読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

言いたいことが出せない理由。

自分そだて。

今日は、言いたいことが自分の中から出せないひとへ

 

どういう風にそれを、出してきたらいいか?という部分を

 

具体的に書きます。

 

 

 

私は、メルマガ読者の方に 

 

「とにかく、自分の思いや気づいたことを 

 

書いてください」と促しています。 

 

どうしてか?というと、子どもから大人になるにつれ

 

「こんなこと言うべきじゃない」

 

「大人げない」と隠してしまった自分の思いが

 

心の奥底で腐り始め、それが原因で

 

身体に不調をきたすことがあったり、

 

あるいは、「これをやってみたい」というチャレンジの気持ちに

 

重石をしてしまい、

 

「たのしくない」「なにしていいかわからない」と

 

不感症の状態になってしまうからです。

 

 

 

なので、とにかく書くことを、促しているのです。

 

 

 

「誰かに話す」よりも「秘密ノートに書く」ほうが

 

とても楽ですよね。

 

そういう私も、ブログに思いを書き綴ってもう、

 

3年になります。

 

書くことは、自分の心の整理になりました。

 

 

f:id:comuron47:20161003155650j:plain

 

今日、外来にいらした女性は

 

「のどにモノが詰まる」「背中が痛む」「眠りが浅い」などの症状で

 

2週間ほど前にいらっしゃいました。

 

 

 

漢方薬を処方すると同時に

 

散歩すること、会いたくない人に会わないこと

 

聞きたくないことも聞かないこと、を

 

指示しました。

 

それと、自己啓発の本を読んでたらやめること。

 

 

 

2週間で痛み、のど元のつかえ感はかなり

 

改善しました。

 

でも、まだまだ、押し込めている感じがあります。

 

 

 

なので、私はこうお話しました。

 

 

 

自分の思いを書いてください。

 

それは、時系列も関係なく、

 

あんな昔の、あんな些細なことも含めて

 

書いていいのです。

 

「こんなことで、私はまだ、悩んでいたのか?」とか、

 

「こんな些細なことを許せないなんて、嫌だ」とか、

 

「そんなことをまだ、根に持っているなんて

 

自分が汚いような気がして、なかったことにしたい」とか、

 

そういう思いがあると、思い自体をなかったことにしておきたい。

 

そういうことは、ありますものね。

 

 

 

ですが、そのものすごく過去の些細な引っかかり

 

「磁石の役目」をして

 

その磁石に、これまでありとあらゆる、わだかまりが

 

砂鉄のように引き寄せられて

 

小さな引っかかりに、たくさんの言えない思いたちが

 

ぶらんぶらん、とくっついて、ひとまとまりに

 

なっているのです。

 

それが、のど元のつっかえ感にもなって

 

現れているのでしょう。

 

 

 

ですから、

 

「馬鹿みたい」な昔のあのことや、あのひと、

 

「まだ覚えていたのか」というようなことも

 

すべて、とりあえず、書き出すのです。

 

どんな言葉でも、表現が出てきても

 

こんな自分、やだ」なんて言わないでください。

 

これまで、言えずにがんばってきた自分です。

 

書くことを許して、バンバン、どんどん、

 

時系列などどうでもいいから、

 

出てきたものから

 

殴り書きでも、なんでもいいから書くこと。

 

誰にも言わなくていいです。

 

 

 

書いていくうちに

 

磁石の威力が段々と、落ちていくでしょう。

 

そうすると、それに引き寄せられていた様々なわだかまりも

 

解体していくでしょう。自然と。

 

焦らず、一つ一つの作業をしていくと、

 

「汚くなりたくない」と思っていたけど、

 

実は、汚れたり、ガサガサになっていた心が

 

いつの間にか、きれいに整理されて、

 

つるんとした透明感が出てきます。

 

 

 

 

真面目なひとほど、

 

どうにかしたいから、本を読んだり、セミナーに言ったり

 

ブログを読んだり、入れることばかりして

 

補おうとする。

 

入れるほどに、これまでのわだかまった心には

 

さらに「できてない」「やっぱり、わたしダメじゃん」

 

さらに、いらないものばかりが、引き寄せられて

 

砂鉄が増えていく。

 

 

なので、入れることを一旦、ゆるめて

 

書いて、出すことです。

 

出し続けていくうちに、心が整理されていきます。

 

それから、勉強をすると

 

ものすごくよく、わかるようになります。

 

それまでは、少し、「勉強しなければ自分はよくならない」 は

 

おやすみです。

 

 

f:id:comuron47:20161003155719j:plain

 

山歩きをしているのですが、その時に

 

私はよく、良い方法を思いつきます。

 

その時に、自分が少し困っていること、などを

 

山を降りるときなどにイメージすると

 

良い方法を思いつくのです。

 

その一つを、今日はシェアしておきますね。

 

 

 

 

こんな感じです。

 

自分の心が汚れている、とげとげしていると、

 

言われる一言も、こびりついたり、刺さったりしやすい。

 

完璧にきれいな心なんてないけれど、

 

なるべく透明をイメージして整理していくと、

 

あまり、他人が言ったことによって

 

心にべったりと、う◎こをなすりつけられることは

 

なくなってくる。

 

世の中には、わざと、自分のう◎こをなすりつけてくる人が

 

いるものだから。

 

 

 

今日は、言いたいことが出せないひとへ

 

どういう風にそれを、出してきたらいいか?という部分を

 

具体的に書きました。

 

それと、嫌なことを言われがちなひとへ、お守りです。 

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com

     です。スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、このメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが深いな方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

comuron47.hatenablog.com

************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡