のほうが、楽しそうで、きれいだし、

 

くやしい!」となるかもしれません。

 

50代には、生き様がそのまま、表現されてくるので、

 

大きく差が出てきます。

 

外見も、内面も。

 

 

 

子どもは、もう、高校生や、成人をしています。

 

が、

 

子どもの頃に「自分は何でもできる」

 

「自分はいるだけで価値がある」と

 

思えなかった子どもは、

 

成長してもそのままです。

 

 

 

その子が賢くて、

 

自分で学び、本でも読んだりして、

 

「自分はこれからやろう!」と思えるのなら

 

とてもいいですね。

 

 

 

でも、なかなかそうはいかず、

 

親が思うよったように「安心して普通に生きてくれる大人」に

 

なってないでしょう。

 

 

 

自分も周りのお友達と比べて、なんか楽しそうじゃないし、

 

子どもも、なんで、こうなっちゃったんだろう?と

 

悩みが深くなります。

 

 

 

 

冷え性ごときで、

 

ここまでストーリを展開していますが、

 

実際に外来でみてきた像をつなげただけで、

 

作り話ではありません。

 

 

f:id:comuron47:20160801165600j:plain

 

 

70代になると、

 

冷え性から、神経症、自律神経失調が固定されてしまって

 

様々な疾患を持ってしまっているひとも

 

出てきます。

 

 

 

とにかく、何をしても不安。

 

いつも、確認したい、大丈夫かどうか?

 

食べ物がおいしくない。

 

何もしたくない。

 

自分の身体が健康かどうか?だけが

 

とにかく気になる。

 

 

 

こうなると、

 

誰の言うことも聞けないし、

 

いつも不安で、自分の訴えだけを繰り返す

 

「人に迷惑をかけるひと」になってしまいます。

 

 

 

実際にいつも神経を健康につかうので、

 

身体の調子も不安に従って

 

悪くなり、病院へ通うのが習慣になります。

 

 

 

 

子どもは結婚していないかもしれません。

 

朝は5時に起きてお弁当を息子に作ってあげないとならず、

 

夜も帰りが遅いので、

 

ご飯を暖めてあげるために起きていないと

 

心配だと。

 

高齢のおばあちゃんが、60歳過ぎた子どものために

 

身体を悪くしてまで面倒をみて、悪くなって

 

病院にきて、話を聞いてもらって慰めてもらって、

 

また、子どものためにがんばる。

 

 

 

結婚していない息子さんと高齢のお母さんの暮らしを

 

たくさんみてきました。

 

結婚しないのがいけない、のではなくて、

 

高齢の親に世話になって平気な子どもは

 

親が亡くなったらどうするのかな?と

 

わたしはいつもそう思ってみていました。 

 

どんどん、お母さんは歳をとっていきます。

 

段々、病気にもなっていきます。

 

介護をしてもらえるか?というと

 

どうなのでしょう。

 

お母さんのことを大事だ、と思っているなら

 

介護もするでしょうけれど、

 

冷え性のまだ30代だった頃からのお母さんが

 

子どもにどう接してきたのか?

 

その結果の親子関係の最終型は

 

後にならないとわかりません。

 

 

 

今日は、脅かしでも何でもなく、

 

冷え性の30代のきれいなママが外来に来たので、

 

「ここで、大事に生活習慣を正さないと、

 

こうなりますよ」と

 

話たお話をシェアしました。

 

脅かしじゃないです。

 

リアルです。

 

それだけ、冷え性

 

気をつけたほうがいい、と

 

私は思っています。

 

 

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

文字を読むのと、声で聴くのでは、また違ったものがあるかと

思います。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com

     です。スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、このメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     コーチングなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが深いな方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおすすめ記事です 

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

 

************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡