女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

いじめられっ子の対策。

大人になっても他人からヒドいことを言われたり

 

実際に意地悪をされたり

 

そういう方はいらっしゃいます。

 

本人は「いじめられてる」とも気がつかずに

 

「私がいけないんだ」「私が至らないからだ」

 

「私の努力が足らないんだ」

 

そう、反省してがんばって、でも、またうまくいかない。

 

どんどん、その場にいずらくなってしまう。

 

なんでだろう、どうしてだろう。

 

私の何がいけないの!?

 

 

 

他人から、嫌がらせみたいな、そういうことをされたり

 

正論で論破されやすい人

 

どこをどうしたらいいと思いますか?

 

 

 

まずは、相手をよくよく観察しましょう。

 

自分のことは、分かりづらいからです。

 

相手の心の仕組み、なぜそんなことを言うのか?

 

相手はいったいどういう育ちをしてきたのか?

 

自分だけに嫌がらせをするのか?どういう人には意地悪はしてないのか?

 

よく、知ることです。

 

 

 

たとえば、モラハラを受けるひとは

 

モラハラをする人」のことを勉強するのです。

 

どうして、モラハラをするのか?

 

モラハラをする心理を知る。

 

どういう相手に対してモラハラをするのか、を知る。

 

知ることによって、自分がじゃあ、なぜその対象になってしまうのか?が

 

わかるようになります。

 

 

 

そこから、です。

 

相手を理解して「相手もそうなんだ、つらいんだね」とか

 

良い人ぶっておしまい、ではいけません。

 

「目の前にいる人は私の鏡なのだから、

 

私にも、悪いところがある」と反省なんてしていたら

 

どんどん、いじめられるループにはまるだけです!!

 

目の前に居る人が、すべて私の鏡で、すべて私にとって

 

意味合いがある、と本気で思って分析してたら

 

それこそ、ノイローゼになってしまいますよ。

 

対人恐怖症になったり、自分がまったくわからなくなるし

 

ほんと、それはやめたほうがいいな、と思います。

 

 

 

それでは、自分自身が浮かばれないし

 

誰も、そんな良い人ぶっててもそれで評価なんかしてくれません。

 

それどころか、相手を理解して受入れたが最後。

 

いやがらせ、モラハラはさらに、ひどくなっていくでしょう。

 

 

 

いやですよね、それじゃ。

 

 

 

それだったら、モラハラをする人のことがわかったのなら

 

自分にそのエッセンスを入れること。

 

え!?私がモラハラする人に?

 

いえ、なれません。なれませんが、真似はできるのです。

 

 

 

自分をいじめたり、嫌なことを言ってくるひとがいるのなら

 

同じ方法で、立ち向かうのです。

 

エッセンスを取り入れて、同じやり方で、さらりと

 

「え?誰に嫌がらせしてるか、わかってますか?」

 

「私にそういうことをすると、どうなるか、わかってるんですか?」

 

そういう気概を持つことが、とても大切です。

 

 

 

「わたしなんて」「こんなだから」

 

そういう気持ちが、他人から自分を傷つけさせ

 

さらに自分でそれを受入れて、自分で自分を二重に傷つけるのです。

 

そんなこと、させたらだめだし、受入れたらダメ。

 

 

 

目には目を、をやれ、ではないのです。

 

ただ、相手を理解してあげて、受入れてあげてって

 

それだとあまりに自分が可哀想ですよ、ということです。

 

自分を大事にする、というのは自分のことは自分で守れることです。

 

自分に嫌な思いを意図的にさせてくる人がいたら

 

どうしますか?自分でその対策を持っていること、が

 

大事です。

 

 

 

元々、優しいのだから、そういう手段を隠し持ってるからといって

 

それで意地悪な自分になんて絶対になりません。なれません。

 

いざ、というときに、さっと武器を出せる、見せることができる、

 

そういう気概を持つことが、自分を守り、大切にしている、

 

一つの方法だ、と思っています。

 

f:id:comuron47:20170227110530j:plain

 

もう一つの方法は、そういう相手に自分のエネルギーの一切を

 

自分の関心の一切を、与えないことです。

 

無視です。スルーです、

 

嫌いとか、避けるとか、そういう行為、気持ち自体も

 

相手にとっては、とてもおいしいエキスなのです。

 

もっとやってやれ、と思うのです。

 

ですから、今後一生「そういう相手に自分のエネルギーの一切を

 

自分の関心の一切を、与えない」と決めるだけです。

 

 

 

できますか?

 

そう、決めることによって、不思議と相手の陰は薄くなり

 

気がついたら、存在はあるけど、気がつかない、

 

どこにいるのか、わからない、そんな亡霊になっているはずです。

 

 

 

今日はいじめられっ子の対策を2つ、示しました。

 

いじめられてることを、誰に何と訴えても本気で救ってくれるひとは

 

あまりいませんね。

 

逆に、グチばっかり言ってるみたいに思われてしまったり、

 

また、その話?!なんて言われてしまったり。

 

自分のことは、自分で解決する。

 

「誰それがあんなこと言っててさ」って言ってるだけでは

 

何も、変わらない。

 

「誰それ」はどうでもいいのです。

 

「私は」どうしますか?

 

 

☆3月26日(日)東京にて 

3月福岡・岡山にて 女医とも子の「大人Labo」 

〜人生を実験しよう〜開催します。東京は申し込み開始したところです。

福岡満席、岡山は残り一席です。

 

今後もセミナー、イベントのご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが不快な方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

 

   ************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡

 

 

 

広告を非表示にする