読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

先生は繰り返し病気をするわたしをどう思いますか?

メルマガ読者さんからのお手紙で

 

「先生は繰り返し病気をするひとのことを

 

どう、お感じになっていますか?」と質問がきました。

 

書き主の彼女も、幼い頃からいろんな病気をされてきた、と。

 

 

文面から感じたことは、

 

真面目に、きちんと、がんばって、ここまでやってこられた方

 

なんだろうな、ということ。

 

 

 

「繰り返し病気をするひと」は、います。

 

症状だけでおわる方、さらに進んでそれが慢性化する方(頭痛など)、

 

そして、臓器に病気が出る方。心に影響が出る方。

 

様々です。

 

 

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

 

 

このブログで「健康」のカテゴリーを読んでいただくと

 

いろんな症状、病いと、私が考えたこと、が書いてあるので

 

参考にされてくだい。

 

 

 

私が、繰り返し病気になる方について思うことは

 

 

 

こういうことです。

 

もし、日常から甘えられたり、疲れたらサボれたり

 

自分からも他人からも大切にされたり

 

自分の自然体な姿で弱みも含めて、見せることができたら

 

その人は病気になったかな?

 

 

そう、思います。

 

f:id:comuron47:20170207070211j:plain

 

 

「病名がつく」というのはどうですか?みなさんは。 

 

身体の調子が悪くて、病院へ行き、医者が

 

「○○ですね」と言ってくれると、安心しますか?

 

「これでやっと、晴れて休める」と思いますか?

 

 

 

医者に病名をつけてもらうまで

 

自分の身体や心を痛め付け、というかストップすることができず

 

壊れてからやっと、病名もついて、周りのひとに言える。

 

「わたし、○○なんで、仕事を少し休みます」

 

「わたし、○○みたいだから、家事はできない」

 

「わたし、○○みたいだなの(だから、少しは大切に扱ってもらえたらな)」

 

 

 

さて、「○○」という病気が良くなったみたい。

 

さあ、またがんばろう。

 

そうなったとき、自分に一度ついた病名「○○」

 

これとのお付き合いどうしますか?

 

 

 

特に、心療内科などで付いた病名について

 

私はそういう患者さんがまるで悪いことをしたかのように

 

「昔、○○で、薬を飲んでいたことがあります」と

 

蚊の鳴くような声で、問診のときに答えるのを

 

何度も聞いてきました。

 

ひとは、心療内科にかかったことがあって

 

薬をそのために内服してた時期がある、ということが

 

何かのコンプレックスになるようです。

 

 

 

確かに、私がその時にその方を拝見して

 

「この人が○○?!」って思うことはあります。

 

「薬を処方するために、医者がつけた病名なんじゃないの?」と。

 

 

 

ですが、ひとは一回自分についた病名と

 

一生それを隠したい気持ちで過ごすひとも

 

実際にいるのです。

 

 

 

だって、言うたびに、思い出すではありませんか。

 

当時を。その時の自分を。

 

そして、それを恥じるのですね。

 

恥じることなんてありません。

 

 

 

 

その時の自分は精一杯がんばって、

 

それをしたらどうなるか、わからなくてがんばってきた。

 

やるだけやって、そうなった。

 

じゃあ、これからはどうするのか?

 

 

 

一度ついた病名は自分の汚点なのか?

 

そうではないですね?

 

comuron47.hatenablog.com

 

この記事を読んでください。

 

どんな自分でも、その時は一生懸命やってきて

 

その身体と心は付き添ってきてくれたのですよ。

 

 

 

大切なのは病名を隠して

 

そうだったように見えないように、

 

また、以前と同じようにがんばり抜くことではなく、

 

これから、自分が無理せず、楽にして、

 

その中で上手にやっていくこと

 

なのではありませんか?

 

 

 

私は、本当にそう、思ったので

 

「まるで、○○だとは、私には思えませんね」と

 

はっきりと申し上げたことがあります。

 

すると、その方は

 

「え!?ほんとですか?よかった〜。

 

○○に見えないなら、うれしい。」

 

これが本心なのではないでしょうか。

 

 

 

もう、これからは「○○だったわたし」を隠したり

 

それを隠すためにがんばることないのです。

 

それはもう、過去のこととして棚の上に置いておく。

 

もちろん、病院を利用するときは記号として書く。

 

そして、自分のことを上手にコントロールするのです。

 

無理をしない。

 

自分を出す。

 

人に頼む。

 

人に謝る。

 

人にお礼を言う。

 

これらを、していけば、少なくとも

 

病気を繰り返して、それが段々ひどくなる、ということは

 

なくなっていくのではないでしょうか?

 

 

☆2月26日(日)東京にて 

3月福岡・岡山にて 女医とも子の「大人Labo」 

〜人生を実験しよう〜開催します。東京は20名満席、キャンセル待ち受付中!

福岡満席、岡山は残り一席です。

 

今後もセミナー、イベントのご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが不快な方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

 

  ************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡