読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

心が固まったとき。

他のひとと、自分が随分、違うみたいだ。 

 

同じものを、見ても、聞いても

 

感じることが違いすぎる。 

 

「もしかしたら、自分はおかしいのではないか?」 

 

 

こういう風に思うことは

 

度合いはともあれ

 

誰にでもある思いではないでしょうか?

 

 

 

それの度合いが強くなりすぎると

 

常に自分が周りから浮かないように

 

がんばって、「普通の反応」をするように

 

そこに心を砕くようになる。

 

自分がどう思うか?

 

自分がどう感じるか? 

 

それで、自分がどうしたいか?より、

 

周りから浮かないように

 

「変な風にみられないように」がんばる。

 

 

 

結婚して、子育てもした。

 

子どもたちを、どうにか育て上げた。

 

ふと、気がつくと

 

心が固まった自分がそこにいた。

 

 

 

何をしていいか、なんてわからない。

 

これから、何をしたいか?なんて、

 

まったく思い浮かばない。

 

何のために生きてるのか?すら

 

わからない。

 

ただ、死んだらいけない。

 

それだけが、どうにか自分を支えているだけ。

 

 

 

このように、心が完全に固まったしまい、

 

頭では「なにかしなければ」「前向きにならなければ」と

 

思っていても

 

何もすることができないとき

 

どうしたらいいでしょう?

 

 

 

私は、この方を実際に対面でみていないので

 

すべての状況を知りません。

 

お話をいただいただけなので。

 

 

 

ですが、できることをあげるとしたら

 

「心と身体がつながっていること」

 

やはり、利用することを考えます。

 

f:id:comuron47:20160819212957j:plain

 

心が、もうどうにも固まって動かないのなら 

 

身体を動かす。 

 

散歩がやはり、いいです。

 

そのままの服装でいいので、

 

気軽に5分でも、家の周りを歩く。

 

 

 

その他、ヨガはいいです。

 

ストレッチ体操みたいなのでもいいです。

 

呼吸と、動きを一緒にやることは

 

とても良いです。

 

 

 

なぜなら、呼吸を意識することで

 

自律神経に作用させることができるからです。

 

自律神経は、脳の視床下部でコントロールされており、

 

自動なので、

 

本来は持ち主の意思では働きをコントロールできません。

 

が、呼吸を大きくしていくと、

 

自律神経のうちの、副交感神経が優位になるので

 

緊張をほぐすことができます。

 

 

 

呼吸を意識しながら

 

身体を動かすことを続けていくと、 

 

心は自然とほぐれていきます。

 

身体だけ動いて、心が無動は

 

ありません。

 

ただ、焦らないことです。

 

 

ヨガのポーズができない。

 

ストレッチで身体が硬くて恥ずかしい。

 

こういうのは、

 

本当に気にせずに、

 

ただ、気持ちよく動くことだけに

 

集中するのです。

 

 

 

「心、動いてるかな?」なんて

 

考えなくても大丈夫です。

 

 

 

f:id:comuron47:20160819213041j:plain

 

 

心が固まっていますが、

 

ものすごく思考がうるさいはずです。

 

常に、頭の中で何かしゃべっているでしょう。

 

一人ごとのように。

 

それは、心の声とはまた、違います。

 

新聞、テレビ、世間の声、身近なひとの意見、

 

いろんな記憶が混ざり合い、

 

頭の中で常にしゃべっているはずです。

 

 

 

「あのときは、ああするべきだった」

 

「あなたが、こういうことしたから、こうなった」

 

「今更、なにをやってももう、遅い」etc.

 

 

 

あまりに思考がうるさすぎると、

 

心は対応できません。

 

どの声の言うことを聞いていいのか?

 

わからなくなり、混乱しています。

 

 

 

 

「自分の気持ちがわからない」というのは

 

頭の中の思考の声がうるさすぎて

 

心の声が聞き取れない

 

心もそして、固まって、閉ざした状態だと

 

思います。

 

 

 

なので、

 

頭の中の思考の声、いらない声を

 

止めます。

 

止めるというと、語弊があるかもしれません。

 

思考を聞き流す。

 

雲が流れるように、思考が流れていくことを

 

眺めていること。

 

思考に、いちいち、立ち止まって判断しないこと。

 

 

 

思考は、正しくは、止めることはできません。

 

勝手に生まれて、勝手に流れていきます。

 

 

 

その方法は、瞑想がいいです。

 

心を観る、ための瞑想です。

 

心を鎮めるためにやるものです。

 

 

 

瞑想も、お寺などで、教えていたり、

 

ヨガの先生が教えていたり、

 

今は、結構、メジャーになってきています。

 

瞑想はいいです。

 

 

 

私も、一番ひどく落ち込んでいたときに、

 

毎日1時間、座っていました。

 

最初は、一時間できませんでした。

 

10分も、座ると

 

「ムダなんじゃないか?」

 

「これがいったい、何になるんだろう?」とか

 

出てきます。

 

が、慣れてくるとできるようになり、

 

心の掃除ができます。

 

f:id:comuron47:20160819213808j:plain

 

 

心が固まったときには。

 

①軽い運動をして、身体を動かす。

 

②瞑想などをすることによって、うるさすぎる思考を

一日の中で、少しの時間でも客観的に眺める訓練をする。

 

難しそうでも、これはやる価値は

 

すごくある、と自分の経験からも、思います。

 

 

 

10年も、20年も、悩み尽くして、

 

固まった心をほぐすのには、

 

数日、数ヶ月、ではほぐれないかもしれません。

 

でも、

 

身体を動かせば、心は動きます。

 

少しずつ、です。

 

心を動かすために、歩く、のではなく、

 

ただ、歩く。考えなくても、大丈夫です。

 

 

 

瞑想をすれば

 

いかに、自分が余計な声に振り回されていたか?が

 

理解できます。

 

客観的にみることが、できるようになります。

 

 

 

 

数十年のつらさ、を

 

自分でほぐしていくことができます。

 

 

 

ぜひ、実践してみて欲しいこと、だと

 

思います。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

返信しているだけで、随分自分が整理されてきている方が

数多く出てきました。

わたしは、とても嬉しいです。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com

     です。スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、このメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     コーチングなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが深いな方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

 

************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡