読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

何をしても中途半端になる?

わたしはわたしの未来の姿が思い描けません。

今はなんでも選びとれます。

だけど本当は何がしたいのかわからず、

興味のあることをいろいろやるのですが

全てが中途半端になってしまっています。

そう言うと友達には「真剣に考えてないんじゃないの?」と

言われます。その人は時々辛辣な言葉でアドバイスしてくれます。

今まで適当に生きてきたんじゃないの?」とか

「(大事な人を大事にできないのは)自分勝手だからなんじゃないの?」とか。

普段は優しいけど、時々そんな言葉を投げつけられます。

 

このようなお便りがきました。

 

中途半端じゃ、いけないですか? 

 

完璧な生き方も、完璧な結果もありません。

 

中途半端でもいい。 

 

 

 

だけど、大事なのは 

 

何をやってもいいから「自己満足はすること」だと思います。 

 

たとえば、私は裁縫がとても苦手です。

 

でも、子どもにせがまれ、ポケモンの布を買い求めて

 

手縫いでバックを作り上げました。 

 

素人感満載、中途半端もいいところです。 

 

ですが、私はその出来と、子どもの喜び具合に満足をしています。 

 

それを、他のママにみせたり、Facebookに掲載して

 

「いいじゃん!うまい!」とたくさん言われなければならない、となると、

 

苦しくなります。

 

「中途半端な出来だな〜」と落ち込むかもしれません。

 

 

 

ですが、生きるということはすべてにおいて

 

「自己満足でいい」し「自己満足ができない」から苦しんでいる。

 

自分を責めて、いじめて、ダメだ、できない、と

 

心の中で常にダメだしをしている。

 

これが、自分の心身を痛め付けている最大の原因であり、

 

また、自分から自信を奪う最大の敵でしょう。

 

 

 

自分をやっつけてるのは、他人ではなく、自分です。

 

 

 

中途半端の何が悪い?

 

 

 

それは、きっと、「勝負け」にこだわることにも

 

起因しているのでしょう。

 

私は、勝ち組だの負け組だの、という分け方が

 

大嫌いです。

 

誰が、それを決めた?

 

誰の基準だ?

 

くだらなさすぎて、笑ってしまうほど。

 

 

 

そんな、勝負けにこだわるのなら、

 

徹底的に自分の満足にこだわるんだよ、と思う。

 

 

 

やれ、誰がやるのはムリと言ったから

 

やれ、夫が反対してるから

 

やれ、子どもの世話があるから

 

やれ、私には資格がないので

 

やれ、私は頭が悪いので

 

 

 

そんなことは、どうだっていいのに

 

それは自己満足をさせることを拒むのには良い理由です。

 

f:id:comuron47:20161011153024j:plain

 

自己満足というのは、ニッチな部分であればあるほど、

 

自己満足ができるものです。

 

たとえば、私の自己満足なんていうのは

 

わざわざ、Facebookやブログに書くほどのことじゃないこと、だらけです。

 

私の嗜好なんて、誰も知らないでしょう。 

 

そういうものです。

 

書いてあること、は、他人にもウケるようなこと、

 

他人にも受入れやすいことだけ、を書いているのです。

 

 

 

 

他人に話しても理解されなくらいの小さな、小さなこと、

 

だけど、自分にとってはものすごくこだわりがあったり

 

とても大事な部分

 

この部分で自己満足をしていること、が

 

すごく大事です。

 

 

 

 

他人に報告したいようなこと、はハッキリいえば

 

それは「他人から承認されたいだけ」なのではないでしょうか?

 

 

 

「わたし、こんなことやってみたよ!すごい?!どう!?」と

 

成果を認めて欲しいだけ。

 

だから、他人から

 

「中途半端だよね」と言われたら、もう、

 

信じられないくらい落ち込んで、沈む。

 

 

 

それで、また、

 

「これをやったら、他人から認められるかも」という理由で

 

「これをやってみたい気がする」と言いながら、

 

心からしたくもないことを、する。

 

 

 

人生はそんなに長くもありません。

 

ですが、そんなに短くもないのも確か。

 

時間を何にどうやって使って、いったい誰を満足させることが

 

大事なのか?

 

いつも言いますが、

 

「何かをする」ということは「何かをするのを捨てて」それに

 

時間を費やしているのです。

 

昨日、子どもがそういえば

 

「命を燃やしている」なんて言っていましたね。

 

命を燃やして、生きているのです。

 

それを、よくよく、よくよく、考えてみることです。

 

 

 

勝負けなんて、どうでもいい。

 

でも、本当に何かに勝ちたいなら、それに誰にも言われずとも

 

全身全霊で打ち込むでしょう。

 

そういう人は、他人に

 

「わたしってどう?」なんて確認しません。

 

「わたしのステージってどのくらい?」なんて

 

恥ずかしくて、聞きません。

 

「これで合ってるかな?」と答え合わせなんてしません。

 

あくまで、自分の中での最高を目指して、勝つことを求めてるのだから。

 

 

 

他人目線で、

 

中途半端とか、勝負けなどにこだわるのは

 

まったく、本当にムダでしかありません。

 

 

 

 

自分が満足したのなら、

 

中途半端もなにも、ないのです。

 

そこを、他人にわざわざ、確認する必要なんて

 

ないと私は思います。

 

 

 

ニッチな楽しみをみつけ、

 

自分だけで満足をする。

 

その積み重ねこそ、豊かな日々だと思っています。

 

 

 

11月13日(日)に

東京都内でセミナーをします。 

おかげさまで、満席となりました! 

 

今後もセミナーのご案内は、メルマガで行っています。 

リアルでお話を聞きたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com

     です。スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、このメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが深いな方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com


************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡