女医とも子の診察室

内科医。日々の気づき、生きること。自分の人生に取り組もう。

人目を気にすることの副作用

人目を気にするとき、誰でもいいわけでは

 

ないでしょう?

 

誰の目を気にするのか?はその時々で変わる。

 

それこそが、副作用が出る理由になる、と思います。

 

 

どういうことか?というと、

 

人目を気にするけど、誰の目を気にするか?で

 

その時々で、差別をしています。

 

たとえば、自分にとってその人の言うことを聞いておけば

 

自分が有利になるとか、

 

その人の味方になっておけば、そのグループでの立場が

 

良いポジションになる、とか

 

その人に気に入ってもらえれば

 

今後の仕事にもまた、つながる、とか

 

本当に、コロコロその基準は変わるでしょう?

 

 

 

どうして人目を気にするのか?の本当の理由を

 

考えてみることです。

 

人目を気にして、気に入られて、いったい何を

 

手にいれようとしているのですか?

 

 

 

私は、ある場面でああ、そうだな、と思ったことがあります。

 

いつもは、私と仲良く振る舞って、多弁な彼女。

 

ある時、他の方が同席されたとき、そちらの人に

 

かかりっきりで、おしゃべり。

 

つまり、そっちの方を大切にする方が

 

彼女にとっては「おいしい」と思ったのでしょう。

 

けれど、私はその時に「ああ、この彼女はそういう人なんだ」と

 

思ったのです。

 

 

 

いつでも一生懸命、真摯に自分ができることに集中している人

 

その時々、人を選んで、その時に自分にとって一生懸命取り組めば

 

何か良いことが自分にあるだろう、と思ってやる人

 

やってることは同じでも、まったく違いますね。

 

 

 

そもそも、コロコロ一緒にいる相手で態度を変え

 

さっきの私の場面のように、私の目を気にしてたのに

 

今日は違うひとの目を気にしてることが、

 

バレてしまう、信頼感はまったくなくなります。

 

 

ああ、私に真摯に向き合ってくれてたのではなくて、

 

何かいいことがありそうだから、そうしてたんだと。 

 

私は、まさか、私がそんな風に眺めてるとは知らずに 

  

今日の相手に夢中になって、うまくやれてる、と思っている

 

彼女の必死な横顔をみて、 

 

何だか、見てはいけないものをみてしまったような 

  

そんな後味の悪さを感じました。

 

何だか、気の毒だな、と思ったのです。

 

f:id:comuron47:20170315212110j:plain

 

 

人目を気にするというのは、なんとなく

 

本人はそれが辛くても

 

「空気を読んで、察することができる気の効く人」の良いイメージ、

 

つまり、作用があるような気がしていましが、

 

むしろ、「この人は、人自身のために

 

その時一番おいしい人に気を配ってるつもりなだけなんだ」

 

と他人に認定される副作用があるんだ、ということです。

 

 

 

人目を気にするひとは、自分に余裕がないからこそ

 

その時、その時で、その場の力のあるひとなどに

 

自分を委ねる。

 

本人は、自分の意見は持たないでいいし考えなくていい。

 

でも、気分は良くない。いつも人目を気にして自分のことは

 

後回しにしてるから。

 

さらに、せっかく人目を気にして、気を遣ったのに

 

「この人は、人によって態度を変えるんだ」と

 

認定される可能性すらある。

 

 

 

ああ、何一つ、良いことがありませんね。

 

 

 

私は、やはり、人目を気にして何かをやるのではなく

 

その時々、自分の最善を尽くすことだけに集中すること、

 

これこそが、結果、その場にいる人たちに

 

差別することもなく、良い影響がひろがるような

 

そんな気がします。

 

 

 

人目を気にする。

 

人に気配りをする。

 

人に気遣いをする。

 

すべて、とても難しいですね。

 

今日は自分の体験から、気がついたことを

 

シェアしました。

 

 

☆3月26日(日)東京にて 女医とも子の「大人Labo」 〜人生を実験しよう〜

開催します。東京は20席満席。今後毎月、都内で大人Laboを開催していきます。

ご案内は、メルマガで行っていきます。 

リアルでお話をお聞きになりたい方は、ぜひ、この機会にメルマガ登録なさって

ください。

 

 

メルマガでは 

文章のPDFの他に、私の音声動画も配信しています。

自分を縛り付けてきたひとへ、の処方箋でもあります。

 

よかったら、こちらから登録してください。

 

女医とも子の知的な野生生活

 

 

注意事項:配信元のメールアドレスは 

     comuron47@gmail.com、comuron1974@gmail.com、 

     comuron197447@gmail.com の3つです。

     スマホなどで、迷惑メール設定をなさっている方は

     予め、この3つのメールアドレスを迷惑メール設定から解除いただいてから

     ご登録いただけると、間違いなく配信されると思います。 

 

     

     メルマガは無料ですが、メルマガ内では私のカウンセリング、

     セミナーなどのご案内もさせていただきます。

     そのようなお知らせが不快な方は、登録はご遠慮ください。 


    

 

☆今日のおススメ記事です。

comuron47.hatenablog.com

 

   ************************** 

 

小室朋子 

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011666965455

 

Twitter: 

ともちん (@comuron1974) | Twitter 

 

 

ブログとはまた、少し違った感じの

ゆるめなFacebookと、

鋭めなTwitterです。

 

フォローしてくれたら嬉しいです♡