女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

怒りと月経。

私のところにいらっしゃる女性患者さんには

 

内科医であっても必ず聞くことがあります。

 

「生理はどう?血の塊出てるんじゃない?」

 

 

私は、漢方医学についても少し学びました。

 

が、それよりも、その人の生活習慣や、思考のくせによって

 

身体がつくられている、ということの

 

「私の統計」を頭の中につくってきました。

 

 

 

その中で今、一つ、仮説を立てていることがあります。

 

「怒りがある女性は月経血の量が多かったり、塊が出ている」

 

 

 

それは、ある看護師さんの例でもそうでした。

 

詳細は書きませんが、彼女を取り巻く人間関係によって

 

かなり怒りを溜めており、

 

「うまくいかないことは自分のせい」だという考えものと

 

ものすごくがんばって、子どもを育てながら働いてました。

 

 

 

いつも書いている通り、

 

一旦は自分の生育環境についても見直してみて

 

それで特に、母娘に何かあればそこは

 

「書いて吐き出すなり、直接言える場面があれば

 

それを伝えること、だけでも違うよ」

 

そう彼女にも、話しをしました。

 

 

 

一方で、彼女はその後コツコツと身の回りの人間関係を整理し

 

「先生、実は○○になりました」という報告がきてから

 

明らかに変わったことがありました。

 

 

 

それまで、彼女の顔色はドス黒く、くすみがあり

 

眉毛の端はいつも尖って上がっていて

 

目の端には怒りのための鋭さが見えていました。

 

口や声でいくら取り繕っても、人の秘めた怒りは

 

隠せないものです。

 

そして、何よりも、彼女は生理がひどかったのです。

 

「一ヶ月、血が止まらなかった」こともあったほど。

 

 

 

私は、彼女はよほど、怒っていて、それによって

 

血液も煮えたぎって、出さなといられないのだろう、と

 

勝手に想像していました。

 

 

 

それが、彼女は人間関係を生理して、怒らなくなった途端

 

本当に、顔がバラ色!わたしは、ビックリしたのです。

 

「どうしたの?!」と。

 

メイク変えた?眉毛変えた?なになに!?って言いましたから。w

 

生理もきちんと数日で終わるようになったとのこと。

 

 

 

彼女以外の患者さんについても怒りを溜めていると感じるひとに必ず

 

「生理の血が多かったり、塊でませんか?」と聞いてみると

 

その通りのことが多かったのです。

 

f:id:comuron47:20160717095910j:plain

 

どうしてそうなるのか?調べてみました。少し。

 

すると、私の仮説を説明できそうな漢方的な考え方で

 

身体に余計な熱がこもっている、「血熱」という状態がありました。

 

 

以下、引用しますので、少しお読みください。

 

赤くなりやすい生活環境

・食事面:肉食が多く、野菜が苦手、インスタント食品が多い、刺激物が好き(辛いもの、お酒) 
・精神面:仕事が忙しすぎる、イライラが続く、狭い居住空間でリラックスできない、気を使う人間関係 
・大気:緑が少ない、空気が汚れている、ハウスシック気味、タバコを吸う
 
体内の血液は、清流のようにさわやかにサラサラと流れているべきですが、こんな生活環境の中で、体のイライラは募るばかり。
すると、体内で炎症が起こりやすくなり、それを冷ますべき血液もイライラ、カッカとしてくるのでしょうか、炎症部分がより赤くなり、出血しやすくな ったり、のぼせて赤ら顔になったりします。 
中国医学中医学)では、このような状態を「血熱(けつねつ)」と呼び、体内にこもった熱が血液にまで侵入した状態と考えています。 (体温が高いとは限らない。)

血熱体質チェック 

 

こんな状態なら血熱気味

・肌が荒れやすい  
・辛いものや脂っこい物を好む  
・イライラする  
・のぼせやすい(顔があつくなる)  
・口が渇く(水をグビグビ飲む) 
・生理前ににきびがでやすい 
・目が充血している 
・赤味が強いにきびや吹き出物がでる 
・便秘気味

すでに血熱状態

・鼻血、血尿、血便、血痰など出血しやすい 
・女性では、出血量が多く、経血の色が鮮やかでべっとりしている、生理が早くなる 
・発疹やアトピー、吹き出物などの皮膚トラブルが赤味が強い 
・発熱、微熱、熱感がある 
・舌の赤味が強い

こんな疾患にも、「血熱」型がある 

・糖尿病:口が渇いて水をよく飲む、のぼせ、便秘気味、・イライラして落ち着かない
・高血圧:頭痛が強い、口が渇く 、便秘気味、イライラして怒りっぽい、顔が赤い、眼底出血
・リウマチや慢性のウイルス感染症など:患部が赤く腫れる 冷やすと痛みが和らぐ 温めると悪化
・皮膚疾患 にきび アトピーなど:慢性的に繰り返し起こる赤味の強い皮膚疾患
・生理:生理周期のみだれ(早くなることが多い)、出血量が多い、経血の赤味が強くべっとりしている
・更年期:顔が赤く、のぼせてほてる

 

 

 

 

 

「体内の血液は、清流のようにさわやかにサラサラと流れているべきですが、

こんな生活環境の中で、体のイライラは募るばかり。

すると、体内で炎症が起こりやすくなり、

それを冷ますべき血液もイライラ、カッカとしてくるのでしょうか、

炎症部分がより赤くなり、出血しやすくな ったり、

のぼせて赤ら顔になったりします。」(引用より抜粋)

 

 

「怒る」って、単に自分や周りの気分が悪くなるだけでなく

 

実際に身体をこわしていくのです。

 

だから、心は穏やかにしておくこと、が大事だ、大事だ、と

 

いつも、繰り返しているのです。

 

 

 

女性で月経血が多いと、毎月のことなので

 

慢性的な貧血になります。

 

徐徐に進む貧血では、自覚症状が乏しいので

 

本人はあまり気にしていません。

 

でも、あるポイントを過ぎていくと、

 

「なんか、つかれやすい」「息切れする」「立ちくらむ」

 

「やる気が起きない」「寝ても疲れがとれない」「食べてもおいしくない」など

 

まるで、何かとても悪い病気にかかったような症状

 

出てくるのです。

 

 

貧血は実際に、慢性的に続くと、心臓にも負担をかけます。

 

 

 

なので、「生理の血の量が多いのはいつものことだし

 

塊も出てるのが普通だから」と無神経にならないでもらいたいです。

 

 

 

血熱以外にも、瘀血による血流のとどこおりでも

 

子宮に溜まった血液が暗赤色の塊として出てきます。

 

この場合は、運動不足や、タンパク質摂取不足、ストレスが

 

関与してきます。

 

瘀血なら、便秘、肩こりなども出るでしょう。

 

こちらのブログに瘀血は書いてあります。

 

comuron47.hatenablog.com

 

いずれにせよ、心と身体はつながっており

 

さらにそこに、自分の生活習慣と思考のくせ、心の悩みなど

 

重なり続けて、そうなっているのです。

 

 

どこから直すのか?どこから正すのか?

 

原因をみずに、いくら薬で補ったり、取り消そうとしても

 

それは後でもっと、こわいことになります。

 

 

とはいえ、人は日々歳をとり、いずれは息が止まります。

 

健康にこだわりすぎるのは、かえっておかしなことになります。

 

でも、「これはいつものことだから」と自分の身体に無神経でいるひとは

 

それの尻拭いは自分ですることになるのだ、ということは

 

忘れずに、今日もどう過ごそうか?考えてみてください。

 

 

12月10日(土)名古屋(20名満席)

 12月11日(日)大阪(25名満席)

でセミナーをします。 

 

☆1月29日(日)都内、3月福岡でセミナー予定です。 

 

 

今後もセミナー、イベントのご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com

     です。スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、このメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが深いな方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。


comuron47.hatenablog.com

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

 

************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする