読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

自分を見つめ直しているだけでは、手に入らないもの。

私も自分のことを書いてみたいなと思うのですが、

まだまだ勇気が出ません。

Facebookで何かをアップするのも

いろいろなことを考えてしまってできないのです。

だからといって皆さんの写真やブログを見て、何か不快になるとか、

うらやましいとか、そういう事は無いのですが、

何故か自分のことを表すのができないのです。

そこを何とか変えていきたいと思っているのですが、その時何が必要なのか?

それを考えています。

何のためにそれをするのかがいまひとつ納得がいかないのです。

その一歩を踏み出すのに必要なものは何なのか?

 

 
私が知りたいのは、自分のことをなぜ素直に表現できないのか、
 
表現することに戸惑いを感じるのか、と言うことです。
 
一歩踏み出すのに必要なのは、
 
自分さがしの為の内に向かう行為だけではなく、
 
人との関係性の中で、例えば、ひとに感謝するとか、
 
他者の為に何ができるか、喜ばせる事をしてみることが必要…
 
いくら自分を見つめ直しても、なかなか他者と自分との良い関係を
 
築いていけないような気がしています。
 

 このようなお便りをいただきました。 

 

 

ヨガ、自己啓発、瞑想、様々なセラピー、ダンス、などで

 

自分を見つめ直す機会を持ってる方は大勢いらっしゃると思います。

 

何も問題も不安もなく、単にやりたいから上に書いたものに取り組むひとは

 

少なく、

 

やはり「自分のことをもっと知りたい」「今より良くなりたい」と思って

 

ヨガ、自己啓発、瞑想、様々なセラピー、ダンスなどに取り組み

 

自分を見つめ直す時間を持つことは

 

とても良いことだ、と私も思います。

 

 

 

 

ここに一つ、落とし穴があるんだろうな、ということに気がつきました。

 

 

 

 

人がまず、自分で「私はもしかしたら自分の声を無視してるのかもしれない」

 

気がつくところから始まります。

 

そこにすら、気がつかずに

 

周りの目を気にし、世間の目を気にし、外堀を埋めることばかりに

 

夢中になっているひともいます。

 

 

 

 

 自分のことを見つめ直したり、自分と対峙したりするために

 

いろんなことにチャレンジし始めるかもしれません。

 

私の場合は、散歩でした。

 

ヨガ、瞑想、いろんなダンス、自己啓発的なセミナーなど

 

いろんなものが、世の中には溢れています。

 

 

 

 

で、それに取り組むうちに、迷子になってしまうことがあるのです。

 

どうしてか?というと、どんどん、どんどん、

 

自分の内側に引きこもり、最初は喜びであった新しい自分の発見が

 

「もっと知りたい、もっとこうかもしれない」と

 

自分のことだけに注目してしまい、そうやって中心に入り込むうちに

 

今度は、外に出ることが、怖くなってしまう。

 

そういうことが、ありませんか?

 

 

 

自分を知ればしるほど、

 

「わたしってそうだったんだ」「思っていたより○○だった」

 

いろんな自分を知ることになります。

 

見たくない自分の姿も知るでしょう。

 

気がつかなければよかったこともあるでしょう。

 

でも、自分を見つめ直すっていうのは、そういうことであって

 

「よい部分だけをみて、自分を好きになりましょう」ではありません。

 

 

 

 

過去のあれこれについても、改めて解釈をし直したりして

 

余計にそれに種着してしまうことも、ありますね。

 

「あのことがあったから、私は今、こうなってて

 

だから仕方がないんだ」とそこに執着してしまう。

 

 

 

そうこうしているうちに

 

「こんな私でもって、どうやって周りに打ち解けていっていいものか」

 

「これまで誤摩化してきた部分を、どうやって誤摩化さずに

 

他人と付き合えばいいのか」

 

そういう恐れが出てくるのではないでしょうか?

 

 

f:id:comuron47:20161205130517j:plain

 

 

 

自分を見つめ直して、自分の世界をひろげて

 

息をしやすくなるために、生きやすくなるために、

 

取り組んでいたこと、そのものの中に隠れて逃げ込んでしまった状態。

 

そこにいる自分で満足をしてしまう。

 

どんどん、その仲間としか、付き合わなくなる。

 

その場所でしか、自分でいられない。

 

 

 

 

たとえば、ヨガをしていて、ヨガをせずにいられない。

 

ヨガをしている時だけが自分であって

 

それ以外の家族との時間、友人との時間、仕事の時間は

 

息を殺して、ヨガの時間にまた、やっと息を吹き返す。

 

たとえば、ですよ。ヨガがどうの、ではありません。

 

 

 

 

 

そうやって、自分の世界を広げるために、自分を知るために始めたことが

 

結果、そこでしか、その仲間とでしか、自分を発揮できないなんて

 

おかしなことです。

 

その人たちとなら、わたしのことは理解される。

 

でも、それ以外の人たちには、分かってもらえないんだろうし

 

分かってもらえなくてもいい!とせっかく知った自分を

 

殻で閉ざしてしまう。

 

それだと、せっかく自分を知ったのに、表現できる場所が閉ざされていたり

 

仲間を限定してしまったり、

 

どんどん、固まっていってしまうことが想像できますね。

 

 

何故か自分のことを表すのができないのです。

そこを何とか変えていきたいと思っているのですが、その時何が必要なのか?

 
自分のことをなぜ素直に表現できないのか、
 
表現することに戸惑いを感じるのか、と言うことです。
 

 

 この質問に戻ると、それは

 

「自分のことを、あまり大きく見せようとしたり

 

自分が思う、期待通りの自分で振る舞おうとせずに

 

どんどん、出していくしかない」ということです。

 

 

 

というか、プライドが高くなってしまい、

 

変な姿をみせたくない

 

迷惑をかけたくない

 

みたいな気持ちばかりが大きくなってしまっている。

 

そうなると、自分なんて表現することはできません。こわいです。

 

 

 

自分さがしの為の内に向かう行為だけではなく、
 
人との関係性の中で、例えば、ひとに感謝するとか、
 
他者の為に何ができるか、喜ばせる事をしてみることが必要…
 
いくら自分を見つめ直しても、なかなか他者と自分との良い関係を
 
築いていけないような気がしています。

 

 

お便りをくださった方も気がついている通り、

 

自分だけで完結しないことなのです。

 

本当の自分というものがわかってきた。

 

そうしたら、今度はその自分でもって他人と関わっていく。

 

そこで試行錯誤していく。ぶつかって壊れるかもしれない。

 

痛いかもしれない。でも、ぶつかること、触れることから逃げない。

 

 

人間関係とは、良い関係だけ、幸せな関係だけがそれではありませんし

 

それだけを求めて、得ようするから、怖くて、手も足もでなくなる。

 

そうじゃなくて、何のために他人がそこにいて、

 

何がしかのことを、一緒にしているのか?というと

 

その結果がどうあろうと、むしろ、不幸な結果になった関係でこそ

 

学びとるものは、果てしなく大きい場合だってたくさんあるのです。

 

 

 

傷つきたくない、守られない、頼りたい、気持ちよくいたい。

 

そんなことばっかりいってたら、いったい、誰と付き合えばいいのか?

 

わからなくもなりますね。

 

 

 

どんなワークをして「わたしは自分で満たされています」と言っても

 

それは、他人と関わって得るものとは、異質なものだと思います。

 

生きてるのに、自分だけで完結させようとするのでは

 

もったいない、とわたしは思います。

 

せっかく人がいる。せっかく家族がいる。せっかく同僚がいる。

 

なのに「あの人は」「だって」「でも」

 

そんなことばかりいって、自分を見つめ直すことばかりしていたのでは

 

なんか、人生半分、見ずに終わるようなものなんじゃないのかな、と

 

思っているから、わたしは、そういうのは捨てて

 

恥をかいても、間違えても、人と関わること、それで失敗することを

 

恐れません。

 

 

 

 

いやですよ、そりゃ。ぶつかったりするのは。

 

でも、自分の殻の中にはいって、自分磨きだけしてても

 

意味ないじゃないですか。

 

磨いたってわたしは私。

 

それ以上にすばらしいものになんてなりません。

 

その自分でひと付き合いをしてみるから、たのしいし、おもしろい、

 

意外なひととも、つながりができたりする。

 

それは、作った自分じゃないから、意外なひととも仲良くなれる。

 

 

 

どんな人に囲まれていたいのか?

 

選べるときもあれば、選んでも違う場合もある。

 

どっちだっていいのです。関われたこと自体が大事。

 

わたしだけ、で完結できること、なんてほんとに小さなことです。

 

自分を見つめ直したら、少しずつ、外へ目を向けて

 

人に何かしてあげるのではなく、自分をまず、表現する。

 

そこから、だと思います。

 

怖いけど、やるしかない。それだけです。

 

 

 

私の中への引きこもりは、そろそろ辞めたらいいです。

 

 

 

 

12月10日(土)名古屋(20名満席)

 12月11日(日)大阪(25名満席)

でセミナーをします。 

 

☆1月都内、3月福岡でセミナー予定です。 

 

 

今後もセミナー、イベントのご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com

     です。スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、このメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが深いな方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡