女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

現実味のないことをする生き方。(保存版)

私は穏やかな印象を持ってくださる方が多いですが、 

 

穏やかな心で暮らす、なるべく健康でいるのは 

 

秘めていることがあるからです。

 

人には絶対に言わないけれど

 

ぼんやりと、まだ見ぬ影を追っています。  

 

現実味のない、希望があります。

 

そのためには、

 

私は穏やかな心でいること、

 

なるべく心身を健やかにしておくこと、は

 

大前提なのです。

 

 

 

comuron47.hatenablog.com

 

この記事も是非、お読みいただきたいのですが、

 

ここから抜粋すると、

 

私は自分だと思っていた姿が

実はそうではなかった、

隠れたところに本来の自分がいて

それを発揮したときの

この喜びを持って生きたら

死ぬときに後悔なんてしないだろうな、と

今は思えるようになりました。

 

 

だからこそ、

矛盾を恐れずに本音で語ることで

今、悩んでらっしゃる方への

何かしらのヒントになると

確信しています。

 

 

ひどい自分も、弱い自分も、ダサい自分もみました。

でも、

以前、誰からみても完璧だったわたしより

今のほうがよほど魅力的だと思います。

わたしを生きてるからです。

 

 

わたしを生きたら

もう、「何かを得なければならない」と

ノドから手がでるような顔つきで

必死にさまようこともありません。

 

 

あるのは、

「知りたい」「やってみたい」という

純粋な好奇心だけです。

 

 

そして私は

生きることは死ぬまで発展途上だし

そこに特別な意味合いはないと思っています。

わたしを生きてる道筋だけが後に残る。

それだけです。

 

 

こんな私になれた、というか戻れたことが

何よりの喜びであり、

自然体でいることの気楽さを、

もっと多くの方にも

知ってもらい、

そして、そのようになってもらいたいのです。

 

病気になったら医者に。

そうではなく、

病気になるべくならないような

そういう暮らし、心の持ち方、感情の処理の仕方、

人との付き合い方、

そういったことを学ぶことで

かなりのことは解決できるはずだ、と

今、思っています。

 

 

そんな理由で

こうしてブログやFacebookTwitter

思うことを、素直に、本音で

発信しています。

 

 

私がFacebook、ブログ、メルマガで、

 

現実的に、こういう時はこうしたら楽になりますよ

 

こういう時は、こうしたら改善しますよ

 

そういうこと、方法、ノウハウ的なことを書いています。

 

それは、医者として、知っていることをシェアして

 

今の現実がマイナスな状態に自分自身が削られてしまっていて、

 

「私は何してもダメだ」

 

「私なんて、生きてる価値ない」という思い込みをしているひとへ。

 

そして、実際に心身の具合を悪くしているひとへ向けて

 

「まずは、ゼロポイントまで持っていけるように」

 

その方法や、考え方を書いています。

 

 

 

ですが、私は一方で、まったく違う「わたしを生きる」という部分では

 

激しさを持っていると思っています。

 

それは、とても親しい人にしか見せない部分ですし、

 

それは、人には見せることは慣れていないし、

 

秘めた想いこそ、誰にも言わないことだと思っています。

 

これまで、私は自分の力を出仕切ることは避けてきました。

 

「縁の下の力持ち」がわたしであり、

 

「後方支援」がわたしであり、

 

目立たぬように、人の役に立つこと、が私の役目だと

 

思ってきたので

 

自分の力を出し切ることは、何かを破壊するのではないか?と

 

どこかで、恐怖心を持っていたのがありました。

 

 

 

ですが、私は、何歳まで生きるかわかりませんが、

 

もう、それはおしまいにする、と決めたのです。

 

 

病気になったら医者に。

そうではなく、

病気になるべくならないような

そういう暮らし、心の持ち方、感情の処理の仕方、

人との付き合い方、

そういったことを学ぶことで

かなりのことは解決できるはずだ、と

今、思っています。

 

 

この時からさらに時は進み、私は、こう思っています。

 

 

 

現実味のあること、ばかりに縛られているから、

 

悩みはどんどん深まっている。

 

現実味のあること、は

 

「文字にできるもの」「わかっていること」です。

 

「やればいいだけ」なのだから、

 

やればいい。それだけ。

 

 

 

 

やることは、そのスピードが人それぞれ違うだろうし、

 

やるやる、と言ってやらないで、

 

やってる、と言いながら言い訳しているうちに

 

死ぬまでに間に合わないひとが、だからいるのですね。 

 

その時になって「あ〜、やっとけばよかった」というのは 

 

私はその場面をみたので、本当に本人は残念だろう、 

 

「けど、仕方ないよね、やらなかったんだから」と、

 

何とも言えない気持ちでした。

 

 

 

メルマガで、多くのひとのお便りを読んでいると、

 

「人間関係(親子、夫婦、恋愛)、お金 」という

 

もろ、日々の暮らし、現実の部分で悩んでいる。

 

「あったりめーだろ!」と思うでしょう。

 

そう、当たり前といえば、そうでしょう。

 

でも、冷静に考えてみてください。

 

 

 

現実のこと、で悩んでいるのなら、

 

それを、その対象者に向けて発言するなり、

 

自分がぶつかったり、意見すればいい。

 

それで相手と自分の関係が変形しようと、変質しようと

 

それが自分を生きること、なのだから。

 

 

 

 

「私は朋子さんのように、財力がない」と言うのなら

 

働けばいいのです。

 

恥など捨てて、頼んでお金をいただくことだって

 

できることもあるでしょう。

 

恥さえ捨てれば。自分を良くみせたいを捨てれば。

 

それに、「朋子さんほど、稼げない」と言うけれど、

 

どうして、私の生活と、自分の生活を比べるのでしょう?

 

誰かと自分を比べて最初から「私はだめ」「私はむり」

 

そこから逃げて

 

最初から舗装された道がないとか、

 

最初から思うような結果が出ないとか、

 

そういう風にして、「やらないから、そうならない」だけ。

 

本当にそうです。

 

 

 

「子どもに辛く当たる自分がイヤで、嫌いだ」と言うなら

 

なぜ、子どもに強く当たってるのか?

 

自分に余裕がないのはなぜか?

 

余裕がないほど、がんばって、

 

いったい、誰に何を認めて欲しいのか?

 

当たるべく相手は、子どもじゃなくて、

 

そこにいる、大人(旦那)じゃないか? 

 

そういう風に自分でどんどん考えて、

 

「子どもに辛く当たる自分がイヤで、嫌いだ」という自分を

 

やめればいいだけです。

 

それだけなのです。

 

 

 

「稼げない」というなら、「稼ぐ」ために

 

今から、自分の稼ぐをやればいいです。

 

稼ぐ意外に、生活ができる方法を探すことも大事です。

 

田舎に暮らせば、お金はそんなにいりません。

 

 

「こんな自分がイヤだ」というのなら

 

そんな自分をやめたらいいです。

 

 

f:id:comuron47:20161016115802j:plain

 

 

その時に、とても大事なことがあることに

 

今は、気がつきました。

 

 

 

現実味のあること、ばかりに縛られているから、

 

悩みはどんどん深まっている。

 

 

 

たとえば、私を例えてみましょう。

 

私の現状、生活、日常を現実的に書いてみましょうか。

 

私の暮らしの一部を投稿したものを読んだ方が、

 

「ストレスフリーでいいですね」とコメントされていましたが、

 

これをストレスフリーと言うのかどうか、

 

読んでみてください。

 

 

 

私は、3人のまだこれからお金がかるらしい子どもがいます。

 

子どもを預かってもらえる人はいません。

 

いつも、子どもが家にいます。

 

自由にあちこちへ、働きに出ることは今は、できません。

 

自分の時間は、綱渡りで編み出す状況です。

 

私以外に家事をするひとはいません。

 

持ち家は、今は住めなくなりました。

 

家賃を毎月払っています。

 

毎日、幼稚園児を送迎し、夕方は3人が好きでやっている

 

習い事の送迎をしています。

 

終わったら、毎日夕ご飯を作ります。

 

毎晩お風呂も一緒に入るようです(子どもの希望)。

 

幼稚園の役員、最後は逃げることはできずに

 

月に2回、図書係をやって、他のイベントの手伝いもあります。

 

学童の一番めんどくさい「理事」を引き受けることになり

 

毎月夜に、2時間以上も、「まとまらない話」に付き合います。

 

グチを言える相手が1〜2人はいます。

 

 

f:id:comuron47:20161016125815j:plain

 

 

この現実にモロ、向き合い

 

一つ一つを悩んだり、困ったりしてたら

 

どうでしょう?

 

すぐに、私が鬱になれますし、

 

子どもはおかしくなるでしょう。

 

 

 

私は、けれども、この「現実味」に向き合ってないわけではなく、

 

日々の暮らしをしつつも、

 

「現実味のないこと」をしているのです。

 

 

 

人には絶対に言わないけれど

 

ぼんやりと、まだ見ぬ影を追っています。  

 

現実味のない、希望があります。

 

 

 

これがあるから、私は日々の暮らしの中の

 

「現実味がある部分」でいちいち、悩んで

 

考え込んで、立ち止まらないのです。

 

 

 

私が追っている、その今は陰もみえない

 

現実味のない希望は、

 

叶う保障もなければ

 

安全もなければ

 

「損得」などとはまったく関係のないことです。

 

やっても、ムダに終わるのかもしれないです。

 

 

 

でも、そういう次元ではない、ということです。

 

 

 

あるのは、「知りたい」「やってみたい」という

 

純粋な好奇心だけです。

 

そして、それ、希望のかたちは、固定されていません。

 

陰なだけあって、見えないまんま

 

形もどんどん変わっていくものに向けて、

 

コツコツとやっています。

 

それがあるから、私は

 

現実味のあること、

 

「子育て、お金のこと、家事、人間関係」について

 

深く悩まずに済んでいるんだろう、と

 

気がついたのです。

 

 

 

現実味のあること、はやればいいだけ。

 

行動するだけです。

 

だけど、その一つ一つの現実的な行動をしていくために

 

現実味のないこと、自分だけの満足であって

 

他人からの評価も何もいらないこと、

 

それが、今の自分に、ものすごいエネルギーを与えてくれているな、

 

ということです。

 

 

 

私は、医者とてして、もちろん、マイナスな状況や

 

削られてしまった心身をまずは、ゼロ地点まで戻すことは

 

これからもしていきたいし、それができると思っています。

 

その方法や、考え方は、これからもメルマガでも、何でも

 

書いていくし、「これは!」と思ったものは

 

どんどん自分で試してやってみて欲しいし、

 

少しでも継続して、自分を肥やしてもらいたいです。

 

 

 

でも、「それだけでは、私は足らないな」と思っています。

 

現実的なことをするためだけに

 

私たちは生きているのでしょうか?

 

 

 

 

お金を稼いで消費する

 

人に認めてもらえるようなことを求めて、何かをする

 

人間関係でごちゃごちゃやる

 

仕事で成果を出す、昇進する

 

健康になるために、がんばる

 

不健康になるものを極力さけて、長生きする

 

いつも完璧でいたいから、

 

失敗やミスがないように神経を尖らかせるetc. 

  

 

 

 

こういうことのために生きているのでしょうか?

 

こういうことがいけない、のではなくて、

 

もっと他にあるのだと言いたいのです。

 

 

 

それが、「現実味が今はないこと、に向かって

 

損得なく

 

自己満足だけで

 

やることができるかどうか?」だと思うのです。

 

 

 

隠れたところに本来の自分がいて

 

それを発揮したときの

 

この喜びを持って生きたら

 

死ぬときに後悔なんてしないだろうな、と

 

今は思えるようになりました。

 

 

 

 

 

これの理由が、そういうことだろう、と

 

何となく、ぼんやりと分かってきたので、

 

今日は、その感覚を書いてみました。

 

 

 

今は自分はマイナスだから、まずはゼロへ持っていくこと、

 

そのために、ノウハウ、方法、考え方を変えていく、

 

それに集中してもいいでしょう。

 

 

 

でも、私はゼロへ行くための行動をしつつ、

 

無限の自分だけの希望、ぼんやりとした陰を追うこと、も

 

実は、マイナスからゼロへ戻れるもの速いし

 

その後、無限へ向けて、気持ちよく歩けるんじゃないかな?

 

仮説をたてて、観察をしています。

 

 

 

少し、わかりずらいかもしれませんが、

 

私は、こういうこと、こそ、リアルでセミナーなどで

 

自分の声で話たいことだし、

 

感じてもらいたいこと、です。

 

健康になりたい

 

お金持ちになりたい

 

長生きしたい

 

「そういうことじゃない部分」が私が本当に

 

言いたいことです。

 

 

 

「そういうことじゃない部分」をやっていくことで、

 

結果、勝手に健康になり、お金に困らず

 

気持ちよく長生きできる、

 

すべては、逆なのです。

 

 

 

 

12月には名古屋と大阪でもイベントをします。

 

生の声をお聞きになりたい方は

 

メルマガに登録されてください。

 

 

11月13日(日)に

東京都内でセミナーをします。 

おかげさまで、38名満席となりました! 

 

今後もセミナー、イベントのご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com

     です。スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、このメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが深いな方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com


************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡