読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

社長になりたい、と思っていた頃。

今日はワタクシ事を少し書きますね。

 

いや、昨日の夜、つくづく子ども達がかわいいなあ〜、と

 

しみじみとした気持ちになりまして。

 

それで、ああ、私はこういうのがやっぱり

 

しあわせなんだよな、と思ったのです。

 

 

 

そういう私は、かつて、数年前は

 

今より完璧に料理をし、毎日お化粧をし

 

ダイエットもし、仕事で夜に呼び出されたりも対応し

 

本当によく、がんばっていました。

 

これは、本当、よく、がんばっていました。

 

ただ、つらかったです。

 

誰にも理解されない、と思っていたけど

 

理解してなかったのは、自分でした。

 

 

 

「ああ、私は社長になれば、自分が好きに

 

仕事もできる。」

 

そんな風に、思ったのです。w

 

本気で、そう思いましたね。

 

社長になって、自分で考えて自分で仕事をしたい、と。

 

たくさん活躍して、目立って、っていうよりも

 

自分の力で、何かをしたい!!そう思っていたのです。

 

 

 

で、それからいろんな所べ勉強しに行き

 

どうしたら、子どもをないがしろにせずに

 

社長になって自分がやりたいように仕事ができるのか?

 

結構、追い詰めてました。

 

 

 

情報発信をして、それでお金を稼ぐ、とか

 

ネットビジネスとか、

 

高額のコンサルをする、とか、

 

いろいろ、学びました。

 

 

 

世の中には、「勤めなくても」仕事ができるんだ、

 

「給料という形でなく、お金を得る方法があるんだ」

 

それを知ることができました。

 

一方で、私は違和感も感じていました。

 

それが何だったのか、よく、わかりませんでした。

 

でも、私は教わったように、集客して、高額のコンサルをする、

 

その方法について、何かが違う、とできなかった。

 

未だに、自分にとってそれの何が違うのか?

 

それは言葉ではちゃんと、言えません。

 

 

 

ずっと、書き続けることはしてきました。

 

私が書くのには、理由がきちんとあるから、です。

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

 

 

私の書いたことを、読んで、何かが変わる。

 

それは私が同じように、

 

完璧を目指してがんばってるのに

 

「誰もわかってくれない」

 

「っていうか、私が一番自分をわかってない」

 

そこから抜け出した結果や、その経過をどうやって過ごしてきたか?

 

あるいは患者さんや、読者さんのリアルの今、について

 

シェアすることによって、

 

読み手の方は、今自分が、どの地点にいて、で、どこの方向を

 

目指していきたいのか?のヒントを

 

どこかで拾うことができるのでは?

 

そういう仮説を持ってるからです。

 

 

 

社長になるんだから、医者の仕事はしたら負けだ、

 

そんな風に思った時期もありました。

 

医者の仕事が好きなのに。w

 

おかしいですね。

 

何をがんばっていたのか。

 

自分が得意なことを一生懸命やって、それでお金をもらう

 

当たり前にしても良いことなのに

 

それをしないで、社長にならないと、

 

私は当時の自分からは抜け出せない!!

 

自分の力じゃ生きられない!!

 

そんな風に思っていたのだ、と思います。

 

 

 

「好きなことをする」

 

この言葉に取り憑かれていたのでしょう。

 

 

好きなことをする。

 

これって、すごく迷いますね。

 

自分が何が好きなのか?分からなかった。

 

夢中で日々を過ごしていたから。

 

で、半年仕事を休んで、いろいろあって、また外来勤務を

 

再開して、いろいろあってやっとここまできてみて。

 

 

 

「ああ、こういうのが私は幸せなんだよな〜」っていうのが

 

昨晩。しみじみ。

 

平凡だけど、子どもが可愛いな〜、と心から思って

 

じいっと眺めていられること。

 

子どもをああしなきゃ、こうしなきゃ、もなく

 

単に「可愛いなあ〜」ってしみじみ。

 

ああ、この子達のために、いろいろさせてもらえて

 

ああ、洗濯物とか、洗い物とか、ほんと終わりがなくて

 

たまに、ああ!!ってなるけど、でも以前のような

 

怒りが私にはまったくなくなったから、だと思います。

 

 

 

社長になりたかった。

 

これは、自分が自分でいられるようにいたかった。

 

そういうことだったんじゃないのかな?と

 

今は思っています。

 

 

 

自分が自分でいられること。

 

これは、周りにいる人によって、変わります。

 

人と人。誰でも、いいわけではないでしょう。

 

目に見えないやり取りが人にはあります。

 

目に見えないコントロール、目に見えない感情、

 

目に見える態度、会話、視線、表情。

 

 

 

やっぱり、人は人によって変わると思います。

 

目の前に、どんな人がいるのか?

 

それを選ぶことが、自分勝手だ、というのなら

 

自分が自分じゃない状態で、頑張り続けなきゃならないことは

 

いったい、なんだったんだろうな?と

 

今、思います。

 

 

 

どんな自分もわたしです。

 

この言葉は難しいです。

 

もちろん、どんな自分もわたし、ですから

 

どれが嫌いも好きも、卑下をしたらいけない。

 

まずは、それが大事だ、と思います。

 

ただ、この人の前にいる自分が嫌い、この人の前にいる自分は好き。

 

これは、誰にでもあるのではないでしょうか?

 

f:id:comuron47:20170303091908j:plain

 

自分以外の何者かにならなきゃいけない。

 

私だったら「社長になりたい」。w

 

そういう自分の声が聞こえてきたのなら、

 

もしかしたら、あなたは今、ものすごく我慢をしてるのかも

 

しれません。

 

あなたのままでいいですよ。

 

それも乱暴な言葉だな、と思います。

 

だって、誰かの前にいる自分があまりに辛かったら

 

それでも「あなたのままでいいですよ」って

 

そういう自分が辛いから、死にそうなのに。

 

そう言う時は、誰の、どういう人の前にいる自分が

 

わたしは楽で、好きなんだろう?

 

そういう風に少し、考えてみてください。

 

 

 

どの自分もわたし、です。

 

ただ、誰の前にいるのか?によって

 

その自分は随分と、違うものなのです。

 

 

 

私は、子ども達の前でママ、ママ〜〜と

 

思いっきり甘えられてる私が、大好き。

 

平凡ですが、私はそう思っています。

 

もちろん、白衣を着て、患者さんの前にいる、

 

ピリっとした自分も好き。

 

人の前で、話をしながら、自分に自分でウケてる私も

 

大好き。

 

 

 

社長にならなくても、前は気がつかなかった自分に

 

気がつくことが、やっとできました。

 

 

☆3月26日(日)東京にて 

3月福岡・岡山にて 女医とも子の「大人Labo」 

〜人生を実験しよう〜開催します。東京は20席満席。

福岡満席、岡山満席です。

 

今後もセミナー、イベントのご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが不快な方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

 

私が書くのには、理由がきちんとあるから、です。

 

comuron47.hatenablog.com

 

comuron47.hatenablog.com

 

   ************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡