読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

人の指摘をどう受け取るか?

ブログにFacebook、メルマガで発信をしていて

いろんな方からご意見をいただきます。

反応があること、はとても嬉しいですね。無関心はつまらないですね。

 

でも、どうでしょうか?

皆さんは、他人から何かしらの指摘を受けたときに

どうしますか?

「わ、言われちゃった」と落ち込みますか?

「なによ!うるさいな!」と怒りますか?

「もう、やめちゃおう」と引きこもりますか?

 

f:id:comuron47:20160829063715j:plain

 

私は、子どもの頃から身体が大きいことにコンプレックスがありました。

ものすごく大きかったのです。

それで、なるべく目立たぬように、意見も言わないように

そして、他人から何も言われないように、してきました。

 

 

なので、Facebookを「公開」に切り替えた2年ほど前は

本当に勇気がいりました。

それができたのは、自分には情報発信する理由があったからです。 

comuron47.hatenablog.com 

 

 

ですが、やり始めてやっぱりいろんな意見、指摘は

あって当然です。

それをすべて受け止め、喜んだり、反省したり、していたら

キリがないです。

他人の意見を、どうやって自分に取り入れるのか?は

とても大事なことですね。

 

 

言うことをまったく聞かない、のは損です。

どの部分を取り入れるのか?

 

 

たとえば、以前は私もいろんなセミナーに出かけ

その人が伝えたいこと、言いたいこと、について聞いてきました。

どうしたら、私はもっとよくなれるのか?と。

でも、実際に、聞いても私は「これを取り入れよう」というのは

もう、ないな、と思うようになりました。

インプットはもう、十分で、やっぱり自分の中に貯めているもの、を

どうアウトプットしていくか? 

それを勇気を出して、書くことだけ、出すことだけ、だと。

 

 

つまり、他人の言いたいこと、伝えたいこと、の中には

答えはなくて

自分がどう伝えるか?についてはまだまだ、改善の余地があるな、と

いうことです。

 

 

それは、どんな人にも言えることで

私のブログなどを読んでくださり、それを新たに取り入れる、というより

考え方などを利用して、自分の中にすでにあるもの、を

どうやって使っていこうか?をすることで

その人はその人らしく、生きられる、ということです。

 

f:id:comuron47:20160829063904j:plain

 

私のブログは「行間が空き過ぎて読みづらい」と

以前にも指摘がありました。

昨日、また、読んでくださってる方がどこかの記事で

指摘をされていました。

 

めんどくさがらずに、調べて行間を狭くする。

これは、指摘をうけたらすぐ、やること、ですね。

それによって、自分が傷つくとか、馬鹿にされた、とか

ありませんね。

 

人によっては、自分がしていること、をちょっと

「これは、こうした方がいいかもね」という言い方をしても

「文句を言われた!」「いちゃもんつけるな!」と

不機嫌になってしまう人もたくさん、います。

難しいです。伝えるのは。

 

 

でも、他人からの指摘を上手に、しかも自分は何の傷もつかずに

受入れて、改善することは、

自分を進化させるためにはとても大事なんじゃないかな、と

思っています。

 

成長と進化の違いは、

成長は同じ道すじの上での前進。

進化はある道から、違う道へ飛んでステップして、そこで前進していくこと。

そうどこかで、読みました。

確かにそうで、成長はもちろん、していくことに

何の疑問もありません。

 

 

ただ、大きく自分を変化させたい!のであれば

進化をするしかなく、そのためには

他人の指摘、言及を聞き入れて、改善する、大きく考え方を変える。

このように、他人のエキスを注入することなしに

進化する、ということはないのでは?

 

 

ただし、誰の意見も平等に取り扱う必要なんてもちろんありません。

誰の指摘を受け取るか?誰と話すか?はとても重要で

それがほぼ、すべて、だと言ってもいいかもしれません。

 

 

私の場合は、相手の背景を知った上でその人が

なぜ、それを言うのか?まで理解し、納得していないと

受入れることはありません。

口だけで言うのはいかに簡単か?を知っています。

相手がどんな生き方、考え方をしていて、どこに自分が共感を持って

その人と付き合う、会話するのか?

自分のことは棚に上げて、他人に言いたいことだけ言うひとは

世の中に溢れかえっています。

 

 

他人からの意見を鵜呑み、丸呑みにするのではなく、

他人からの意見によってひらめきを生むことがあります。

それは、出来事でもそうです。

自分の中だけで、ひらめきを生むのはとても難しい。

やはり、何かしらの刺激があってひらめくのだと

私は思っています。

 

 

そういう意味でも、

私は対話がとても大事で、自分が信頼している人との対話の中から

ひらめきを生むことはたくさんあります。

混沌の中から、ひらめきは生まれます。

整理整頓された、安心の中からは、ひらめきは生まれません。

 

 

今日は、ブログの行間を変えてみたことから、

他人からの指摘を上手に取り入れて、自分を進化させる、

そして、刺激をうけてひらめきを生む、ということについて

書いてみました。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

返信しているだけで、随分自分が整理されてきている方が

数多く出てきました。

わたしは、とても嬉しいです。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com

     です。スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、このメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     コーチングなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが深いな方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 

comuron47.hatenablog.com

 

************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡