女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

原因不明のお腹の痛み

50代女性。 
 
2年ほど前から、右下腹部が時々 

  

じーんと、痛くなる。 

  

内科で、大腸の内視鏡検査も受け、 

  

血液検査もしているけれど、 

  

原因は不明。 

  

我慢できないほどの痛みではないけれど、 

  

慢性的に痛みが続くので、 

  

困っているとのことでした。 

  

あ、健診で来た患者さんです。 

  

たまたま、私に当たって、この方は良かったかも  

 

しれません。 

  

  

 

視診で、椅子に座るまでのあいだに 

  

脊椎の湾曲が強く、 

  

いわゆる「でっちり」の姿勢でした。 

  

そして、体格が良く、きっとお産をしてから

 

体重が増えてそのままなんだろう、と。 

  

診察をしていて、聴診器が触れる皮膚が 

  

ぺたぺたしている。 

  

水毒があるな。」 

 

  

 

生理は不順なく、月経血の量も多くない。 

  

下痢、便秘はそうでもない。 

  

食欲ある。 

  

不眠なし。 

  

 

あまり、瘀血を疑う所見はなく、

 

また、メンタルは弱っていない。 

 

 

  

  

問診で、むち打ちや、何か怪我をしたり、

 

右足を打ったことがないか?と聞いたら 

 

「体育の授業で逆立ちの見本をしようとして、 

  

失敗をして、右足を打ち付けて痛い思いをした」と。 

 

お子さんも3人出産している。

 

 

 

 

なので、私がその方にアドバイスしたことは 

  

こうでした。 

 

 

f:id:comuron47:20160803111313j:plain

 

 

まず、脊椎と、骨盤の調整をしてもらうこと。

 

 

 

身体の筋肉や、筋は、骨に付着しています。 

  

それらが、内蔵も支えてくれています。 

 

よって、大本の骨がゆがんだり、ねじれていると、 

 

それは、筋肉や筋を引っぱり、 

 

結果、内蔵にもねじれや、位置の異常をきたし、 

 

痛みや、内蔵の正常機能を果たせないことも

 

あるのです。 

 

 

 

この記事にも姿勢をただすことの

 

大切さを書きました。

 

comuron47.hatenablog.com

 

  

 

「へー!そんなこと、言ってくれた先生は

 

2年間でいませんでした」

 

 

 

そうだろう、と思う。 

 

いろんなことに興味がないと、

 

自分の範囲だけで考えていたり、

 

みていたのでは、

 

わからないことがたくさんあります。

 

 

 

なので、私が信頼しているカイロや、整体の先生を

 

何人か、紹介しました。 

 

腕が良い先生にかからないと、

 

骨格の補正はうまくいかず、

 

通っても何もその時だけ楽になるだけで、

 

改善していかないパターンが多いです。

 

なので、

 

整体や、カイロは正しい先生にかからないと

 

だめです。

 

 

f:id:comuron47:20160803111339j:plain

 

 

 

もう一つ、患者さんにアドバイスしたのは、

 

「水をとりすぎないこと」です。

 

これは、この記事などに良く書いてあります。

 

comuron47.hatenablog.com

 

 

常々、女性には特に

 

体質によっては、水が苦手な場合もあるので、

 

やみくもに水、水、と騒がないよ、と

 

アドバイスしています。

 

 

 

この患者さんは、

 

水の毒による症状はそれほど出ていませんでしたが、

 

皮膚や、皮下脂肪に水が溜まっている所見があり、

 

これは、内蔵、特に重力にしたがって 

 

骨盤内付近に余分な水が溜まりやすく、

 

結果、骨盤内臓器を冷やす原因にもなるのです。

 

冷えれば、痛みます。

 

骨も、内蔵も、冷えると痛みます。

 

 

 

なので、痛いところは暖めると楽になるのは、

 

本当です。

 

 

 

毎晩、きちんと軽い汗をかくまで

 

入浴をすることは、だから大切です。

 

 

 

こんな感じで、

 

原因不明のお腹の痛みについて

 

アプローチの仕方をアドバイスしました。

 

結果が、どうなるのか?は

 

もちろん、気になるので、聞いてみたいです。

 

健診で偶然あった方なので、

 

また、お目にかかれるのかどうかわかりませんが。

 

 

 

 

いつでも、どんなときも、

 

「どうしてそうなるんだろう?」という視点を持つこと。

 

それについて

 

「じゃあ、どうしたらいいのだろう?」を考えることから

 

逃げないこと。

 

そして、それを実行に移し、しばらくは継続すること。

 

 

 

それは、何についても同じ方法だと思います。

 

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

文字を読むのと、声で聴くのでは、また違ったものがあるかと

思います。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com

     です。スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、このメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     コーチングなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが深いな方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日の参照記事です 

 


comuron47.hatenablog.com

 

 

comuron47.hatenablog.com

 

  

************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする