読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

人は変わる。

「あの先生、どうしてるかな」と 

 

今朝、トイレで思ったのです。 

 

ひどいねずみ色の肌で、

 

慢性頭痛を抱えていた怒りでいっぱいの 

 

高校の先生。 

 

よくなっているのなら、いいのだけどな...。 

 

 

 

comuron47.hatenablog.com 

 

 

 

そうしたら、今日、いらっしゃったのです。 

 

思わず、笑みがこぼれてしまいました。 

 

「どうしてるかと思っていたのですよ、今朝」と

 

話を始めました。 

 

 

 

先生は、別人になっていました。 

 

最初に私を受診したのが2月。 

 

何度か受診されて今日、2ヶ月ぶりでした。 

 

 

 

肌の色が違う。  

 

ねずみ色だったのが、

 

すっかり頬がピンク色に。

 

 

表情が違う。 

 

あのときは、怒りでチックが出ていたのに

 

温和な男性になっていました。 

 

 

 

肩と肩甲骨の張りが減り、

 

とても柔らかくなっていました。

 

結果、頭痛も減り、

 

痛み止めは飲まなくなって数ヶ月です。

 

 

 

何より、その人の雰囲気が

 

まったく別人になっていたので、

 

わたしは思わず、こう言いました。 

 

 

 

 

「先生は、まったく別人になられましたね。

 

最初の頃は、まるで嫌われ者の典型のような方だな、と

 

思っていましたが、

 

今は生徒にも、家族にも、人気、おだやかな関係なのでは?」と。

 

 

 

 

 

すると、先生は

 

「え?!わたし、大声なんて出してましたっけ?

 

ちがうでしょ。

 

そんな、大声なんて、出してませんよ〜。

 

いやいや、怒ってませんでしたから。」と、

 

もう、2月の自分を忘れてしまっていて、

 

わたしも驚きました。

 

 

f:id:comuron47:20160808133438j:plain

 

 

 

人は変わるときは、

 

このように、過去の自分の記憶すら

 

書き換えられてしまうことがあるのです。

 

 

 

自分がそのようにして、

 

苦しんでいたことすら忘れるほど

 

別人に。

 

 

 

わたしは、カルテにすべて記録をしてあるので、

 

その人が最初どうだったのか?は

 

忘れないようになっています。

 

 

 

そこから、

 

語りかけと、生活指導によって

 

どこまで変化できるのか?

 

そして、心が変わると、身体がどうなるのか?

 

周りの人間関係はどう変わるのか?

 

その人の人生の質がどう変化するのか?

 

 

 

それらにとても興味がありますし、

 

人が本当に求めているところは

 

そこなのではないのかな?と

 

思っています。

 

 

 

 

これからも、

 

やりっぱなしではなく、フォローをする、

 

フィードバックを得ることを

 

大切にしたいな、と

 

爽やかに変身した先生を送りだして、

 

思ったのでした。

 

f:id:comuron47:20160808133606j:plain

 

 

 

自分がこだわっている過去、

 

「自分はこういうひとだから」という部分。 

 

そこを変えてしまうということは

 

そこに穴や、空白ができてしまうのではないか?という

 

恐怖を覚えるのかもしれません。

 

 

 

でも、

 

その捨てたこだわり、こういう自分という部分には

 

きちんと、穴ではなく、

 

別のものがちゃんと埋めてくれるようになっています。

 

 

 

なので、

 

安心して、

 

「この思い込みはいらない」という部分は

 

捨てたらいいです。

 

消す。

 

薄める。

 

自分でそれをイメージするのです。

 

 

 

そして、

 

それを消した空間を気持ちのよい

 

色と、質感で埋めるイメージを持ちましょう。

 

 

 

そうすると、

 

人の心は変わるものです。

 

 

 

前の自分を忘れてしまうほどに

 

変われるのです。

 

 

 

心が変われば、人は変わる。

 

周りの出来事も変わる。

 

 

 

変わった方がいい、と言ってるのではありません。

 

自分が生きづらい、

 

そのせいで周りも苦しんでいる、

 

それならば、

 

そういう方法を試してみること、

 

完璧主義ではなく、

 

少しでも今より気楽になろうとすること、

 

その努力はしてもいいのでは?と

 

思っています。

 

 

 

頑なひとほど、

 

余白を意識しましょう。

 

みえない部分が大事です。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

文字を読むのと、声で聴くのでは、また違ったものがあるかと

思います。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com

     です。スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、このメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     コーチングなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが深いな方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 

 

comuron47.hatenablog.com 

 

 

 

************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする