女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

「満ち足りてるかどうか?」気にしない。

メルマガで、ブログのタイトルと同じ記事を 

 

書きました。引用しますね。 

 


満たされたい。 

満たされない。

満ちている。 
 
いろんな言葉で、自分が満ちているかどうか?を気にする人が

特に女性では多いように感じます。

それは、逆を返せば、「自分には何か欠けている気がするから」

満ちることを求めるのかもしれません。

 

ですが、私自身のことを思ってみると

私は「満たされたい」とか「満ち足りてる」という言葉を

自分では使わないな、と思いました。

自分が今、満ちてるかどうか?なんて考えないし、

ましてや、自分以外の何かや誰かによって

「満たされたい」は、ないな、と。

 

満たされたいとか、満ちてるかどうか?が気になるひとは

「ヒマ」なのではないかな?と思います。

ヒマだから、自分が満ちてるかどうか?を気にする。

ヒマがない、夢中になっている、集中していると、

そんなことはまったく気になりません。

 

満たされている、なんていう状態は、自己満足ができていたら

当たり前のことであって、

「自分がどこかで欠けているかもしれない」から

考えるのでしょう。

 

だから、とにかく、目の前のこと、一つ一つにまずは

集中すること。

私なら、今、このメール一通を書くことに集中しています。

メルマガをすることによって、満ち足りたい、なんて

思ってないですよね、この瞬間。w 
 

家事もそうです。

「こんな家事ばっかりやらされて、私って満たされないわ〜」なんて

思わないで

掃除一つだって、少しでも手際よく、さっさと終わらせて

さて、次、お茶でもしよう!と、集中すれば

余計なことなんて考えるヒマはありません。

 

悩む、迷うのは、集中力や、夢中になる力が足らないから、というのも

大きな一つの理由だと思います。

 

「やったらどうなるか?」とか

「前はこうだったから」とか、

過去や未来ばかり気になって、結局、

やったことで何がしを得られないのなら

損だからやりたくない、とか。

 

損得というものすごい小さなことなんて気にせずに

とにかく、与えられていることは集中してやること。

それの連続でしか、ない、と思います。

 

それが、たとえ、今、自分がやりたくないこと、だったとしても

それならなおさら、さっさと気持ちよく終わらせるには?に

集中して、夢中になれば、時間はとっても膨らませることができます。

 

そうやって、一日の中でも、一つ一つ、目の前のことだけに

集中して取り組むことで「あ〜、今日もよくがんばった、よかった」と

布団に入ればぐっすりです。

布団にはいって「今日のわたしは満ち足りていたか?」なんて考えるのは

ほんと、集中してない証拠、やり残している証拠だと

私は思います。

 

今日やれることはしっかりと、やる。

気持ちよく過ごす。

そのために、集中する。

それだけです。

 

それができるようになると、

満たされたい。 

満たされない。

満ちている。 
 
こんなことを気にするのは、バカらしくなります。

 

このメルマガ、今読んでも、そうだな、と私は思います。 

 

この記事について、お便りをいただきました。 

 

引用しますね。

 

満ち足りた思いについて考えてみました。…何かを成した後に、例えば家事でも仕事でも自分だけの満足感だけではなくまわりの人達からの言葉や思いを頂いて完全な満足度となるのでしょうか。でも、これって本当に一時だけの満足で、終わって更に次の満足を見つけるために頑張らなくちゃいけなくなりますよね。これは、自分を生きていない、という事ですよね?なければないで苦しみ、あればあるで苦しむ、今日のお話、人間の永遠の課題みたいに感じました。

 

このお便りを読んで、もう少しわかりやすく 

 

解説を付け加えようと思いました。 

 

 

自分を生きるってなんだろう?

 

人生ってこうだよね、と安易に語れません。 

 

「自分を生きる」というのは、少なくとも常に

 

自分の思い通りで、

 

自分が思った成果を得られていて

 

さらに、他人からもそれを認められること

 

ではない、と私は思います。

 

 

自分を生きるというのは、お便りを下さった方のように

 

これまでの生きづらさや、何かに適応しずらいなど

 

どうもこのままいくと、苦しみばかりだ、

 

どうにかしよう、どこが違うんだ?何を変えてみたらいいんだ?

 

そう、模索していること自体が

 

自分を生きること、ではないでしょうか?

 

 

 

そんな中で、「満ち足りてるかどうか?」を探したり

 

それを常に求めて行動することは

 

永遠に終わりのない、それこそ「足りる」ことのない旅に

 

なるでしょう。

 

 

 

「欲を持つな」ではありません。

 

欲がなければ、恐らくひとは、生きてられないでしょう。

 

欲があるから、キリがない、ということを知ること。

 

 

 

その「満ち足りたい」という欲もまた、キリがないのです。

 

そして、「満ち足りる」というのはどうしても

 

物差しがないものだから、他人と比べることになるのでは?

 

「あの人は、あんなに仕事もして、子育てもうまくやってるのに」

 

「あの人は、いつも綺麗で、華やいでいて、しあわせそうだ」

 

そうやって、そういうモデルを見つけて

 

「それと比べて私は」とむしろ、満ち足りてない「自分の欠け」に

 

目をむけて、どんよりとする。

 

 

 

じゃあ、何も求めるなと?

 

そうではないのです。

 

メルマガにも書いたとおり、だからこそ一日を一つの区切りとして

 

その日の中で、自分が夢中で取り組めたある一瞬に

 

「あ、いいね」「あ、なんかやったな」「あ、良かった」

 

「あ、これでホッとできる」

 

いろんな濃度で、いろんな色彩で

 

自分が何か色付けられていくのが感じられませんか?

 

f:id:comuron47:20160817113615j:plain

 

自分を生きるというのは、

 

ある完成された自分と周りの風景というポスターを

 

ぺたっと壁に貼って眺めることではありません。

 

日々の暮らしの中で、

 

自分で色彩を選び、それで自分の周りに風景を描いていくこと、

 

つまり、死ぬまで完成しない油絵のようなものでは

 

ないでしょうか?

 

 

 

調子が良い日の色合い

 

調子が悪い日の色合い

 

進みが悪い日

 

進みが良い日

 

ものすごくうれしかった日

 

ものすごく悲しかった日

 

なんでもないように思えた日

 

 

 

すべて、自分の一日だし、その中で自分が

 

筆を握って描いているのです。

 

 

 

死ぬときに、ああ、これが自分と周りの風景か。

 

そう、思うのではないでしょうか?

 

 

 

どんな絵でも、それが自分だし、

 

損得も、高い安いも、善し悪しも、そんな安っぽい

 

基準なんてないのです。

 

 

 

「わたし、満たされてる?」

 

「わたし、満ち足りてる?」

 

そろそろ、そういうことに目を向けて必死になるのを

 

やめませんか?

 

ずっと満ち足りていたら、ずっと満腹だったら

 

何も感じることもなくなりますよ。

 

 

 

☆1月29日(日)都内セミナー48名満席です。 

3月福岡満席。岡山でセミナー募集中、残り一席です。

今後もセミナー、イベントのご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが深いな方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

comuron47.hatenablog.com

 ************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡