読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

「自分勝手じゃないひと」なんているのだろうか?

「アイツはほんとに自分勝手だから」 

 

「子どもがいるくせに、ほんと自分勝手なママだね」

 

「よく、自分勝手なことばっかりするよね」

 

そう、話している人たちの顔をみてみましょう。 

 

どうですか? 

 

 

 

 

眉間にシワを寄せ、目は釣り上がり、

 

キョロキョロと周りの視線を気にしながら

 

口を曲げて、顔の左右のバランスは崩れた状態で

 

最悪のオーラを放ちながら集っています。 

 

人はひとりでは、誰かのことを「自分勝手」とは

 

言わないようです。 

 

 

 

同じことで我慢している人たちが集ると

 

そこを我慢してない誰かについて

 

「あの人って自分勝手だよね」と言うのです。

 

まるで、自分たちは正義の何かみたいに。

 

まるで、自分たちのおかげでこの世はうまく廻ってるかのように。

 

まるで、自分たちは自分勝手なんかじゃない、と声高に叫ぶように。

 

 

 

けれども、何かを我慢してイライラとして

 

不機嫌なオーラと、不機嫌な顔を

 

周りにまき散らしている行為そのものも、

 

自分で勝手にそうしてるのではないのだろうか?

 

 

 

「何でも我慢しないで、やればいい」と言いたいのでありません。

 

自分が我慢していることを、他人が我慢してないからといって

 

それを自分勝手だ、と批判することは意味がない、と

 

言いたいのです。

 

そんなにそれが辛いのなら、

 

それを我慢しなくていい工夫をすればいいこと。

 

だけど、それをせずに、我慢してない人のことを

 

「自分勝手だよね!」と批判するのは、ばからしい。

 

 

 

なぜ、自分はそれを我慢してることを選んでるのか?

 

どうしたら、もう少し楽になるのか?

 

楽になる行為ができない自分はいったい、何に罪悪感を感じているのか?

 

いったい、誰の許可を得なければならない、と思っているのか?

 

いったい、どこの誰が

 

自分のことを見張ってる、と思っているのか?

 

 

 

それらを、考えてみて、じゃあ、こうしてみよう、と

 

自分で勝手にもう少しでも楽になればいいのに。

 

 

 

自分勝手になりたくない、と言うけれど

 

じゃあ、今、こうしてブログを読んでるのだって

 

自分で勝手に読んでいるのではないですか?

 

 

 

おかしいのです。

 

自分勝手、自分勝手、ってみんなで縛り合って

 

いったい、どうしたいのでしょう?

 

暗黙のルールに従わせたいのか、

 

誰かだけ抜け駆けして楽するのがゆるせないのか?

 

 

 

けれども、人の人生は人のもの。

 

自分の人生だって自分の思い通りになんてなるはずがない。

 

そんな中で、自分で考えて、決めて、そこに責任を持って

 

取り組むのなら、他人がなにをしたって、口出しなんてできない。

 

子どもじゃない。

 

子どもだって、自分でこうしたい、試したい、をやって失敗しながら

 

学んでいくのに。

 

f:id:comuron47:20161227204535j:plain

 

偽善的になっているひとは、まさか、自分が

 

そんなつもりで言っているなんて、思いもしない。気がつかない。

 

「あなたのためを思って」と言い張ります。

 

けれども、相手からみたら、心の奥が透けてみえてしまうのです。

 

「あなたのためを思って」は「自分のために言ってるだけですよ」。

 

 

 

「あなたのため」ほど、暴力的なことはないし、

 

「あなたのため」ほど、人を傷つけることはない。

 

やってる本人は、気持ちがいいから、それに気がつかない。

 

 

 

は自分のために行為する、自分のために言う。

 

だからこそ、真剣になるし、自分を裏切らないようにがんばる。

 

その結果、他人のためになったり、

 

他人にそれが伝わったときに、ヒントになるかもしれない。

 

はなから、人のため、あなたのため、と

 

言うから傲慢になるのでしょう。

 

 

 

 

「自分のために、やっているのだよ」

 

そこを認めていたら、謙虚な気持ちは忘れないでしょう。

 

えらそうに、他人にアドバイスなんてしません。

 

 

 

今年もいよいよ、残り少なくなりましたが、

 

一年間、走りつづけて、いま、ここです。

 

誰がなんと言おうと、私は自分がどうやって一年を過ごしてきたのか?

 

ごまかさずに、わかっているし、見てきました。

 

良いところも、悪いところも、嬉しいことも、悲しいことも、

 

怒ったことも、笑ったことも、全部、見てきました。

 

結果、いま、ここにいます。

 

それ以上でも、それ以下でもありません。

 

ただ、それだけなのです。

 

来年の目標もありません。

 

でも、一つわかっていることは、来年もまた、

 

自分をごまかさずに、淡々と走るだろうな、ということだけです。

 

自分のために。

 

自分勝手に。

 

自分が勝手に決めて、それを引き受けて人は生きていくものだと思います。

 

死ぬときになっても、それがどうだったか?

 

自分ではきっと、わからないんじゃないかな?と思います。

 

残されたひとが、どうだったか、自由に語ってくれるでしょう。

 

 

 

「自分勝手だ!」「自分勝手だ!」

 

眉間にシワを寄せ、目は釣り上がり、

 

キョロキョロと周りの視線を気にしながら

 

口を曲げて、顔の左右のバランスは崩れた状態で

 

最悪のオーラを放ちながら集っているひとたちとは、

 

少なくとも、人生を終えるまで、二度と関わることはないでしょう。

 

 

 

生きてれば、いろいろあります。

 

でも、人を攻撃する必要がないことこそ、

 

一番穏やかな心の状態だと思います。

 

人から攻撃されるのは、もちろんイヤだけど、

 

するよりはされてるのなら、まだ、かわすこともできます。

 

誰かを恨む、誰かを攻撃する、

 

これは大変な労力です。

 

 

 

 

本当に苦労が身に付いている人は、

 

苦しみがなかなか消えないことをわかっています。

 

自分から苦しみを人前にさらすこともしなければ、

 

長く引きずろうともしません。

 

苦しみから多くを学んでいるから、人に優しく接することも

 

できるのでしょう。

 

 

 

今年も、いろんな方と巡り合わせでご一緒させていただき、

 

本当にその方々が、どこかでその方らしく、善く生きてくださるように

 

そのようにいつも、祈るようにしています。

 

他にどうして欲しい、こうなって欲しいなんて

 

願っても仕方ありませんもの。

 

心から、そう思っています。

 

信じようが信じまいが、それも人それぞれ。

 

それでいいし、それがいい、と思います。

 

☆1月29日(日)都内、3月福岡、岡山で

セミナー予定です。 

今後もセミナー、イベントのご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが深いな方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

 

************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡